「ちあきなおみ」最後のマネージャーが初めて明かす、伝説の歌姫「28年の沈黙」、そして歌を「封印」した理由

ちあきなおみの最後のマネージャーが、「伝説の歌姫」28年間の沈黙の真相を綴った手記『ちあきなおみ 沈黙の理由』(新潮社)が、本日26日刊行された。

 
 歌手・ちあきなおみが、最愛の夫・郷鍈治氏の死去を契機に、突然芸能活動を休止し、表舞台から姿を消して今年で28年になる。日本レコード大賞受賞曲『喝采』をはじめ、『紅い花』『紅とんぼ』『矢切の渡し』『黄昏のビギン』など、その卓越した歌唱力と表現力は、いまだファンを魅了し続け、CDはロングセラーとなり、テレビ番組や雑誌では定期的に特集が組まれるなど、彼女の人気は衰えることがない。新型コロナ禍によるStay Homeのさなか、YouTubeで彼女の圧倒的な歌唱に出会い、ちあきなおみを「発見」した10代、20代のファンも少なくない。
 長い間、多くのファンが「歌姫」の復活の日を待ち望んでいながら、なぜ、ちあきなおみは歌を封印し、28年もの間、沈黙を守り続けているのか――。 

 著者の古賀慎一郎氏は、郷鍈治氏が亡くなる1年前にちあきの事務所に入り、それから都合8年間、付き人・最後のマネージャーとして献身的に支え続けた人物だ。

「ちあきさんは、本当にもう歌わないのですか?」
私はこの時初めて、復帰のことを口にしてみた。
「私はもう、十分働いた……」
「それは仕事ということですよね。でもちあきさんが歌うということは、それ以上の何かがあると思うんです。だからこんなにも復帰待望の声が」
私は食い下がった。(『ちあきなおみ 沈黙の理由』より)

「ちあきなおみ」のすべてを知るといっても過言ではない古賀氏が、約20年の沈黙を破り、「永遠の歌姫」が歌を封印した理由、そして彼女の知られざる素顔を、秘話満載で明かした大注目の一冊だ。

■『ちあきなおみ 沈黙の理由』
突然の活動停止から28年――彼女が表舞台から消えた理由は何だったのか?
最愛の夫であり、プロデューサーでもあった郷鍈治の死を機に、ちあきなおみは芸能界から姿を消した。しかし、彼女の歌声を懐かしみ、永遠の歌姫の復活を願う声は絶えない。なぜ彼女は歌を封印してしまったのか。28年間にも及ぶ沈黙の理由と彼女の意外な素顔を、郷の死去を挟み8年間、側で支えた元マネージャーが初めて明かす。

■古賀慎一郎(こが・しんいちろう)
昭和42年、愛知県名古屋市生まれ。高校卒業後、東京キッドブラザーズを経て、俳優・京本政樹の付き人を1年間務める。平成3年、ちあきなおみ個人事務所「セガワ事務所」にマネージャーとして入社し、8年間を過ごす。現在は郷里へ戻り、サービス業に従事している。

 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 「ちあきなおみ」最後のマネージャーが初めて明かす、伝説の歌姫「28年の沈黙」、そして歌を「封印」した理由