GaudiyがシリーズB総額34億円で調達を完了。ソニー・ミュージックエンタテインメント、サンリオなどから追加の資金調達を実施

大手エンタメ企業や金融機関との連携を強め、Web3×エンタメでグローバル産業を創出する

Web3時代のファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を提供する、株式会社Gaudiy(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川裕也、以下「Gaudiy」)は、2022年5月に実施したシリーズBラウンド・1stクローズの25億円の資金調達に続き、ソニー・ミュージックエンタテインメント、三菱UFJイノベーション・パートナーズ、サンリオ、みずほキャピタルを引受先とする9億円の第三者割当増資を実施しました。今回の追加調達により、シリーズBラウンドの調達額は総額34億円になります。

今回の調達を通じて、エンターテインメント(以下、エンタメ)企業と金融機関との連携を強化していきます。エンタメ企業としては、既存引受先のバンダイナムコエンターテインメントに加えて、新たにソニー・ミュージックエンタテインメント、サンリオが加わりました。金融機関では、既存引受先のSBIインベストメントに加え、新たに三菱UFJイノベーション・パートナーズ、みずほキャピタルが加わりました。

世界的に注目が集まり、変化のスピードが速いWeb3領域において、金融機関のバックアップを受けながら、日本が誇るエンタメ産業とWeb3の技術領域を掛け合わせ、世界を代表する企業を目指します。

調達した資金をもとに、国内外での人材採用、本格的なグローバル展開、コミュニティサービスの拡充、Web3メタバース事業の開発により一層注力していきます。


■特設サイト「Change The Game」を更新、新たなイベントを公開
追加調達を記念して、特設サイトを更新しました。代表石川のnoteや、ゲストをお招きした特別イベント、エンジニア向けイベント、カジュアル面談(Meety)、Gaudiyの理解が深まる特別コンテンツをまとめています。ぜひご覧ください。

特設サイト:https://special.gaudiy.com


■採用拡大、グローバルに注力、メタバース事業の開発
調達資金の主な使途は、以下になります。

1.人材の採用
エンジニア、デザイナー、プロダクトマネージャーを中心に、優秀でユニークな人材を採用し、プロダクト中心型の組織づくりにより一層注力していきます。

・採用ページ:https://recruit.gaudiy.com
・エンジニア向け採用ページ:https://recruit.gaudiy.com/engineer
・Culture Deck:https://speakerdeck.com/gaudiy/culture-deck

2.事業への投資
既存サービス「Gaudiy Fanlink」を拡充するための技術投資や、2023年の春より東南アジア方面への展開を皮切りに、グローバル展開に注力していきます。また、2023年内のメタバースをはじめとする新規の事業開発に投資します。中長期的には、IPごとに独自のトークン上場支援を行っていきます。


■ 各投資家からのコメント

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレートビジネスマーケティンググループ 本部長 佐野 弘明
音楽やエンタテインメントはいつの時代も新しいテクノロジーによって、変化、進化を余儀なくされてきました。これからエンタメ×Web3という領域で、現状のビジネスモデルが過去のものになるような、より大きな変革を迎えることになるでしょう。Gaudiyと出会ったことで確実に未来への解像度が上がりました。この予感を確かな未来として、Gaudiyと共に実現していけること、楽しみにしています。

株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ Chief Investment Officer 佐野 尚志
Web3の到来を見据え、金融グループとしてもこの世界の発展にどのように貢献できるのか、日々様々な議論を進めています。石川さん、Gaudiyのみなさんは、エンターテインメントという切り口で、このWeb3のテクノロジーからソリューションまで、顧客や市場のニーズを満たすことのできる稀有なスタートアップです。三菱UFJフィナンシャル・グループのCVCとして、グループの持つネットワークや安心・安全な取引に関する知見を活かし、エンタメ金融における可能性をGaudiy社と共に追求していきたいと考えています。

株式会社サンリオ 代表取締役社長 辻󠄀 朋邦
当社は、中期計画におけるサンリオ海外事業ビジョン「Sanrio ”One” Global」においてAI/VR/NFTなどを含むマルチプラットフォーム展開によるエコシステムつくりを掲げております。Gaudiy社とは、そのエコシステムのコアな部分となるファンコミュニティ開発・運用の領域で協業し、ファンダムやWeb3といった新しい世界を一般ユーザーにも広げていきたいと考えております。

みずほキャピタル株式会社 代表取締役社長 大町 祐輔
Gaudiy様はファンの熱量を最大化するWeb3.0時代のプラットフォーマーであり、日本が世界に誇るIP領域の躍進を支える存在になると確信し、今回のラウンドに参加させていただきました。Gaudiy様の掲げる「ファンと共に、時代を進める」というビジョンの実現に向け、みずほグループ総力をあげて、石川CEOをはじめ素晴らしいGaudiyの皆さんと伴走してまいります。


■参考資料

Gaudiy(ガウディ)、シリーズBで25億円を調達。採用・組織拡大に注力。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000035719.html

【Web3時代のファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」とは】

「Gaudiy Fanlink」は、NFT、DID(分散型ID)などのブロックチェーン技術を活用して、ファンの熱量を最大化するWeb3時代のファンプラットフォームです。


IP(知的財産コンテンツ)独自のコミュニティシステムの提供を通じて、ファンの横断的な活動データを記録・蓄積し、ファンの貢献や熱量が正しく評価・還元されるエコシステムを構築します。

サービスサイト:https://service.gaudiy.com/
 

 

【株式会社Gaudiyについて】
社名:株式会社Gaudiy(ガウディ)
主な事業内容:ブロックチェーン技術を活用したトークンエコノミー事業
本社所在地:東京都渋谷区笹塚1丁目64−8  Daiwa笹塚ビル6階
代表者:代表取締役 石川 裕也
設立年月日:2018年5月2日
公式サイト:https://gaudiy.com/

Gaudiyは「ファンと共に、時代を進める。」をミッションに、ファンの熱量を最大化するWeb3時代のファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を開発・提供しています。2018年の創業から、ブロックチェーンを中心とする先進技術を活用したコミュニティサービスを展開し、大手エンタメ企業にサービスを提供しています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Gaudiy >
  3. GaudiyがシリーズB総額34億円で調達を完了。ソニー・ミュージックエンタテインメント、サンリオなどから追加の資金調達を実施