ココカラファインが「神奈川県たばこ対策協力企業」第1号に認定~健康経営の一環としてたばこ対策を推進~

全国にドラッグストア・調剤薬局を展開する、株式会社ココカラファイン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:塚本厚志、以下 ココカラファイン)は、たばこ対策に積極的に取り組む企業として、神奈川県が2020年8月3日から新たにスタートさせた「神奈川県たばこ対策協力企業認定制度」の第1号に認定されました。認定後は、神奈川県の卒煙サポートプログラムなども活用し、「将来的に社内喫煙率0%」を目指して、喫煙率の更なる低減に取り組んでまいります。

8月31日(月)神奈川県庁で行われた認定式の様子8月31日(月)神奈川県庁で行われた認定式の様子

 

 


神奈川県×ココカラファイン たばこ対策の取り組み
◆神奈川県がかながわ健康財団と共催で実施している卒煙サポートプログラム「企業版卒煙塾」を活用した、従業員を対象とした卒煙(禁煙)支援事業を行います。
◆全国の事務所・店舗・施設の全面禁煙を継続し、会社全体で受動喫煙対策を行います。
◆神奈川県が行うたばこ対策に係る普及啓発活動に協力します。

ココカラファインが進めるたばこ対策
1.受動喫煙対策として、全国の事務所・店舗・施設の敷地内全面禁煙を実施
2.地域の健康増進を目指す企業として、店舗におけるたばこの販売を2012年に中止
3.禁煙を希望する従業員に禁煙補助剤を提供し、禁煙状況を定期的に確認するなどフォロー
4.喫煙や受動喫煙による害を学ぶ社内講習やオンライン学習講座を開催

ココカラファインの健康経営の取り組み


全従業員とその家族が活き活きと働き続けられる環境づくりの一環として、全従業員の健康に関する専門知識を深めるとともに、疾病予防や早期治療に様々な形で投資する取り組みを進めています。従業員に対する血糖や感染症対策などの取り組みが評価され、2019年、ココカラファイングループは健康経営優良法人2020に認定されました。

 


神奈川県たばこ対策協力企業認定制度 概要
※この制度において「たばこ対策」は、卒煙(禁煙)サポート、未成年者の喫煙防止対策、受動喫煙対策を指します
目的:神奈川県が行うたばこ対策の趣旨に賛同し、これに資する取り組みを行う企業等を、県が認定し顕彰することで、たばこ対策の一層の推進を図る
認定対象:県内に本社、本店または事業の拠点があり、県内で事業活動を行う企業や団体等
認定要件:次の全てを満たすことを要件とします
1.たばこ対策に係る取り組みを行う体制を明確に定めていること
2.たばこ対策に係る具体的な取り組みもしくはその計画があり、公表していること
3.県民や県内事業者に向けたたばこ対策にかかる取り組みもしくはその計画があること

株式会社ココカラファイン
1300店舗超のドラッグストア・調剤薬局を中核事業として、全国で展開している東証一部上場企業。店舗数・調剤事業規模は業界トップクラスで、カウンセリング販売による高付加価値商品の販売など、「おもてなし」を通じてお客様に価値を提供することに注力している企業です。また、介護事業や訪問看護、インターネット通販事業などヘルスケア関連事業を幅広く展開しています。

代表者:代表取締役社長 塚本厚志
所在地:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-17-6
設立:2008年4月1日
資本金:10億円
事業内容:ドラッグストア・調剤薬局の運営など
コーポレートサイト:https://corp.cocokarafine.co.jp
お客様向けサイト:https://www.cocokarafine.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ココカラファイン >
  3. ココカラファインが「神奈川県たばこ対策協力企業」第1号に認定~健康経営の一環としてたばこ対策を推進~