導入事例 ソフトバンクにて新製品「Incredist Trinity Mini」採用

~改正割賦販売法/PCI DSS対応に向けIncredistシリーズが強力にサポート~

株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、 以下当社)は、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 宮内 謙、以下ソフトバンク)様がPCI DSSの対面取引準拠に向けて、当社新製品「Incredist Trinity Mini(インクレディスト・トリニティ・ミニ)」を採用いただきましたことを発表します。2019年初夏からトライアル運用を開始し、2020年度にかけて順次導入予定です。
当社は、国内のスマートフォン決済先駆者として、2010年9月より国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にする大企業向けソリューション「ペイメント・マイスター」を販売しております。また2016年3月には、最新鋭のマルチ決済装置「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」を発売開始しており、全国のソフトバンクショップにもご導入いただいております。
(Incredist Premium ソフトバンク様導入事例:http://www.flight.co.jp/meister/casestudy.html

2018年6月に改正割賦販売法が施行され、2020年3月末までに加盟店はICクレジットカード対応端末の設置、クレジットカード情報の非保持化もしくはクレジットカード業界団体が規定するクレジットカード取扱に関するセキュリティ規定であるPCI DSSへの準拠が必要となります。ソフトバンク様におかれても、本法令対応として、現在活用している「Incredist Premium」を使い安心・安全な決済環境の整備を目指し、新たに「Incredist Trinity Mini」を導入することになりました。

(左)Incredist Trinity Miniと(右)Incredist Premium(左)Incredist Trinity Miniと(右)Incredist Premium



当社ではソフトバンク様の今後のさらなる業務改革、接客満足度向上に向け、Incredistシリーズを軸にあらゆるソリューションでお役に立てるよう尽力してまいります。また引き続き2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、国内外のお客様の多種多様な支払いニーズに沿った最先端の決済ソリューションをモバイル型と据置型の両面から積極的に提供していく予定です。 

■Incredist Trinity Miniとは当社マルチ決済装置「Incredist Premium」とセットで使用するLTE通信機能を内蔵したアプリケーションプロセッサ。改正割賦販売法対応として、すでにタブレットとIncredist Premiumをお持ちのお客様に対し、安心・安全な決済環境を提供できる装置。タッチパネル・バッテリー・LTEモジュールを搭載し、自由度の高い決済を実現します。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フライトシステムコンサルティング >
  3. 導入事例 ソフトバンクにて新製品「Incredist Trinity Mini」採用