新型コロナウイルスによる臨時休校で経済的に困窮するひとり親家庭へ食品を配付します

給食がなくて食費が増える、仕事に行けなくて収入が減る。小中高一斉休校でひとり親家庭が困窮

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン(東京都大田区)は、 新型コロナウイルスによる臨時休校措置を受け、給食が無くなることやパート等の就労可能時間が減ることで経済的影響が懸念される、ひとり親家庭へ緊急支援を行うことを決定しました。
約600名のひとり親が利用登録をしているひとり親家庭のフードバンク「グッドごはん」で、特別臨時配付を全登録者へ行います。通常はグッドネーバーズ・ジャパン事務所まで受け取りに来る配付システムを、臨時および3月の通常配付ともに各家庭への郵送に変更し、 ひとり親家庭の栄養支援と感染の拡大防止に努めます。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍総理大臣は3月2日から全国すべての小・中・高校などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示しました。
厚生労働省の調査では、日本国内のひとり親家庭の子どもの2人に1人にあたる50.8%が貧困状態にあります(平成28年国民生活基礎調査)。
また、グッドネーバーズ・ジャパンは2017年からひとり親家庭へ食品を無料で提供するフードバンクを展開しておりますが、その利用者の半数以上は非正規雇用で、新型コロナウイルス対策での在宅勤務や有給休暇取得といった柔軟な働き方ができる人は多くありません。さらに子どもの休校により出勤できなくなったら収入が削減され、給食が無くなる場合は食費も家事に要する時間も増加し、更に困窮するものと思われます。

そこで当団体は、通常行っている月3回の食品配付(利用できるのは一世帯につき月一回)に加え、登録者全員を対象に臨時配付を行うことを決定しました。

​■臨時配付支援の内容
<対象者>
2020年2月27日時点でひとり親家庭のフードバンク「グッドごはん」に利用登録をしている約600世帯

(対象者へは3月上旬にメールで通知・意向確認)

<郵送時期>
2020年3月中

<配付する食品>
企業や個人からの寄付食品で、常温保存が可能なもの

■応援するには
<食品の寄付>
臨時配付のための食品を募集しております。

企業の方は gohan@gnjp.org までお問い合わせください。
個人の方は 食品寄付フォームよりお申し込みください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdWXY20cc9qgSv8g-jgUXLUgECJRhM5UYw6J5yH4zoWoD9L_g/viewform

<お金の寄付>
食品の保管・管理・輸送・利用者宅への配送のための募金を受け付けています。
https://www.gnjp.org/donate/oneoff/gohan3/

ひとり親家庭のフードバンク「グッドごはん」とは

通常配付のイメージ通常配付のイメージ

 

「グッドごはん」とは、主に都内に住むひとり親家庭(※)を対象に、食品を無料で配付する事業です。企業や個人の寄付によって集まった、お米や調味料、レトルト食品、お菓子など、約18,000円相当のカゴいっぱいの食料を毎月最大165世帯のひとり親家庭に配付しています。

<利用者の声>
「経済的に厳しい時に不安で悲観的になり、子どもへの罪悪感の中、その日その日を必死に過ごしていました」
「食材を持ち帰るととても嬉しそうに喜んで、受験生だった娘は甘いものが食べられて元気になり勉学に励めました」

※1 当事業の対象者は、ひとり親家庭等医療費受給者証(通称 「マル親医療証」をもつ、所得が限度額未満かつ生活保護を受けていないひとり親家庭です。
https://www.gnjp.org/work/domestic/gohan/

グッドごはん2019年アンケートの結果報告
https://www.gnjp.org/reports/detail/1002/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GNJP >
  3. 新型コロナウイルスによる臨時休校で経済的に困窮するひとり親家庭へ食品を配付します