オンライン結婚相談所『naco-do』10月1日よりユーザーとの隔月1回のビデオ面談を定例化

婚活サポーターとのビデオ面談実施により成婚率が約2倍に

オンライン結婚相談所『naco-do(https://naco-do.com/)』(運営:株式会社いろもの)は、10月1日より2ヶ月に1回の頻度でユーザーとのビデオ面談を定例化します。これにより担当の婚活サポーターがユーザーを深く理解し、適切なパートナーを紹介できる精度を高め、幸せな成婚率の上昇を目指しています。


幸せな成婚に欠かせない、ユーザーと婚活サポーターの関係値

『naco-do』ではユーザーの幸せな成婚に向けて、婚活サポーターとユーザーの深い関係構築を重要視しています。

実際にビデオ面談を実施したユーザーは、していないユーザーより2倍ほど成婚率が高いことが明らかになっています。婚活とは、人生を共にするパートナーを見つけることです。相手の外見や年収、性格などの結婚相手に求める条件を浮き彫りにするだけでは、幸せな成婚をすることは不可能です。幸せな成婚を実現するためには、結婚相手に求める条件だけでなく、自身の生きていくうえでの価値観や描きたい人生設計から逆算してパートナー探しをする必要があります。しかし自分1人でパートナー探しをしていると、どうしても視野が狭くなってしまい、深く掘り下げることは困難です。そこで婚活サポーターと定期的にビデオ面談を実施することにより、ユーザーは結婚観から価値観、人生設計までを深く掘り下げて新たな気付きを得ることができます。このプロセスによって、結婚相手に求める条件そのものが大きく変わったという実績も少なくないです。
 

2ヶ月に1回のペースでビデオ面談を実施することで、モチベーション維持

また、婚活においてモチベーションを保ち続けるということは非常に大切です。諦めずに婚活を続けていればいずれ必ず成婚することができます。しかし婚活において、すぐに理想の人と出会えるというケースは少なく、楽しいことよりも大変なことが多いケースが一般的です。これによってユーザーのモチベーションが維持できず、結婚が出来ずに婚活を諦めてしまうケースが存在します。『naco-do』では2ヶ月に1回のビデオ面談をコンスタントに実施することにより、婚活状況を客観的に振り返り、自分1人では気づけないことを婚活サポーターとの対話の中で気付き、幸せな成婚に向けて進んでいくことができます。

『naco-do』が特に重要視している、最大90分間に及ぶ初回面談

初回面談の流れ初回面談の流れ

『naco-do』は入会されたユーザーの方には最大90分の時間をいただいて、必ず初回面談を実施しています。2ヶ月に1回の定例面談を円滑にするためにも、これは非常に大切なフローだと考えています。ここでは、特にヒアリング/プランニングに時間を割いて、価値観、人生設計までを掘り下げ、ユーザーにとってどのような方を提案するのが最適なのかを見極めます。最初の面談でパートナー探しの方向性を正しく定めることにより、その後の婚活の質に顕著な差が表れます。

『naco-do』は今後とも、質の高いサービスを提供できるように試行錯誤を重ね、より一層ユーザーに満足いただけるようなサービスを追求して参ります。

 

 

■『naco-do』について
『naco-do』は、1年以内に結婚したい男⼥のためのオンライン結婚相談所サービスです。結婚相談所で⾏われている審査・サポートはそのままに、初期費⽤0円、⽉額4,000円から利⽤可能、成婚料0円です。


■株式会社いろもの(https://iromono.co.jp)について
所在地 :〒151-0073 東京都渋⾕区笹塚2-16-2 ウインド笹塚ビル7F
代表者 :代表取締役 ⼭⽥ 陵
設⽴⽇ :2016年4⽉
資本⾦ :27,500,000円(資本準備⾦含む)
事業内容 :スマホの結婚相談所サービス「naco-do」開発・運営
「人の温かみをテクノロジーで届け、最高のパートナー探しを手助けする。」をヴィジョンに掲げ、お客さま一人一人の価値観に沿ったサポートを通じて、素敵なパートナー探しをお手伝いさせていただいております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社いろもの >
  3. オンライン結婚相談所『naco-do』10月1日よりユーザーとの隔月1回のビデオ面談を定例化