ARスポーツ「HADO」のプレイデータ管理分析アプリ「HADO Connect」をリリース!

株式会社meleap(所在地:東京都港区、 CEO:福田 浩士)は5月7日、 ARを使ったテクノスポーツ「HADO」のプレイデータ管理アプリ「HADO Connect」をiOS、Androidの両OSにてリリースしました。
本アプリは、これまでプレイヤーが記録できなかったプレイデータをアプリで記録できるようになり、データ管理や試合分析などが簡単に行えます。また、他のプレイヤーとチームを組むことができ、チームとしてメンバー構成やフォーメーションなどの戦術思案にも活用できます。


HADO(ハドー)とは、 頭にヘッドマウントディスプレイ、 腕にアームセンサーを装着して技を放つ、 今話題の最新のAR技術を使ったスポーツです。 3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、 80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。 現在、 HADOは世界9ヶ国20箇所に店舗を展開し、延べ80万人以上が体験しています。
 

 


【HADO Connect】
これまで記録できなかったHADOのプレイデータを、プレイヤーは「いつでも」「どこでも」アプリから閲覧・管理できるようになります。プレイデータを元に分析が可能となり、自分自身の特徴や弱点などを知ることでスキル向上に活用できます。


【チーム作成、参加機能】
新たにチームを立ち上げたり、プレイヤーとして他チームへの参加などがアプリ上で簡単に行えます。チームの試合結果はもちろん、メンバーのプレイデータもチームで全て共有できるため、チームのレベルアップに活用できます。


【その他の機能】
アチーブメント機能では、プレイ実績に応じた称号が与えられます。また、ロケーション機能ではプレイ可能なHADO ARENAの検索が行えます。


【続々と機能追加予定】
今後は「ランキング機能」や「フレンド機能」など様々な機能も続々と追加予定しています。他プレイヤーとの情報交換やスコアを競いあいながらプレイを楽しめるようになります。

HADO Connect公式サイト  :  http://meleap.com/connect/


【会社概要】 
社名 : 株式会社meleap
設立 : 2014年1月24日
資本金: 資本金3億9,361万円(資本準備金含む)
所在地: 東京都港区芝公園4-1-4 メソニック38MTビル
代表 : CEO 福田 浩士
URL   : http://meleap.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社meleap >
  3. ARスポーツ「HADO」のプレイデータ管理分析アプリ「HADO Connect」をリリース!