京太郎、K-1復帰戦となる1.24(日)「K'FESTA.4」の対戦相手が決定!記者会見で「蹴ったら足が痛いんで、蹴りは使いません!」と衝撃発言

【アリーナS席】前売り券完売!

K-1/Krushの運営及びジム運営するK-1実行委員会(東京都渋谷区、 プロデューサー:中村拓己)は、2021年1月24日(日) 代々木競技場第一体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~K’FESTA.4~」の第2弾対戦カードを12月9日(水)都内にて記者会見を行い発表しました。

 K-1 JAPAN GROUP年間最大のイベントである「K’FESTA.4」の第1弾対戦カード発表会見で、プロボクシングからK-1への復帰&今大会への参戦が発表されていた京太郎が、スーパーファイトで実方宏介と対戦することが決定しました。

 京太郎は2007年からはK-1を主戦場に戦い、「K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA JAPAN GP」で準優勝。09年の第2代K-1ヘビー級王座決定トーナメントではK-1で日本人初となる重量級の世界王者となりました。2010年4月にピーター・アーツ、10月にはジェロム・レ・バンナからも勝利。そして、2011年にプロボクシングに転向すると、デビュー8戦目で日本ヘビー級王座を獲得。2017年にはOPBF東洋太平洋ヘビー級・WBOアジア太平洋ヘビー級王者に。そして、20年11月にプロボクシングからの引退を表明し、今回は約10年ぶりにK-1復帰を果たします。
 対する実方はムエタイテクニックを武器とするヘビー級ファイターで、主戦場にしているBigbangではK-1でも活躍する愛鷹亮とも拳を交えました。現在は第2代Bigbangヘビー級王者に君臨し、今回がK-1初参戦となります。

 中村拓己K-1プロデューサーはこの試合の見所について「京太郎選手は前回の会見以降、K-1ルールでの試合も再開しています。ボクシングで磨いたパンチがどう活かされるのか、非常に注目されていると思います。実方選手はパワフルな攻撃のほかに、ヘビーとは思えない細かいテクニックを持った選手。K-1は軽量級や中量級の選手たちが多いですが、こうして日本人同士のへビー級の試合が組まれたのは大きいこと。ヘビー級が盛り上がるようなきっかけになる試合を期待したいです。」とコメントしています。

 コアラの被りもの姿で会見に現れた京太郎は、顔面含め全身タイツの赤と緑の人物を二人従えて登場しました。三人で実方の写真がプリントされたTシャツに着替えて、実方の顔がプリントされたお面を付けるなどやりたい放題。

実方選手がどういったファイターか、本会見時まで分かっていないようで、「相手を一切分かっておりません。ただヘビー級で体重がけっこう重いということで、太り過ぎは日本人にはよくないので『太りすぎはダメよ』とプリントされたTシャツを作ってきたんですが、いかがですかね?」と京太郎節が炸裂しました。
また、「次の試合、蹴りは使いません。蹴ったら痛いということがわかったので」と、パンチのみで戦うことを宣言。実方が「パンチで倒される前に、僕が蹴り倒す。周りには『ヤバいぞ。オマエ、やられるんじゃないか』と言われるが、やられる前に僕がやっちゃえばいい」と意気込むと、京太郎は「僕、この年になっても強いんですよね。あんまり練習しなくても。才能があるんですよ」と百戦錬磨の貫禄を示しました。
 

前K-1スーパー・ライト級王者の安保瑠輝也と海斗が対戦するウェルター級のスーパーファイトが決定しました。

安保は登録者数約30万人を誇るYouTuberとしても活躍し、自身のチャンネルで喧嘩自慢たちと戦う動画を配信しております。“不良の祭典”アウトサイダー出身・海斗はその人気企画に捩り「喧嘩自慢代表として叩き潰す」と予告。安保も「YouTube同様、失神させます」と宣言し、危険な一騎打ちを予想させるコメントを残しました。
 

10カ月ぶりに復帰する金子晃大と、初参戦の新鋭・鬼山桃太朗(きやま・ももたろう)によるスーパー・バンタム級スーパーファイトが決定しました。

金子は2016年9月にデビューすると、軍司泰斗を下して第3代Krushバンタム級王者に。その後スーパー・バンタム級に転向し、2019年3月の「K'FESTA.3」では玖村修平に激闘の末に勝利し、大きなインパクトを残しました。しかし今年3月の玖村将史戦でプロ初黒星を喫し、今回はそれ以来久しぶりのリングで「時間をかけて自分を作り直してきた。」と意気込みを語りました。
一方、試合キャリアはまだ5戦ながらインパクトを残す試合を続けている鬼山桃太朗は「前回の相手が“蒼”士選手だったので『青鬼退治』でいったんですけど、今回の金子選手は金色。色で言ったらラスボス級だと思うんですけど、僕は通過点だとしか思ってないので、『金鬼退治』したいと思います。」と語りました。
 

女子のカードでは、MIOvs山田真子の女子-46kg契約のスーパーファイトで、階級の枠を超えて激突します。

シュートボクシングのリングで活躍し、昨年K-1参戦を表明したMIOは「山田選手と戦うことができてワクワクしている。」とコメントし、福岡出身・元ボクシング世界王者の山田真子は「11月の福岡大会からすぐ試合の話が来たんで、とてもうれしく思います。MIO選手はネームバリューがある選手。勝って次につなげる。」と意気込みを語りました。本来はMIOがミニマム級(-48kg)で、山田がアトム級(-45kg)と別階級ですが、その間をとってのキャッチウェイトで、注目カードが実現に至りました。

他、TETSUvs横山朋哉、弘輝vs龍華選手を含めた会見の様子は
K-1公式YouTube(https://youtu.be/8agjq2-0cpU)でご覧いただけます。
 

 

詳細に関してはこちらをご覧ください。
https://www.k-1.co.jp/news/schedule/16538/


■チケット最新情報

 

第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊と、挑戦者レオナ・ペタスがタイトルマッチで対戦することで注目の本大会は、現在各指定席のうち、【アリーナS席】【アリーナS席/武尊応援シート】【アリーナS席/レオナ応援シート】の前売り券が完売しております。

現時点では下記の前売りチケットのみの販売となっております。ご観戦予定のお客様はどうぞお早めにお買い求めください。なおチケットの発送は12月下旬を予定しています。
 

 

◇観戦チケット
ロイヤルシート(特典付き):100,000円
アリーナSRS席:60,000円
アリーナRS席:35,000円
アリーナS席:18,000円 ※完売
スタンドS席:18,000円
スタンドA席:10,000円
スタンドB席:8,000円
※消費税込み/全席指定/小学生からチケットが必要

◇「武尊応援シート」/「レオナ応援シート」
ロイヤルシート(特典付き):100,000円
アリーナSRS席:60,000円
アリーナRS席:35,000円
アリーナS席:18,000円 ※完売
スタンドS席:18,000円
スタンドA席:10,000円
※消費税込み/全席指定/小学生からチケットが必要
※応援シート特典:武尊vsレオナ ポスターVer.のクリアファイル

☆チケットは「K-1.SHOP」(https://bit.ly/3mN5E7Q) にて発売中です。
☆通常よりも席の間隔を空けております。ご了承ください。
(2020年12月10日時点)

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. K-1実行委員会 >
  3. 京太郎、K-1復帰戦となる1.24(日)「K'FESTA.4」の対戦相手が決定!記者会見で「蹴ったら足が痛いんで、蹴りは使いません!」と衝撃発言