X JAPAN YOSHIKI 頸椎椎間孔狭窄症 人工椎間板置換手術 結果のご報告


Cervical Foraminal Stenosis of X Japan’s Yoshiki
Report on Results of Artificial Disc Replacement Surgery


X JAPAN YOSHIKI頸椎椎間孔狭窄症
人工椎間板置換手術 結果のご報告



Yoshiki of X Japan underwent surgery for cervical artificial disc replacement on Tuesday (USA time), May 16th, 2017, at Cedars-Sinai Hospital in Los Angeles. The operation was concluded successfully.

X JAPANのYOSHIKIが米国時間 2017年5月16日(火)、ロサンゼルスのシーダースサイナイ 病院にて頚椎人工椎間板置換の緊急手術を行い、無事に終了、成功しました事をここにご報告させて頂きます。


Diagnosed as having “cervical foraminal stenosis” (radiculopathy of the left arm and herniated discs at the C5-C6 levels) due to his intense drumming style, his artificial disc replacement surgery required several hours of highly intricate skills by Dr. Neel Anand. Yoshiki is currently in stable condition. According to the doctor, he will have difficulty using his voice for a while after the surgery.He should regain his regular voice within the coming months as recovery progresses.

激しいドラミングスタイルにより、「頸椎椎間孔狭窄症」(左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニア)と診断され、 ニールアナンド医師 により執刀されました人工椎間板置換手術は、非常に繊細な作業を要し、数時間に及びましたが、現在YOSHIKIの容態は安定しております。医師の話によれば、術後声を発する事が困難な状態がしばらく続くと思われますが、時間の経過と共に、本来の声を少しずつ取り戻すであろうといわれています。


The incision is expected to heal partially over the next 6 weeks, and 90% recovery is expected over the next 6 months. However, the length of time it will take for Yoshiki to see improvement on the nerve pain that runs down his left arm is still unknown.

傷口は6週間で部分的な治癒、6か月後には90%の回復が期待されるとの事です。
しかし左腕から左手に走る電気のような痛みの症状は、改善にどれだけの時間がかかるのかは現段階では分からない状況です。

 
Ordinarily Yoshiki should remain in the hospital for at least a few days after the surgery. After waking up from general anesthesia and under heavy analgesics, he expressed that he wants to record a song he was writing from last night till right before surgery. Persuading his doctor into releasing himfromthe hospital a few hours after surgery, he headed for the studioand stayed there for half an hour. However, since his condition after surgery was too extreme, his staff and the accompanying nurse managed to get him back home to rest under his physician’s care.

通常であれば最低でも術後数日は入院することが望ましい状況ですが、YOSHIKIは全身麻酔から覚醒後、鎮痛剤を服用した意識が朦朧とした状態で昨夜から手術の直前まで書いていた曲をどうしてもレコーディングしたいと言い、術後数時間で医師に直談判、退院したその足でスタジオに向かってしまいました。30分ほど作業をしましたが、術後すぐの体調では想像以上の負担があり、同行していたスタッフ、ナースの説得に応じて自宅に戻り、現在は医師の管理の下に静養中です。
 

In regards to the “X Japan World Tour 2017 We are X” scheduled in July, the Yoshiki Premium Dinner Show dates in August and September, and other X JAPAN world tour dates, decisions will be made based on his recovery. We hope to make announcements as soon as possible.

7月に予定されている「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」、8月から9月にかけて予定されているYOSHIKIプレミアムディナーショー、及び世界ツアーの日程含め、今後の活動に関しては、術後の回復状況を見ながら判断の上、近日中にご報告させて頂きます。


We thank everyone for the well wishes from all over the world. At the same time, Yoshiki deeply apologizes for any inconvenience caused by his health.

今回の件で世界各国の皆様からお見舞いのメッセージをいただき、大変感謝しております。 またYOSHIKIは今回の手術により、多くの関係者及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫びしたいと申しております。
 

MANAGEMENT

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YOSHIKI PR事務局 >
  3. X JAPAN YOSHIKI 頸椎椎間孔狭窄症 人工椎間板置換手術 結果のご報告