医療保険で業界初 入院時のペットケア費用を補償

AIG損害保険株式会社(以下「AIG損保」)は、『医療総合保険』、『医療総合補償特約付傷害総合保険』の入院諸費用保険金の補償範囲を2020年1月1日より*1拡大します。これにより、入院時のペットケア費用の補償も可能となります。

ペットを飼育する上での心配事のひとつとして、自身が病気やけがで入院しなければならないときのペットの世話が挙げられます。ペットを家族の一員として飼育する家庭が増加する中、高齢化やひとり暮らし、共働きなどにより、万一の入院の際には、ペットシッターやペットホテルを利用したいというニーズを受け、今回、特徴である「実費補償」のさらなる充実を図りました。

【改定の概要】
●入院諸費用保険金の補償範囲拡大
入院諸費用保険金は、差額ベッド代などの実費補償に加えて、ホームヘルパーの雇入費用等*2を15,000円×雇入・預入日数を限度に補償するものですが、改定後は、ペットシッターの雇入費用やペットホテルへの預入費用*3も支払いの対象となります。
●保険料
今回の改定による保険料の変更はありません。
●対象となるペット
被保険者(保険の対象となる方)が日常的に居住している主な場所において飼育している哺乳類、鳥類、爬虫類
●対象となる保険
入院諸費用補償特約がセットされた、以下の保険*4が対象となります。
・医療総合保険(実費補償型・引受基準緩和型)
・医療総合補償特約付傷害総合保険

AIG損保は、今後も、お客さまを取り巻くリスクを把握し、お客さまが直面する問題の解決を支援できるようなサービス・商品を提供してまいります。
 

*1.2020年1月1日以降開始した入院から、拡大した補償の対象となります。
*2.被保険者(保険の対象となる方)の入院時に発生した下記の費用が対象となります。
     ホームヘルパー・ベビーシッター・清掃代行サービス業者・介護従事者の雇入費用、保育所・介護施設・への       預入費用の合計
*3.改定後は、これらの費用と上記*2の費用の合計を、15,000円×雇入・預入日数を限度に補償します。
*4.2018年1月1日以降保険始期の契約が改定の対象となります。


<AIGについて>
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、80 以上の国や地域でお客さまにサービスを提供しています。創業以来の100年の経験に基づき、現在では、損害保険、生命保険、退職給付およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客さまの資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨーク証券取引所に上場しています。日本では、AIG損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIGパートナーズ株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AIG損害保険株式会社 >
  3. 医療保険で業界初 入院時のペットケア費用を補償