モバイルPCとしての携帯性や堅牢性と、ノートPCとしての高性能や拡張性を両立し、さまざまなビジネスシーンにマッチする14.0型オフィス内モバイルノートPC「dynabook MJ54/HS」を発売

-dynabookの「エンパワーテクノロジー」搭載で高負荷処理もスムーズに-

 人々のワークスタイルが急速に変わる中、ノートPCには、業務やコミュニケーションを止めない、ビジネスに最適な機能や拡張性、高い先進性能と実用性が求められており、場所を選ばず活用できる携帯性の高い高性能モバイルノートPCのニーズが高まっています。
 当社は、画面サイズ14.0型で表示情報量を確保し、仕事がしやすい画面の大きさや机の上でのさまざまな業務をスムーズにこなせる高性能と拡張性に加え、オフィス内での移動や外出先への持ち運びがしやすいコンパクトボディと堅牢性を両立し、あらゆるシーンで快適なパフォーマンスを実現するオフィス内モバイルノートPC「dynabook MJ54/HS」を法人向けに商品化し、本日2021年6月14日から受注を開始します。

 新商品は、13.3型従来機「dynabook R73」より小さい表面積※注1に14.0型ノングレア狭額縁液晶を搭載したコンパクトボディです。机の上にすっきり置けて、オフィス内や外出先への持ち運びも便利。バッテリー駆動時間は約14.5~15.5時間※注2を確保しておりACアダプターと電源コードを持ち歩かなくても、オフィス内や家庭内を移動しての活用にも安心です。

 また、卓越したパフォーマンスを発揮する※注3、第11世代インテルCPUを搭載※注4。CPUのパフォーマンスを安定してTDP(熱設計電力)28Wで動作させる、dynabookの「エンパワーテクノロジー」を採用しているので、TDP15Wで「エンパワーテクノロジー」を搭載していないモデルと比較し、約1.5倍※注5の処理能力を発揮します。高負荷がかかる業務もスムーズにこなせるため、さまざまなウインドウを立ち上げた状態で仕事をしても、高いパフォーマンスを維持し、日々の業務もスピーディにこなせます。

 さらに、過酷なテストとして知られるアメリカ国防総省MIL規格(MIL-STD-810H)に準拠したテストの実施を予定※注6。デスクの上からや持ち歩き時の落下を想定し、底面や天面をはじめ26方向からの落下テストも実施※注6するなど、安心して持ち歩くことができ、ずっと使い続けられる堅牢性を追求しています※注7。堅牢性の高さは、ダウンタイム(仕事のできない時間)の軽減につながり、生産性の向上に寄与します。

 インターフェースには、先進Thunderbolt™4の高速データ転送に対応したUSB4™ Type-Cコネクタを2つ装備し、拡張性を高めています。同時に2台の外部ディスプレイへの出力など周辺機器とのスムーズな接続と、外部ストレージデバイスを通じた高速データ転送で仕事がはかどります。また、操作性を高めるために、お客様ご自身でメモリの増設が行えるメモリカバーを本体の底面部分に装備。サービスに依頼する手間が省けるだけでなく、PC管理者の負担を軽減できます。

 加えて、高速なデータ転送が可能な先進の無線LAN規格「Wi-Fi 6」に対応※注8。自宅で複数台の機器が同時にアクセスしている状態でも通信が途切れにくく、オンライン会議も快適です。Webカメラには、カメラの視野を物理的に遮ることができるWebカメラシャッターを装備。オンライン会議などで必要な場合以外は、シャッターを閉じることでプライバシーを守れます。

 新商品は、液晶ディスプレイが180度開いて、対面相手が見えやすいように画面表示の向きを簡単に切り替え可能。対面相手と画面を共有しながらの会話ができます。一般的なモバイルノートPCに比べて画面が一回り大きい14.0型なので、文字も見やすく、ソーシャルディスタンスを保ちつつ商談ができます。

 当社は、新しいワークスタイルを支えるハードウェアとサービス・ソリューションを、より多くの人々にご提供し、お客様がめざす「働き方改革」をサポートしてまいります。

■主な特長
14.0型 オフィス内モバイルノートPC「dynabook MJ54/HS」:6月14日から受注開始


インテル® Core™ i7-1185G7 vPro® プロセッサー~インテル® Celeron® プロセッサー6305※注3、16GB/8GBメモリ、512GB/256GB/128 GB SSD※注9、FHD/HD液晶、Webカメラ<約92万画素>、指紋センサー、顔認証センサー、などから選択可能。

詳細は、下記商品紹介ページをご覧ください。
https://dynabook.com/business-mobile-notebook-mj-series/mj54hs-jun-2021-14-0-inch.html

※注1:当社従来機 dynabook R73/M(2019年1月発表)の約316.0(幅)×229.0(奥行)と比較した場合。当社調べ。
※注2:JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)による値。実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。本製品にはバッテリーパックが内蔵されていますが、お客様ご自身で取りはずしや交換をしないでください。バッテリーパックが寿命などで交換が必要な場合は、営業担当までご相談ください。バッテリーパックの交換は、保証期間内でも有料になります。バッテリーは消耗品であり、バッテリー充電時間に対するバッテリー駆動時間は、バッテリーの経年劣化によって変化します。
※注3:本製品に使われているプロセッサー(CPU)の処理能力は、お客様の本製品の使用状況により異なります。
※注4:インテル® Celeron® プロセッサー 6305搭載モデルを除く。
※注5:グラフィック性能ベンチマーク「3D MARK」を使用。当社調べ。dynabook MJ54 は、インテル® Core™ i7-1185G7プロセッサーを搭載した試作機。エンパワー非搭載モデルはdynabook S73、インテル® Core™ i7-1165G7プロセッサー搭載機。機種によって数値が異なります。
※注6:落下、粉塵、高度、高温、湿度、低温、温度変化、振動、衝撃、太陽光照射テストを実施予定。無破損、無故障を保証するものではありません。MIL規格に基づいて、一部当社が設定した試験条件に従い試験しています。これらのテストは信頼性データの収集のためであり、落下、衝撃、振動または使用環境の変化などに対する製品の耐久性をお約束するものではありません。また、これらに対する修理費用は、保証期間内でも有料になります。
※注7:無破損、無故障を保証するものではありません。
※注8:市販のWi-Fi 6対応周辺機器が必要です。
※注9:1 GBを10億バイト、1TBを1兆バイトで算出しています。すべての領域はNTFSで設定されています。SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記録媒体とするドライブです。
※画面はハメコミ合成です。
※画面は実際のイメージとは異なる場合があります。
※Intel、インテル、Intelロゴ、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Thunderbolt、Thunderboltロゴ、Intel vProは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporation またはその子会社の商標です。
※Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
※USB Type-C™、USB4™は、USB Implementers Forumの商標です。
※その他の本稿に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Dynabook株式会社 >
  3. モバイルPCとしての携帯性や堅牢性と、ノートPCとしての高性能や拡張性を両立し、さまざまなビジネスシーンにマッチする14.0型オフィス内モバイルノートPC「dynabook MJ54/HS」を発売