メガネ販売の「オンデーズ」、日系メガネ販売チェーンとして初めてロシアに現地法人を設立。今秋モスクワに進出へ。

モスクワを拠点に、ロシア主要都市のショッピングモールに3年で30店舗のオープンを目指す

日本のアイウェアショップ、株式会社オンデーズ(東京都品川区、代表取締役社長:田中修治)は、2017年4月ロシア連邦の首都モスクワに現地法人を設立しました。
日系のメガネ小売業者としては初のロシア進出であり、小売業界全体を見ても異例の進出となります。
株式会社オンデーズは、商品の高品質とファッション性はもちろん、海外の市場には従来なかったシンプルで分かりやすい価格体系、強度数でも追加料金ゼロの価格競争力、購入後20分お渡し、安心保証(1か月以内返品可、レンズ・フレームの1年以内無償交換等)など他社の追従を許さないサービスを武器に、
世界各国のメガネユーザーの圧倒的な支持を獲得し、現在世界10か国に約200店舗を展開しています。
同社はこの競争力がロシアでも十分通用することを確信しており、日系アイウェアショップのロシア初進出というアドバンテージを最大限に生かし、モスクワ市内・郊外、および主要都市の有力ショッピングモールに、今後3年間に30店舗を展開することを目指しています。

 


日本のアイウェアショップ、株式会社オンデーズ(東京都品川区、代表取締役社長:田中修治)は、2017年4月ロシア連邦の首都モスクワに現地法人を設立しました。 
日系のメガネ小売業者としては初のロシア進出であり、小売業界全体を見ても異例の進出となります。 

ロシア連邦は、2000年代以降著しい経済発展を遂げるBRICsの雄として、世界の注目を集めてきました。 
しかし近年では、原油価格の下落やクリミア紛争をめぐる経済制裁、通貨不安などの影響で経済成長が伸び悩んでいると言われています。 
しかしながら、厳しい経済環境下も一人当たり実質GDPは微増を続けており(2015年26,207米ドル、2016年26,489米ドル)、中間層の消費は依然底堅く、また同社の出店に適したショッピングモールも増加の一途をたどっております。 
また、旧ソ連時代からの伝統ともいえる各種規制の厳しさ、煩雑さから、同国に進出する日系の小売業も非常に少ないため、同社はそこに大きなビジネスチャンスがあると判断しました。 

株式会社オンデーズは、商品の高品質とファッション性はもちろん、海外の市場には従来なかったシンプルで分かりやすい価格体系、強度数でも追加料金ゼロの価格競争力、購入後20分お渡し、安心保証(1か月以内返品可、レンズ・フレームの1年以内無償交換等)など他社の追従を許さないサービスを武器に、 
世界各国のメガネユーザーの圧倒的な支持を獲得し、現在世界10か国に約200店舗を展開しています。 
同社はこの競争力がロシアでも十分通用することを確信しており、日系アイウェアショップのロシア初進出というアドバンテージを最大限に生かし、モスクワ市内・郊外、および主要都市の有力ショッピングモールに、今後3年間に30店舗を展開することを目指しています。
 


▪️OWNDAYSではシンガポール/台湾を中心に世界10カ国へと店舗網を広げており、2017年6月時点での海外店舗数は87店舗となりました。(日本国内は120店舗) 今後5年間で東南アジア全域には300店舗の出店を計画しています。

 


▪️OWNDAYSの海外進出国一覧
シンガポール・台湾・オーストラリア・オランダ・マレーシア・タイ・ベトナム・カンボジア・フィリピン
 


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. OWNDAYS >
  3. メガネ販売の「オンデーズ」、日系メガネ販売チェーンとして初めてロシアに現地法人を設立。今秋モスクワに進出へ。