低複屈折透明樹脂「AZP™」の本格的なマーケティング活動への移行について

旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:工藤 幸四郎、以下「当社」)は、低複屈折※性を有する新しい透明樹脂「AZP™」の開発を進めてきました。拡大する市場ニーズを受け、昨年度よりお客さまへの先行販売を実施してきましたが、より幅広い分野で多くのお客さまにご採用頂けるよう、今後本格的なマーケティング活動へと移行してまいりますことをお知らせいたします。
※複屈折:光がある種の物質を通過した際に2つの光線に分けられること。方解石を通して物が2重に見える現象としてよく知られる。
  • 背景
近年メタバースでのVR(仮想現実)/AR(拡張現実)ヘッドマウントディスプレイ、自動車などの映像表示機器では、偏光を乱さない複屈折が極めて小さい光学部材が求められています。当社では、分子レベルでの複屈折制御により新しい低複屈折透明樹脂「AZP™」を開発し、サンプル提供を行うことで、お客さまから好評価を頂き、先行販売に繋げることができました。今後、「AZP™」の低複屈折特性をご採用いただくため展示会への出展など、より広範なお客さまに対するマーケティング活動を本格化し、年内の製品化実現を目指してまいります。

 

  •  特徴

「AZP™」は下記の特長を有します。

(1) 低複屈折性
樹脂成形時の分子鎖の配向に起因して発生する複屈折「面内位相差(Re)」「厚み方向位相差(Rth)」、および成形後の応力に起因して発生する複屈折の指標「光弾性係数(C)」を限りなくゼロに近い水準で実現しました。
その結果、特殊な成形方法や成形条件、後処理工程を用いずに極めて複屈折の低い成形体を得ることが可能であり、生産性や設計自由度の向上に寄与します。

射出成形レンズの偏光観察 (複屈折により偏光が乱れると白い光漏れが観察される)射出成形レンズの偏光観察 (複屈折により偏光が乱れると白い光漏れが観察される)

(2) 優れた光学特性および物理特性
①   優れた透明性:全光線透過率 約92%
②   高耐熱性:ガラス転移温度(Tg) 約133℃
③   高表面硬度:鉛筆硬度 3H程度
 

  •  想定される用途

「AZP™」は、その際立った低複屈折性、透明性、耐熱性、耐候性、軽量化など、光学ガラスの代替が期待できるサステナビリティに寄与する低複屈折透明樹脂であり、その特長は以下の用途で最大限に活かせると考えております。

(1)VR/ARヘッドマウントディスプレイのレンズ、プリズム等

(2)自動車用HUD(ヘッドアップディスプレイ)、CID(センターインフォメーションディスプレイ)、等


近年インターネット上の仮想空間であるメタバースが注目され、その映像表示機器としてVR/ARヘッドマウントディスプレイの需要が高まっております。また自動車関連では、ナビゲーションや計測器等をフロントウィンドウ越しに虚像として表示するHUDや、車内中央の大型ディスプレイに表示するCIDが、安全性と利便性の面から普及が進んでいます。これらの用途では、小型・軽量化、広画角化、高精細化、視認性の向上のため、光学部材として低複屈折の透明樹脂材料が求められています。


当社は、今後、年内を目標に製品化を進め、市場のお客さまの声を反映させながら、さらに新しい用途の提案を進めてまいります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 旭化成株式会社 >
  3. 低複屈折透明樹脂「AZP™」の本格的なマーケティング活動への移行について