『アイカサ』、モバイルバッテリーレンタルサービス『充レン』との業務提携!ゆりかもめと京浜急行電鉄の駅にて、シェアリングブースの共同展開、およびサービス提供を開始!

電鉄会社2社の駅へ、一挙に同時拡充!設置スペースを”シェア”して展開する、新たなシェアリングサービスの可能性に挑戦!

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸川照司 以下アイカサ)は、東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋本展秀、以下「東電EP」)と、本日、シェアリング構想を共同展開していくことを目的として、業務提携契約を締結したことをお知らせします。

  • 今回の業務提携について
本取組の第一弾として、本日より、ゆりかもめおよび京浜急行電鉄の駅に、傘シェアサービス「アイカサ」と、東電EPが提供するモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」をセットで設置した”シェアリングブース”を運用いたします。今後、お客さまのニーズがある場所に両社条件が合った場合は、積極的にシェリングブースを展開し、将来的には、「充レン」と「アイカサ」の一体型スタンドを開発・設置してまいります。

この先も両社は、社会の多様なニーズにお応えし、お客さまの暮らしを支える新しい価値の創造に挑戦し続けてまいります。
 


  • モバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」とは
「充レン」は、スマホのモバイルバッテリーレンタルサービスです。一台300円(税別)で、レンタル当日から翌日24時まで利用可能となります。充電完了後は、「充レン」のレンタルスタンドであればどこでも返却可能となっており、突然の充電切れや、長時間の外出で便利なサービスとなっております。「充レン」はあらゆるタイプの接続端子をご用意しており、お客様の様々な端末にご対応できます。

「充レン」公式サイトURL:https://ju-ren.jp/

 
  • 傘のシェアリングサービス「アイカサ」とは
「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴。現在は、渋谷や上野をはじめとした都内全域と、福岡市での展開を合わせて、スポット数約453箇所。登録ユーザー数は4万5千人超えを達成。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、完全に傘をシェアする社会の実現をミッションにしております。

「アイカサ」公式サイトURL: https://i-kasa.com/
「アイカサ」LINEアプリURL: https://line.me/R/ti/p/%40upu4224e


  • 本件に関するお問い合わせ先
株式会社Nature Innovation Group
担当: 黒須(取締役/広報)、丸川(取締役代表)
MAIL: info@i-kasa.com
TEL: 050-3188-7642

 
  • 会社概要
株式会社Nature Innovation Group
■代表: 代表取締役 丸川照司
■設立年月日: 2018年6月19日
■会社ページ: https://i-kasa.com/
■住所: 東京渋谷区渋谷 3−26−16 第五叶ビル5F
■資本金: 非公開
■主な事業: 遊休スペースを活用した傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Nature Innovation Group >
  3. 『アイカサ』、モバイルバッテリーレンタルサービス『充レン』との業務提携!ゆりかもめと京浜急行電鉄の駅にて、シェアリングブースの共同展開、およびサービス提供を開始!