第44回日本美容外科学会総会・第142回学術集会にて、(一社)予防医療研究協会理事長・苅部淳が「脂肪幹細胞培養上精を用いた毛髪治療の効果」を発表。

2021年09月30日、一般社団法人予防医療研究協会理事長・苅部淳がコングレコンベンションセンター(大阪府)にて「脂肪幹細胞培養上精を用いた毛髪治療の効果」を発表します。
 



■培養上清液とは
幹細胞は、様々な細胞に分化する能力(多分化能)を持った特殊な細胞で、再生医療に用いられ、様々な難治性の病気に対する効果が期待されています。

この幹細胞を、特殊な培養液を用いて増やしてゆく時に、幹細胞は培養液の中に非常にたくさんの成長因子、免疫調整因子、抗炎症性因子、神経再生因子などを分泌する事が分かっています。
細胞を培養した後に細胞成分を取り除き、残った液体部分だけを抽出したものが培養上清液になります。
この培養液を用いて、美容効果や様々な病気の症状の改善の可能性が示唆され、新たな治療材料として、期待されています。



【開催概要】
2021年9月30日(木)~10月1日(金)
第44回日本美容外科学会総会 第142回学術集会
The 44th Annual Meeting of Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery

【HP】
https://www.congre.co.jp/jsaps44/

【日時】
2021年9月30日(木)
15:55~16:45

【会場】
ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター
〒530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F第3会場




■一般社団法人予防医療研究協会とは
一般社団法人予防医療研究協会は医食同源の考えを推進する団体です。食の大切さを伝えるため腸内細菌学・栄養学の資格発行を行う他、良質な製品製造を啓発するためスキンケア、サプリメント等の監修にも注力しています。

HP: https://yobouiryou.or.jp/
Instagram: https://www.instagram.com/yobouiryou/
Facebook: https://www.facebook.com/groups/1071587792994969/

■苅部淳医師プロフィール


Instagram:https://www.instagram.com/dr.jun_/

【職務経歴】
山梨大学附属病院形成外科 助教
順天堂大学医学部卒
東京大学附属病院初期研修
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医科大学形成外科 助教
福島県立医科大学形成外科 医員
麹町皮ふ科・形成外科クリニック 院長

【所属学会】
日本形成外科学会正会員
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本美容皮膚科学会正会員
日本顔面神経学会正会員
日本マイクロサージャリー学会正会員
日本抗加齢医学会正会員
日本再生医療学会正会員
アメリカ形成外科学会正会員
アメリカ抗加齢医学会正会員
日本東洋医学会正会員
日本人類遺伝学会正会員
日本アロマテラピー学会正会員
日本マインドフルネス学会正会員

【所属協会】
一般社団法人 予防医療研究協会 理事長
一般社団法人 日本ブレインケア・認知症予防研究所 理事
一般社団法人 ロコモ認知症予防療法協会 参与


■麹町皮ふ科・形成外科クリニック
住所:東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階
TEL: 03-6261-2458
HP: https://kojihifu.com/
Instagram: https://www.instagram.com/koujihifukeisei/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人予防医療研究協会 >
  3. 第44回日本美容外科学会総会・第142回学術集会にて、(一社)予防医療研究協会理事長・苅部淳が「脂肪幹細胞培養上精を用いた毛髪治療の効果」を発表。