ATMで税公金の取扱いサービスを開始

~近畿以西の信用金庫では初!~

 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)は、8月23日(月)に、日立チャネルソリューションズ株式会社(代表取締役 取締役社長 八木鉄也)が提供する「ATM税公金セルフ化ソリューション」を利用し、税金や公共料金など各種料金をキャッシュカードまたは現金で支払うことができるATMの取扱いを開始します。
1. 稼働開始日時:8月23日(月)午前9時

2. 設置場所:大阪信用金庫日本橋支店(1台)

3. ATM税公金セルフ化ソリューションの特徴
(1)お客さまが「税公金ATM」に納付書等を投入すると、納付種類が自動認識されるので、案内に従い、タッチパネルにて操作を進めキャッシュカードまたは現金で支払う。
(2)イメージ領収書(領収書の代わりになるもの)が、ATMから発行され、お客さまは窓口で手続きをすることなく納付を完了することができる。

4. 今後の予定:今後、利用状況を見極めながら、税金や公共料金など各種料金の取扱い範囲を順次
拡大予定。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪信用金庫 >
  3. ATMで税公金の取扱いサービスを開始