ゴールデンウィーク目前!円安なのに海外旅行!? 「円安でもオススメできる狙い目スポット3選」を発表

TravelzooのDeal Expertが伝授 Vol.5

厳選した旅・食・遊情報を提供するオンラインメディア「Travelzoo (トラベルズー)」 ( URL; http://www.travelzoo.co.jp )を運営するトラベルズー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大江晃一郎、以下 トラベルズー・ジャパン)は、長期休暇が取りやすい日並びとなっている今年のゴールデンウィークに先駆け、世界中のお得な旅情報に精通したTravelzoo のDeal Expertが選んだ2015年版「円安でもオススメできる狙い目スポット3選」を発表しました。
他の通貨に対して円の価値が低くなるため、海外旅行が割高だと感じる円安時代。旅費が高くなる海外よりも、国内旅行へ興味を向けがちですが、円安でも現地でのコストパフォーマンスが高く、日本からのアクセスが良い、上質な旅をお得に楽しめるスポットがまだまだあります。今回は、世界中を旅するDeal Expertが、ゴールデンウィークに海外旅行をあきらめられないという方向けに、円安でもオススメする海外の穴場スポット3都市を紹介します。

タイ/バンコク

タイ/バンコク イメージタイ/バンコク イメージ

【厳選理由】

フライト、ホテルともに選択肢の多彩さは東南アジア随一。円安でも、現地の物価は日本の3~4分の1なので、屋台などを利用すれば300円くらいで美味しいご飯がお腹いっぱい食べられます。


【楽しみ方】
フライトはLCCからフルサービスキャリア(乗継、直行便)までさまざまあります。また、宿泊先もバックパッカーの聖地カオサン通りにあるゲストハウスから5つ星ホテルまで、ホテルの立地もリバーサイドからシティ中心まで広範囲にあるため、好みに合わせたフライトと宿泊先の組み合わせは無限に広がります。それに加え、寺院などの観光資源もあると同時に、郊外へのアクセスも良く、スパやショッピングなどアクティビティも豊富なので、友人、恋人、親子、家族、グループなど、どんなニーズにも応えられる度量のあるデスティネーションです。

【オススメ旅程】
フライトは、仕事帰りの深夜、羽田発の直行便がオススメ。バンコクに着いた後、まずは5つ星ホテルの朝食やタイマッサージでリフレッシュ。チェックイン後、日の高い時間はホテルのプールでのんびり。夕方前にホテルを出て、寺院をのぞむルーフトップバーでサンセットを堪能し、夜はタイ料理のディナーへ。バンコクだけなら、2泊4日に亘る短期間の滞在でも非日常を味わえます。

 


ベトナム/ダナン

ベトナム/ダナン イメージベトナム/ダナン イメージ

【厳選理由】

FIT(個人旅行)の注目度が高まる中、ツアーのお得度が高いのがベトナム。昨年頃から日系航空会社のツアーがぐっとリーズナブルになり、日系航空会社を利用するFITを計画するなら、ツアーの方がお得でよりオススメです。特に、ゆっくりリゾート旅行を満喫したい人には、直行便が就航したばかりのダナンがイチオシ。タイ同様、現地の物価は日本の3~4分の1で、ビールもマッサージも東南アジア随一の安さです。


【楽しみ方】
ダナンでは、ビーチそばのリゾートステイが断然オススメ。プーケットやバリ島ほどまだ観光地化していないのにも関わらず、大手ホテルチェーンが進出しており、ホテルステイの質が担保されています。ダナンを起点に、ホイアンやフエなどの世界遺産のある街へ日帰り旅行することも可能です。

【オススメ旅程】
ダナンで、デラックスリゾートホテルに宿泊。旅行の中日でホイアンまたはフエへ日帰り旅行し、ベトナムらしい風景を堪能。

マレーシア/クアラルンプール

マレーシア/クアラルンプール イメージマレーシア/クアラルンプール イメージ

【厳選理由】

旅行コストが断然低いのが特徴。LCCや現地の航空会社はもちろん、今夏より新規に直行便を就航する日系航空会社もあるので、日本からのアクセスがさらに良くなるところも利点です。また、世界展開する5つ星ホテルグループに格安で宿泊できることがクアラルンプールの魅力です。

【楽しみ方】
フライトは希望に合わせてLCCでもフルサービスキャリアでも選ぶことが可能。5つ星ホテルで、とにかくホテルステイを満喫したい人にとって、クアラルンプールは一歩リードする都市です。

【オススメ旅程】
「世界中で展開する有名5つ星ホテルブランドに世界一安く泊まれるのがクアラルンプール」というのが「高級ホテルファン」の間では定説となっています。例えば、都内にある某外資ブランドの5つ星ホテルに宿泊しようとすると1泊1室あたり6万円台。アジアの他の国でも3~4万円台が相場のところクアラルンプールではなんと1泊1室あたり1万円台で宿泊が可能。もちろん5つ星と評価されているので、他のエリアの施設と差はありません。しかしツアーで同ホテルを予約すると7万円以上するため、ベトナムとは対照的にFIT(個人旅行)での旅行の方がお得です。


お得情報に精通したトラベルズーのDeal Expertは、毎週2,000社を超える旅行・エンターテイメント関連企業が提供する膨大な情報の中から、おすすめ情報を発掘しています。その時期や季節ならではの楽しみがあり、初めての方もリピーターの方も魅力が伝わるような情報を、消費者の目線で厳選し、週刊厳選イチオシ旅行情報メールマガジン「Top 20™」や、イチオシ旅行情報号外メール「Newsflash™」にて配信しています。

<Travelzooについて>
Travelzooは、世界2,700万人、日本100万人を超える登録読者を抱え、13エディションを発行する世界最大級のオンライン旅行情報メディアです。日本を含むアジア、北米、ヨーロッパの世界25拠点の国と地域で配信しています。Travelzooでは、旅、スパ、レストランなどの情報に精通した世界250名以上のDeal Expertが、毎週2,000社を超える旅行・エンターテイメント関連企業が提供する膨大な情報の中から、おすすめ情報を発掘しています。Deal Expertは、このおすすめ情報の残存数や販売状況などの詳細を販売元に直接問い合わせ、消費者の目線で確認します。さらに条件を満たした情報を編集会議にかけて、様々な角度から評価し、厳選します。このプロセスを経た最も価値あるおすすめ情報だけを、週刊厳選イチオシ旅行情報メールマガジン「Top 20™」や、イチオシ旅行情報号外メール「Newsflash™」として登録読者に配信します。さらに、各エリアの質の高いレストランや劇場などエンターテイメントプランを「Local Deals」や、海外・日本のホテルのお得感のある宿泊情報を「Getaways」として掲載し、配信・販売しています。トラベルズー・ジャパン株式会社はTravelzoo Inc.(NASDAQ:TZOO)のアジアにおけるライセンシーであるTravelzoo Asia Pacificの子会社です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トラベルズー・ジャパン株式会社 >
  3. ゴールデンウィーク目前!円安なのに海外旅行!? 「円安でもオススメできる狙い目スポット3選」を発表