ビザスク、新生銀行グループの新規事業提案制度を包括的に支援

〜約10ヶ月に及ぶプロジェクトを終え、事業化を目指すビジネスプランが決定〜

日本最大級の、ビジネス知見を中心とするナレッジシェアのプラットフォームを運営する、株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽 英子)は、「新規事業の創出を支援するサービス「ビザスク project」を大手事業会社等に提供しております。
株式会社新生銀行(東京都中央区、代表取締役社長 工藤 英之)では、新生銀行グループにおける第2回目の新規事業提案制度「New Shinsei Group Project(以下、「NSGP」)」において、「ビザスク project」を活用いただいております。

このたび、2月3日にNSGPの最終選考会が開催され、事業化を目指すビジネスプランが決定いたしました。

最終選考会の様子最終選考会の様子

■新生銀行グループの「NSGP」と「ビザスク project」活用の狙い
新生銀行グループでは、新規事業提案制度として、2017年よりNSGPを開催しています。NSGPは、グループの強みである社員の多様性を新規ビジネス創出に活かすことを狙いとするとともに、人事部が運営に参画することによって、組織の活性化やイノベーション人材の育成に活用していくというユニークさを併せ持った取り組みです。

新規事業創出を進めるうえで、既知の業界のみならず広く他業界の動向や社会課題に見聞を広げること、社外の知見を取り入れて多様な視点で検討することが重要であるという認識のもと、新規事業アイデアの検証・ブラッシュアップを加速する目的で、500以上の業界・業務のビジネス知見を得られるビザスクを活用されています。

■「ビザスク project」の提供ラインナップ
  •  アイデア検討期間:アイデア創出ワークショップ、起業家講演
  • ブラッシュアップ期間:メンタリング、スポットコンサル(=1時間インタビュー)提供
  • 書類審査及び最終審査期間:各種審査支援、スポットコンサル提供
ビザスクではこれまでも、新規事業アイデア創出ワークショップやメンタリング、スポットコンサルの提供を通じて、多くの企業の新規事業創出を支援してまいりました。
今回、新生銀行グループに提供された伴走支援サービスは、ワークショップ等で意欲ある社員の支援を強化することに加え、スポットコンサルとメンタリングによって仮説検証のサイクルを加速させ新規事業創出の実現を目指すものです。

新生銀行グループでは、新規事業創出だけでなく、多様な働き方の実現に向けた社員へのサポート施策においても、ビザスクを活用いただいております。多様な働き方を受け入れると共に社外の知見を取り入れることで、イノベーションを生み出す組織づくりの取り組みに注力されています。
(参考:ビザスク、新生銀行の多様な働き方実現をサポート ~同行従業員のアドバイザー活動機会の創出を目指す~ https://visasq.co.jp/archives/8727

ビザスクは、今後もビジネス知見のマッチングを通じ、企業の新規事業創出支援、イノベーション人材の育成支援に力を入れてまいります。

【ビザスク projectに関するお問い合わせ先】
株式会社ビザスク 事業法人部
MAIL:ind@visasq.com
TEL:050-3733-1708
 

■株式会社ビザスク 会社概要
新規事業開発における業界研究やニーズ調査、マーケティング、グローバル進出等、様々な課題の解決に対し、「スポットコンサル」(=1時間インタビュー)という短時間取引を提唱。個人の知見をマッチングする国内最大級のビジネス知見を中心とするナレッジシェアのプラットフォームを運営する。第4回「日本ベンチャー大賞」経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。経済産業省より「J-Startup企業」に選出される。

会社名:株式会社ビザスク/VisasQ Inc.
設立:2012年3月
代表者:代表取締役CEO 端羽  英子
所在地:東京都目黒区青葉台4-7-7 住友不動産青葉台ヒルズ9F
URL:https://visasq.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビザスク >
  3. ビザスク、新生銀行グループの新規事業提案制度を包括的に支援