法人カード「UPSIDER」、Slack連携機能の大幅アップデートを発表

決済情報を任意のチャンネルへリアルタイムに通知 支出管理をより簡単・便利に

「挑戦者を支える世界的な金融プラットフォームを創る」をミッションに、法人カード「UPSIDER(https://up-sider.com/lp/)」およびビジネスあと払いサービス「支払い.com(https://shi-harai.com/)」を提供する株式会社UPSIDER(代表取締役:宮城徹・水野智規、本社:東京都港区、以下 当社)は、法人カード「UPSIDER」において、Slack連携機能の大幅アップデートを発表いたします。

今回の機能リリースにより、お客様は、任意のSlackのチャンネルに任意のカードの決済(複数個含む)を送れるようになるほか、証憑のアップロードもできるようになります。

  • Slack連携機能について

今回のSlack連携機能で可能になったのは次の2点です。


1.任意のSlackのチャンネルに任意のカードの決済(複数個含む)を設定できるようになります。決済金額の閾値も設定可能です。

 

<設定画面例><設定画面例>


2.決済に対する証憑を、Slackからアップロードできるようになります。


画像のように証憑を添付したい決済に対して、Slack内のスレッドで画像をアップロードすると、証憑が添付されます。単発の画像や複数画像でも対応可能です。

今回の機能アップデートは法人カード「UPSIDER」をご利用中のお客様の多くがご利用中のコミュニケーションプラットフォームであるSlackと連携することにより、決済にまつわる管理の手間やタイムラグをなくすことを目的としています。
当社は今後も「決済」を起点に、お客様がよりご自身の挑戦に集中できる環境を整えるべく、サービス開発を継続してまいります。

 

  • 法人カード「UPSIDER」について

UPSIDERは、利用限度額や会計処理などの財務課題を解決する法人カードです。特に、最大1億円以上の利用限度額(前払い・後払い)や、バーチャルカードの発行・管理機能、会計処理の早期化を助けるSaaS機能が好評で、アクティブな利用企業は数千社以上、利用継続率は99%以上です。
・サービスページ:https://up-sider.com/lp/

さらに、上場企業のお客様が急増しています。背景として、カード利用先の制限や権限設定機能、Slack連携機能などのリリースにより、これまでになく法人カードを安全に運用することが可能になっています。ガバナンスやアカウンタビリティーが重要な上場企業のお客様にとって、全社的な支出管理の厳格化、経費精算業務の簡略化、会計処理の早期化に繋げられます。
 

  • 当社が提供するサービスについて

個人事業主・法人企業を対象とした「支払い.com」は、企業間の取引におけるあらゆる銀行振込のお支払いを、ユーザーがお持ちのクレジットカードで決済できるサービスです。お支払いをクレジットカードのお引落日まで延長することで、ユーザーは資金繰りの改善が可能となります。また、ユーザーは書類の提出や面談、審査は必要ありません。
 

  • 会社概要

社名:株式会社 UPSIDER
WEB:https://up-sider.com/lp/
設立:2018年5月
代表者:宮城 徹、水野 智規
資本金:8,794百万円(資本準備金等含む)
本社所在地:東京都港区六本木 7-15-7
加入協会・認定: 一般社団法人日本資金決済業協会、セキュリティ認定 PCI DSS v3.2.1
 

  • 本件に関するお問い合わせ先

ご導入のご相談や、取材申し込み、提携のご連絡は、pr@up-sider.com までご連絡ください。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社UPSIDER >
  3. 法人カード「UPSIDER」、Slack連携機能の大幅アップデートを発表