世界最高齢で大往生のハシビロコウ「ビル」、貴重な剥製標本として後世へ…。

「ビル」の来園40周年にあたる2021年4月28日(水)より一般公開

伊豆シャボテン動物公園で長老として親しまれたハシビロコウの「ビル」、長年暮らした“故郷”バードパラダイスに剥製を展示

ビル来園40周年ビル来園40周年

世界最高齢(推定年齢50歳以上)のハシビロコウとして親しまれ、2020年8月6日(木)に老衰で永眠したハシビロコウの「ビル」。伊豆シャボテン動物公園では、「ビル」が長年暮らした「バードパラダイス」内に設置中の献花コーナーにて、2021年4月28日(水)より剥製標本として展示いたします。この日は、「ビル」の来園40周年にあたる記念日です。

1985年のビル1985年のビル

「ビル」は1971年スーダンのハルツーム動物園より来日、一般財団法人進化生物学研究所にて10年間飼育されたのち、1981年4月にメス「シュー」と番(つがい)のオスとして来園しました(死後に行われた解剖の結果、性別はメスであると確定)。その後39年もの長い間「バードパラダイス」内でのんびりと暮らし、世界でも類を見ない“ご長寿”ハシビロコウとして昨年の夏に天寿を全うしました。

2010年バードパラダイス2010年バードパラダイス

絶滅危惧種であり世界の飼育頭数が40~50羽といわれるハシビロコウは、剥製および骨格標本も大変貴重で研究・教育的価値があります。

2020年のビル2020年のビル

このため「ビル」の亡骸は、剥製標本として当園にて収蔵・展示され、また骨格標本は進化生物学研究所に収蔵されることとなりました。ハシビロコウという種の研究への貢献や、「見る」体験学習による知的好奇心の喚起など、「ビル」が半永久的にその存在を留めることにより後世に残す影響は計り知れません。

2020年8月献花台2020年8月献花台

ご来園の際はぜひ「ビル」とじっくりと向き合い、往年の姿を偲ぶとともに、ハシビロコウと彼らが置かれている自然環境にも思いを馳せて下さい。

ビルの歴史ビルの歴史

ビルの日課ビルの日課

詳細はこちら → https://shaboten.co.jp/press/3445/

【伊豆シャボテン動物公園】https://izushaboten.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社伊豆シャボテン公園 >
  3. 世界最高齢で大往生のハシビロコウ「ビル」、貴重な剥製標本として後世へ…。