大阪信用金庫と公立大学法人大阪 大阪府立大学が産学官連携を強化するため協定を再締結!

~産学官が協創する、新しい価値を創造~

 大阪信用金庫(理事長 髙井嘉津義)と公立大学法人大阪 大阪府立大学(学長 辰巳砂昌弘)は2005年に締結された「産学官連携基本協定書」の協定内容を承継し、2022年4月開学予定の大阪公立大学(仮称)における、「都市シンクタンク機能」、「技術イノベーション機能」など新しい課題にも対応する準備も併せて進めるため、2021年9月1日、本協定を再締結しましたので、お知らせいたします。
  • 本取組みのポイント

(1)産学官連携によるスタートアップエコシステムへの期待の高まり
 社会のニーズを原動力として課題の解決に挑むスタートアップを創出、育成するイノベーション・エコシステムの形成については、社会ニーズに基づくスタートアップの創出・成長を支援していくことが大きな社会課題となってきている。

(2)社会全体のDX改革の進展
 世界の諸都市では、IоT、AI、ビッグデータ等の先端技術を利用し、都市課題の解決や都市機能の効率化に活かそうとする「スマートシティ」の取組みが始まっている。大阪においても、人口減少・超高齢社会が到来する中、様々な都市課題を乗り越え、住民が笑顔で暮らし続けることができる都市づくりが求められている。

(3)大阪公立大学(仮称)での連携の継承発展
 2022年4月に開学する新大学では、新たに「都市シンクタンク」機能及び「技術イノベーション」機能の2つを備えることで、大阪の都市課題の解決や産業力強化などこれまで以上に大阪の発展に貢献することを目指している。




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大阪信用金庫 >
  3. 大阪信用金庫と公立大学法人大阪 大阪府立大学が産学官連携を強化するため協定を再締結!