Looop 島根県益田市の脱炭素化推進

市内36公共施設に再エネ電力供給 電力コスト削減も

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、2021年4月1日より島根県益田市の所有する36件の公共施設に再エネ電力※を供給し、益田市の脱炭素化と電力コスト削減の双方に取り組むことをお知らせします。
※「RE100 TECHNICAL CRITERIA」の要件を満たすもので、再生可能エネルギー比率100%の電気(再生可能エネルギー指定の非化石証書等の使用により、実質的に再生可能エネルギーとなる電気)を指します。

Looopは本取り組みにおいて、業界最安値の再エネオプション「eneco」にて益田市に電力供給を行い、2021年4月1日から2023年3月31日までの2年間にわたり、年間予定使用電力量である約20万キロワットアワーの再エネ電力を供給します。

 

Looopは今回の取り組みをはじめ、今後も自治体と協業しながら再生可能エネルギーの普及活動を通じて脱炭素社会の実現に向けて事業を進めます。

 

enecoについて

 

「eneco」はご利用中の電気に非化石証書を組み合わせることで、実質的に再生可能エネルギーとみなし、環境価値を付加する「Looopでんき」の再エネオプションメニューです。非化石証書とは、再生可能エネルギーで発電された電気の非化石価値を取り出して証書化したものです。Looopは「eneco」を非化石証書取得費用の原価に相当する1キロワットアワー当たり1.43円(税込)で提供します(2021年度)。Looopがいただく手数料は0円です。SDGsやESG投資が注目され環境意識が高まる中でも、再生可能エネルギーの普及が進まない要因の一つとしてコストの問題があると考えられ、Looopは「eneco」を業界最安値で提供することに挑戦して、普及促進に取り組みます。

※「eneco」サイト:https://looop-denki.com/eneco/

 


【会社概要】
株式会社Looop(ループ)
代表者: 代表取締役社長 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:  2011年4月4日
事業内容:
●太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
●自社太陽光発電所の設置・管理
●独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
●自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
●電力小売事業
●電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
●損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 3,669百万円(資本準備金3,348百万円)※2020年6月末現在
売上高: 50,736百万円 ※2020年3月期連結
URL: https://looop.co.jphttps://looop-denki.com/low-v/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Looop >
  3. Looop 島根県益田市の脱炭素化推進