サイバー・バズ、TikTokトータルプランニングメニューがさらにアップデート。TikTok LIVEやTikTokクリエイターによる広告クリエイティブ制作にも対応開始

ソーシャルメディアマーケティング事業を展開する株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村彰典)は企業・ブランド向けのTikTokを活用したトータルプランニングメニューをさらにアップデートし、TikTok LIVE配信プランやTikTokクリエイターによる広告クリエイティブ制作プランを新たに提供開始いたしましたので、お知らせいたします。

昨今、SNSのLIVE配信が消費者の中で定着してきておりますが、各SNSごとにLIVE配信の特性は異なるため、企画やキャスティングが重要なのはもちろんのこと、各SNSの特徴を意識して活かすことでLIVE配信施策の効果が高めることが可能です。例えば、企業がLIVE配信施策を実施する際、InstagramのLIVE配信では新規リーチ獲得よりも熱量の高いインフルエンサーのファンに向けた配信として活用され、TwitterのLIVE配信に関してはインフルエンサーを招待し広告配信を絡めた企業アカウントからの配信として活用するといったようにSNSごとの特性を理解して実施することが大切です。今回新たに配信サポートが可能となるTikTok LIVEではプラットフォームの特性上、フォロワー外ユーザーの新規流入が多いため、Z世代を中心に幅広い新規リーチ(認知)獲得を目的とした配信として活用できます。

また、TikTokでバズる動画を制作するためには、変化が早いTikTok上のトレンドをウォッチし、プラットフォームやユーザーの特性を深く理解した上でそれらをクリエイティブに落とし込む必要があります。企業がTikTok上で広告動画を制作する際に、TikTok上で影響力のあるクリエイターに制作を依頼することで、TikTokに馴染む自然なクリエイティブを量産することが可能となり、広告の効果向上が期待できます。

今後もTikTokを始め、Instagram、Twitterなど各種SNS横断でインフルエンサー施策を実施することでよりリーチ数を広げPR効果の最大化を図り、広告主のさらなるサポートへ貢献いたします。

■TikTok LIVE配信メニュー概要
当社インフルエンサーネットワーク「NINARY」提携の人気TikTokクリエイターをキャスティングし、クリエイターのアカウントから配信し視聴者に対して商品PRを実施いたします。キャスティングからコンテンツ企画、ディレクション、撮影、LIVE配信、配信レポートまで一気通貫でサポートいたします。詳細はお問い合わせください。

※投稿の際は、必ず広告である旨を明記いたします。

■TikTokクリエイターによる広告クリエイティブ制作プラン概要
企業のTikTok広告のクリエイティブ用に、TikTokクリエイターが動画を制作致します。TikTokに馴染む自然なクリエイティブを量産したい企業様におすすめのプランです。影響力のあるTikTokクリエイターをアサインし、商品情報や商品現品の送付・字コンテ作成、ディレクション、納品までをサポートいたします。クリエイターを起用しない価格を抑えた制作メニューもご用意しております。詳細はお問い合わせください。

■株式会社サイバー・バズ 会社概要

2006年に創業、2019年にマザーズ上場。現在「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」というミッションのもと、インフルエンサーを主軸としたソーシャルメディアマーケティング事業を展開。「インフルエンサーサービス」「SNSアカウント運用」「インターネット広告販売」などSNS周辺領域のソリューションを一気通貫で提供。

・事業内容:ソーシャルメディアマーケティング事業、D2C事業、HR事業
・所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー18F
・東京証券取引所グロース市場 証券コード 7069
・URL:https://www.cyberbuzz.co.jp/

※記載されている会社名またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイバー・バズ >
  3. サイバー・バズ、TikTokトータルプランニングメニューがさらにアップデート。TikTok LIVEやTikTokクリエイターによる広告クリエイティブ制作にも対応開始