ミマキ3Dプリンター、米スミソニアン研究所のプロジェクトをサポート

教育、科学、研究、美術、文化に関わる展示と体験の支援に利用

 株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)製フルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」が、世界最大の博物館・教育・研究複合施設であるスミソニアン研究所(USA)に設置されます。以下、現地ミマキUSAが発表した内容です。

 2020年1月27日、ジョージア州スワニー – 大判インクジェットプリンタ&カッティングプロッタの大手メーカーであるミマキUSAは、光栄にもスミソニアンと仕事をすることになり、スミソニアン研究所の一部である、メリーランド州ランドーヴァーのSmithsonian Exhibits(以降:SIE)のスタジオにミマキのフルカラー3Dプリンター3DUJ-553が設置されることとなった。スミソニアン研究所および連邦政府の博物館や事務所と協力しあい、SIEはこれらの機関が手掛ける力強く魅力ある展示の企画、制作、開発、設計の支援をし、公的プログラムや研究目的の模型を製作している。

 Josh Hope (ミマキUSA、3D Printing & Engineering Projects、シニアマネージャー)
「知識の向上と普及を通じて観客に関与させ刺激を与えようとするスミソニアン研究所の取り組みに参加できてうれしく思います」「このプリンターによってスミソニアンは新しい技術を利用して新しいやり方で展示物を製作することができ、特に模型や立体的に見える要素では、すべての来訪者が楽しめる展示物にすることができます」

 SIEチームは、ミマキ3DUJ-553プリンターを使用するチーム初のプロジェクトを開始しており、フルカラー3Dプリントでウィルスの模型を作成する。この模型はスミソニアン国立自然史博物館で現在展示中の「アウトブレイク:つながる世界の伝染病」展で展示され、来場者の関心を引くため極めて細部まで再現される。今後考えられるフルカラー3Dプリンター向けプロジェクトには以下のものがある。

• 公共の体験型教育活動に使用するさまざまなオブジェクトの模型

• 視力低下または視覚障害がある来訪者のための、順路案内を補助する点字マップなどの触ってわかるディスプレイ要素

スミソニアン研究所
 スミソニアン研究所は、19の博物館・美術館、9つの研究機関、スミソニアン国立動物園を有する、世界最大の博物館・教育・研究複合施設。米国の遺産を保護し、新しい知識を発見し、その知識の源を世界と共有することにより、未来を形作っている。

詳細:https://www.si.edu/

ミマキUSA
 ミマキはデジタル印刷・カッティング製品開発のイノベーターでありパイオニア。デジタルプリンタおよびカッティングプロッタのすべてのラインを設計・製造し、サイングラフィックス、テキスタイル・アパレル、工業製品、3Dの各市場における多数の用途に対して総合的なワークフローソリューションを提供している。2019年、ミマキUSAは米国のプリントサービスプロバイダーとして20周年を迎えた。ミマキUSAは日本のミマキエンジニアリングの運営組織である。

詳細:www.mimakiusa.com/ 、 Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagramの@MimakiUSA

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミマキエンジニアリング >
  3. ミマキ3Dプリンター、米スミソニアン研究所のプロジェクトをサポート