SAP女子育成・就労支援事業を開始

IT人材不足と女性雇用問題解決を目指し、デジタル人材として活躍を目指す女性を支援

アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長 鴨居 達哉、東京都千代田区、以下 アビームコンサルティング)、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 洋史、以下 SAPジャパン)、株式会社SHIFT(本社:東京都港区、代表取締役社長:丹下 大、以下 SHIFT)、株式会社MAIA(本社:東京都港区、代表取締役:月田有香、以下 MAIA)は、育児や介護をはじめとした様々な事情により就労に課題を抱えている全国の女性を対象に、今後、更なる需要が見込まれているSAP女子(人材)として育成・就労支援する事業を開始することを発表します。
本プログラムは、地域の自治体・企業と連携しながら、日本全国に展開を予定しており、初めは沖縄県から実施します。

厚生労働省の発表によると、新型コロナウイルス感染症の感染拡大及び2020年4月の緊急事態宣言下の社会経済活動の停滞に伴い、休業者数は420万人と急増し、就業者数も減少の傾向にありました。特に、非正規雇用労働者数は大幅に減少し、その傾向は、男性に比べ、女性に顕著で、依然として減少傾向にあります。その要因の一つとして、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業等は感染拡大の影響を大きく受けた業種であり、その多くを占める女性の非正規雇用労働者の雇用が失われたことが挙げられます。

 

今回の今回のプログラムは、このような状況にある女性を対象とし、とりわけ人材確保が急務とされるSAP人材(SAP製品の導入プロジェクトに携わるITエンジニアやSE、コンサルタントなど)として育成することで、スキルアップと新たな就労機会を提供します。これにより、一人でも多くの女性と企業を繋ぎ、雇用機会を生み出し、不足するSAP人材を確保するとともに、女性の雇用問題の解決に貢献します。

 

沖縄県では、観光をはじめとする「第3次産業」の割合が高いことなどから、リモートワークや時短勤務などの柔軟な働き方が可能な職種が少ない傾向にあります。そこで、本プログラムを実施することで、地方創生のための人材育成支援、雇用創出、さらには多様な働き方を選択できる社会の実現に寄与します。

 

本プログラムは、SAP女子の育成から働く場の創出と人材マネジメントまでを一貫して行います。

 

<人材教育・育成支援>

高品質なソフトウェアテストスキル/マネジメントスキルを持つ人材育成支援を実施しているSHIFTのヒンシツ大学(SHIFT提供のソフトウェア教育専門機関)のカリキュラムの提供を受けて、これまでに多くの女性のデジタル人材育成してきたMAIAが、IT初心者の方でもスキルを身に着けられるSAPテスターとしての教育を開発し、育成します。

 

<働く場の創出>

アビームコンサルティングは、企業が推進するDXの中でも特に喫急の課題としてニーズが高まっている、SAP S/4HANA®の導入を中心に働く場を提供します。MAIAが育成したSAP女子の就労制約を加味しワークシェアリング方式でアサインします。実際のプロジェクトでは、SHIFTが保有するソフトウェア品質保持技術のもと、品質・納品管理を実施します。

 

<SAP女子(人材)のマネジメント>
MAIAでは、育成された女性に対してのキャリアコンサルティングや、コミュニティー形成、アサインの管理を実施し、中間就労として案件に関わってもらうことでライフスタイルにあった働き方を提案していきます。

 

上記を受けて、SAP ジャパンは長年培ったテクノロジーや知見を活用し、教育から働く場の創出に至る全体の支援を実施します。アビームコンサルティングは、数十年にわたるSAPとの強固なパートナーシップと最新テクノロジーへの先進的な取組みのもと、企業変革実現を支援しています。SAPを活用したビジネス支援の実績や知見を豊富に有することから、より多くの就労機会の提供を実現します。

 

本プログラムでは、女性が活躍できる環境づくりを進めることに賛同する4社が業界の垣根を超え、これまで蓄積した実績を踏襲し、優秀な女性のリカレント教育と、育成された女性の活躍支援に取り組みます。不足するSAP人材の確保と女性雇用問題解決の一助となることを目指し、初年度は、1,000名のSAP女子(人材)の育成を目標として、活動を展開します。

<エンドースメント>

本発表に際し、沖縄県糸満市役所様・南城市役所様・株式会社LinkandVisible様・一般社団法人 be.らぼらとり(MamaBee)様より以下のエンドースメントをいただいております。

