M&Aクラウド、デーティング投資・セカンダリー売却の包括支援サービスを提供開始

事業会社・CVCによるスタートアップのM&Aを円滑化、投資リスクを軽減

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営する株式会社M&Aクラウド( https://macloud.jp/ )は、将来的なM&Aを見越して、相手企業との相性やシナジー創出の可能性を見定める期間(デーティング期間)を設けるために、一旦マイノリティ出資を行う「デーティング投資」を包括的に支援する新サービスを提供開始いたします。投資先のソーシングから契約に至るプロセスに加え、デーティング期間後に関係を解消したいニーズが発生した際も、弊社のアドバイザリーチーム「M&A Cloud Advisory Partners(以下、MACAP(エムエーキャップ))」がサポート(※)。次の株主への譲渡(セカンダリー売却)がスムーズに行える環境をつくることで、デーティング投資のハードルを下げ、日本のスタートアップM&Aの活性化に貢献していきます。
※ 弊社内の別チームが対応を引き継ぐケースもあります

 

■サービス提供の背景
国内スタートアップ投資額は年々増加しており、スタートアップの出口戦略としてIPOだけでなくM&Aの重要性も高まっています。また、政府も事業会社やCVCからスタートアップへの投資額の一部を所得控除する「オープンイノベーション促進税制」を2020年度から施行するなど、欧米に比べて浸透が遅れているオープンイノベーションの活性化に取り組んでいます。こうした中、事業会社やCVCなどにおいては、一旦マイノリティ出資をしたのち、出資先との相性やシナジー創出の可能性を見定める期間(デーティング期間)を経てM&Aを実行する“デーティング投資”の需要が高まっていくと考えられます。

また、デーティング投資件数の増加に伴い、デーティング期間中に方針を転換したり、当初の目論見とは異なったりしたためにセカンダリー売却を望むケースも生まれると考えられます。しかし、売却先を探す負担は決して軽いものではありません。現状に鑑みても、売却先を見つけられず株式を保有し続けてしまった結果、投資企業と投資引受先企業の双方が不利益を被るケースが多くあります。

セカンダリー売却に関して、M&Aクラウドでは、2021年10月に発表した資金調達を進めた際に株主構成の見直しに伴い、一部の既存株主様から新たに出資いただく株主様への株式譲渡を実行しています。

こうした経験・知見を活かし、スタートアップのM&Aを検討している事業会社やCVCの意思決定を支援するため、デーティング投資からセカンダリー売却までを柔軟にソーシング可能なソリューションを開発しました。これにより、事業会社やCVCにとっての出資リスクが軽減されると同時に、出資検討がよりスムーズに行われるようになることで、スタートアップにとっては必要な資金を速やかに入手しやすくなることが期待できます。

■サービス概要
将来のマジョリティ取得を見越したマイノリティ投資を考えている会社に対して、プラットフォーム等を活用した出資先のソーシング支援からマジョリティ取得までのプロセス整備、シナジー未実現時のセカンダリー売却のサポートまで一貫して行うサービスです。また、すでにスタートアップに出資されている持ち分の譲渡をしたいという方や、マジョリティ取得を前提にしていない投資を検討されている場合でも、セカンダリー売却も含めて幅広く弊社アドバイザリーチームがご相談をお受けいたします。
 


<お問い合わせ先>
株式会社M&Aクラウド MACAP事業本部 福田
TEL:03-6431-8460  /  MAIL:k-fukuda@macloud.jp

■ 株式会社M&Aクラウドについて
2015年12月創業。「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに、オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド(https://macloud.jp/)」を運営。従来の仲介モデルから発想を転換し、業界初となる求人広告型M&Aプラットフォームのビジネスモデルを構築しました。

買い手企業は「求人ポータルサイト」のようにWeb上へ買収窓口を設置し、M&A方針・実績を発信することで売り手企業を集め、売り手企業は「売却手数料無料」で、買い手企業の情報閲覧および直接売却打診のコンタクトが可能。スムーズなM&Aの実現を支援します。

オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」は、2018年5月のサービス開始後わずか3か月で9.2億円のM&Aが成立。直近では、売り手の登録社数約7,600社、買い手の掲載社数が約500社に達し、月間約300マッチングを生み出すなど急速な成長を遂げています。また、M&Aクラウドのファイナンシャルアドバイザリー部門であるMACAPも、DeNA様とJ2のサッカークラブSC相模原様の資本業務提携など、エポックメイキングな事例を多数実現しています。

■ M&Aクラウド概要
社名:株式会社M&Aクラウド
設立:2015年12月7日
所在地:東京都新宿区新宿一丁目34-16 清水ビル3階
代表者:及川 厚博(おいかわ あつひろ)・前川 拓也(まえかわ たくや)
資本金:12億4千万円(資本準備金含む)URL:https://corp.macloud.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社M&Aクラウド >
  3. M&Aクラウド、デーティング投資・セカンダリー売却の包括支援サービスを提供開始