英語コーチング「プログリット」ビジネス英会話コースが厚生労働大臣指定「一般教育訓練給付制度」の対象講座に

~2019年10月14日より受付開始、受講費用の20%(最大10万円)をハローワークが給付~

 英語コーチングプログラム「プログリット」を展開している株式会社プログリット(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、短期間でビジネスにおける実践的な英語力を向上させる「ビジネス英会話コース」が厚生労働大臣指定一般教育訓練給付制度の対象講座になったことをお知らせいたします。当該講座の受講受付は2019年10月14日(月・祝)より開始いたします。これにより、対象講座をお申込になった一定の条件を満たした受講生の方は、受講費用の20%(最大10万円)がハローワークから給付されることになります。

  • 対象講座の概要
 プログリットが展開しているコースのうち、「ビジネス英会話コース(12週)」が厚生労働大臣指定の一般教育訓練給付制度対象講座となりました。2019年10月14日(月・祝)より本コースを申し込んだ受講生の方は、厚生労働省の定める要件を満たした場合に、受講者本人が支払った受講費用(入会金を含む)の20%に相当する額(最大10万円)が公共職業安定所(ハローワーク)から支給されます。

対象講座:ビジネス英会話コース(12週)
入会金:50,000円(税抜)
受講料:468,000円(税抜)
受付開始:2019年10月14日(月・祝)

 
  • 一般教育訓練給付制度指定の背景と目的
 一般教育訓練給付金とは、働く方の主体的な能力開発の取り組みまたは中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とし、教育訓練受講に支払った費用の一部が支給されるものです(厚生労働省HPより)。指定講座は制度が開設された1998年度より年々増え続けており、現在は1万以上の講座が指定されています(2019年10月8日現在)。
 プログリットでは、受講生の方が「英語」という言語ツールを身に付けることによって「世界で自由に活躍できる人を増やす」というミッションの下、英語コーチングのプログラムを提供しています。今回、一般教育訓練給付制度の対象講座に指定されることによって、より多くの方の未来を経済的に後押しし、英語力向上に寄与いたします。そして、英語を身に付けることによる中長期的なキャリア形成を支援し、更なる舞台での活躍をサポートしてまいります。
 
  • 一般教育訓練給付制度利用における注意点
・2019年10月14日(月・祝)以降に「ビジネス英会話コース(12週)」をお申込された方が対象となります。
・教育訓練給付金受給対象者についての要件を満たしている方が一般教育訓練給付制度の利用対象となります。
・一般教育訓練給付制度を利用される場合、ビジネス英会話コース(12週)修了時にTOEIC®公開テストの受験が必須となります。
・ご自身が教育訓練給付金受給対象の要件を満たしているか否かは、最寄りのハローワークまで事前にお問い合わせください。弊社では教育訓練給付金制度適用の可否についての確認ができません。また、株式会社プログリットでは一切の責任を負いかねますので、ご承知おきください。
・一般教育訓練の教育訓練給付金支給対象要件および申請手続きの流れ等の詳細については、ハローワークの以下URLをご確認ください。

▼ハローワーク:給付金の申請について
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html
 
  • 英語コーチング「プログリット」とは

 英語コーチング「プログリット」は、2016年9月よりスタートした、短期間で圧倒的に英語力を伸ばす英語コーチングプログラムです。今まで6,000名を超える方々にご利用いただき、2019年9月現在、有楽町、新橋、新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎を展開している他、校舎の無い地域や海外からの受講にも対応するためにオンラインコースを開講しています。
 プログリットは生徒様一人一人を専任のコンサルタントが担当し、チャットアプリを活用した徹底的なスケジュール管理やチャットによる学習フォローを実施。従来の英語教室のように「英語を教える」のではなく、英語を学ぶための効率的な学習法を提案すると同時に、そのために必要な時間を作り出すためのコーチングを行います。毎日のやりとりや週に1回の振り返りの面談を通して、英語学習を途中で投げ出さず、最後までやり遂げられるように様々な角度から生徒様を徹底サポートしています。英語力だけではなく、最後まで「やり抜く力」を身に付けることもできる。これが英語コーチングであるプログリットの強みです。
 
  • 会社概要
<株式会社プログリット>
 元マッキンゼーの岡田(代表取締役社長)と元リクルートの山碕(取締役副社長)が創業し、短期間で実践的ビジネス英話を習得する英語コーチング「プログリット」を提供。前職で、英語力がネックとなりスピード感を持ったビジネスができていない企業やグローバルで活躍するチャンスを逃しているビジネスパーソンを目の当たりにし、現在の日本の英語教育サービスではこの状況を改善することはできないと考えたことから本サービスを企画・提供。「世界で自由に活躍できる人を増やす」をミッションには、サービスを通じてあらゆる方々にスキルや自信を提供し、一人でも多くの方が世界で自由に活躍できるよう後押ししたい、という想いを込めています。また、ミッションを実現するために5つの大事にすべき価値観である「FIVE GRIT」を決め、社員全員がそれら5つの価値観を大事にしながら毎日成長しています。

・会社名      株式会社プログリット(英語名:PROGRIT Inc.)
・代表者      代表取締役社長 岡田祥吾
・設立         2016年9月6日
・所在地     東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階
・URL        https://www.progrit.co.jp/
・事業内容   英語コーチングサービスの開発・運営
        英語学習に関するメディアの企画・運営(https://progrit-media.jp/
        グローバル人材紹介サービスの企画・運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プログリット >
  3. 英語コーチング「プログリット」ビジネス英会話コースが厚生労働大臣指定「一般教育訓練給付制度」の対象講座に