 

(沖縄県糸満市役所 福祉部こども未来課)

ひとり親家庭等の多くは、生計の維持と子育ての両方の負担を一人で担わなければならないため、様々な困難を抱えています。また、本県のひとり親家庭の割合は全国と比較して非常に高くなっており、子どもの健全な育成を図るためには、きめ細やかな支援が必要となります。

SAP女子育成・就労支援事業については、人材教育・育成支援から就労サポートまで一貫して支援するプログラムとなっていることから、女性の社会進出につながる取組みと期待しております。

 

(沖縄県南城市長 瑞慶覧 長敏)

急速な少子・高齢化の進展に伴い労働力人口の減少が見込まれる中、女性の就業を促進するとともに、ライフステージに応じて働く女性がその能力を伸ばし、発揮できる環境の整備が求められております。本プログラムの仕組みを活用することにより、本人の望む就労環境でデジタル人材としてスキルアップを目指す多くの女性の助けとなる取組みと期待しております。

 

(一般社団法人be.らぼらとり(MamaBee))

沖縄では、低所得、就業における男女格差、離婚率の高さなど女性の活躍を妨げる様々な課題が山積しており、一般社団法人be.らぼらとり(MamaBee)は、出産・子育てがママ自身の自己形成やキャリアアップの妨げとならない豊かな社会環境づくりを目指し活動しています。
この度のSAP女子育成・就労支援事業は、ビジネスニーズと人材のマッチングによる雇用問題の解決はもとより、女性の新しい在り方のロールモデルが示され、沖縄の女性の可能性を大きく引き出すきっかけになると期待が膨らみます。

 

(株式会社LinkandVisible代表取締役兼CEO  豊里 健一郎)

このたび「SAP女子育成・就労支援事業」のプロジェクト発足を心から歓迎いたします。
Tech人材育成・コミュニティ形成事業を取り組む弊社といたしましても、このプロジェクトを通し、多様な働き方を実現しデジタルトランスフォーメーションに寄与する人材が輩出され沖縄全体を活気づける一助となることを期待しています。

 

 

【SAP女子育成・就労支援事業 募集について】
下記URLより、募集要項をご確認ください。
URL:https://www.maia.co.jp/sap

 

(アビームコンサルティング株式会社について)
アビームコンサルティングは、アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファームです。戦略、 BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,500 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。

ホームページ:http://www.abeam.com/jp/
※アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。

※本文に記載されている会社名及び製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

 

(SAPジャパンについて)
SAPジャパンは、SAP SEの日本法人として1992年に設立されました。SAPの戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支え、そのマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援しています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになったSAPの技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAPのエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界25業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどのグローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan )

Copyright © 2021 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

 

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

 

(株式会社SHIFTについて)
SHIFTは、ソフトウェアの品質保証・テストを軸として開発工程全般を支援するサービスを多岐にわたり提供しています。「無駄をなくしたスマートな社会の実現」を目指し、金融機関などのエンタープライズ領域におけるミッションクリティカルな基幹システムから、ECサイト、スマートフォン向けのアプリ・ゲーム検証まで幅広い分野のお客様に対するトータル品質保証サービスを手掛けています。

 

・本社所在地 : 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル

・設立 : 2005年9月

・代表者 : 代表取締役社長 丹下 大

・資本金 : 10百万円(2021年2月末時点)

・ホームページ: https://www.shiftinc.jp/

・事業内容  : ソフトウェアの開発、品質保証、テスト事業など

 

(株式会社MAIAについて)

MAIAは、「人生100年時代に、”自分らしく生きる”未来を、共に創造する」をビジョンに掲げ、RPA等のIT人材教育や女性の働き方改革に尽力しています。ITツールの専門スキルを持つ女性たちが、様々なIT導入から開発、運用、最終的には企業内での自走化までをトータルでサポートいたします。

地方創生事業では、地産地消モデルとしてDX化の推進を図り、地域での女性の雇用創出と地域企業の生産性向上の実現をしていきます。

 

・本社所在地 : 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F

・設立 : 2017年11月

・代表者 : 代表取締役社長 月田 有香

・資本金 : 2,330万円

・ホームページ: https://www.maia.co.jp/・事業内容  : 女性のデジタル人材の育成、新しい働き方の支援

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SHIFT >
  3. SAP女子育成・就労支援事業を開始