​Skyland Venturesの運営するコワーキングスペースHIVEの第1陣投資先hachidoriが上場企業との資本提携を実施


Skyland Ventures(本社:東京都渋谷区、代表パートナー:木下慶彦、以下SV)は、運営するコワーキングスペースHIVEの第1陣投資先であり、プログラミング不要のチャットボット開発ツール『hachidori』及び、アルバイト・パートなどの店舗内に特化したチャット&シフトなどの業務管理アプリ『CAST』を提供するhachidori株式会社が2018年7月に上場企業との資本提携により、Skyland Ventures保有株式をEXITしたことをお知らせ致します。
 HIVEは2015年8月より運営を開始し、初期の入居スタートアップにクラスター、hachidori、ST Booking/カケコムがあり、運営開始より3年超を超え今後も有力なスタートアップのシード期のためのコワーキングスペースとしての活動を続けて参ります。
 

◯HIVEについて
・名称:HIVE
・内容:渋谷道玄坂に位置するシードスタートアップ向けのコワーキングスペース、2015年8月より運営を開始し、過去のシードスタートアップ入居者はクラスター、hachidori、ST Booking/カケコム、Liaro、modecas(遺品整理ドットコム)、DiverFront/アモーレ、いちから/にじさんじ、UNDEFINED、Arii、ポジウィル/そうだんドットミー、RINACITA/CHIP、HACKJPNなどがある。
同じビルの前身となるスペースをBASE社とEast Venturesが運営しており、そこからdely(ヤフーが連結子会社化)、アラン・プロダクツ(ユナイテッドがM&A)、Candle(クルーズがM&A)、トランスリミット、BitStarなどが生まれた。

・運営:Skyland Ventures、East Ventures
・スポンサー:PR TIMES
・ハッシュタグ:#HiveShibuya
・入居希望スタートアップ
入居希望のシードスタートアップ(起業準備中含む)は、下記のページよりコンタクトください。
http://skyland.vc/

○Skyland Venturesについて
Skyland Venturesは、U25のシードスタートアップへの多数投資を行うベンチャーキャピタル(VC)です。 “The Seed Maker.”というミッションを掲げ、テクノロジー産業に大きなインパクトを与えるスタートアップへのシードマネーを提供しています。現在、日本国内を中心に約70社へ投資し、総額約20億円超を運用しています。http://skyland.vc/

 
  1. プレスリリース >
  2. スカイランドベンチャーズ株式会社 >
  3. ​Skyland Venturesの運営するコワーキングスペースHIVEの第1陣投資先hachidoriが上場企業との資本提携を実施