「パラ駅伝in TOKYO 2019」~健常者と障がい者ランナーがタスキをつなぐ、パラスポーツの一大イベント~ 全国各地より17チーム、海外はカンボジアより1チームが揃い踏み

オラが地元のチームを応援!『ご当地物産祭』も同時開催決定!

日程:2019年3月24日(日) 場所:駒沢オリンピック公園陸上競技場

 

 







この度、日本財団パラリンピックサポートセンター (パラサポ) が開催いたします「パラ駅伝 in TOKYO 2019」(日程:2019年3月24日(日) 会場:駒沢オリンピック公園陸上競技場およびジョギングコース) において、全国16都道県から17チーム、海外はカンボジアから1チームの計18チームの参加が決定しましたのでお知らせいたします。

4回目の開催となる今大会の参加最年少は9歳、最高齢は79歳と、年齢差は70歳。さらに、デフサッカー日本代表/デフフットサル日本代表のキャプテン、東京2020パラリンピックを目指す若きアスリートまで、個性豊かなランナーが集いました。

大会、およびチーム・選手情報は 『パラ駅伝公式HP( http://www.parasapo.tokyo/paraekiden/ )』、 パラ駅伝公式SNS(Twitter:https://twitter.com/parasapo_event Instagram:https://www.instagram.com/parasapo_event ) にて随時更新いたします。 (陸上競技場内での観戦には、チケットが必要となります。チケット情報のご案内は2月下旬予定。)

また、昨年大会で好評を博した 『オラが地元のチームを応援!パラ駅伝 in TOKYO 2019 ご当地物産祭』 の開催も決定。今年も全国各地、さらにはカンボジアから、ソウルフードや物産品が勢揃いいたします。
 
  • 【参加チーム (全18チーム) 】  ※カッコ内は過去の出場回数
北海道     ウタリ・パラ・北海道 (初)
岩手県     岩手ハネマルスターズ (3)
宮城県     TEAM MIYAGI (3)
福島県     福島ピーチダイヤモンド (3)
茨城県     いばラッキーズ (4)
栃木県     ベリーグッド とちぎ (4)
群馬県     ぐんまちゃんランナーズ (4)
埼玉県     コバトン&さいたまっち (4)
千葉県     チーバくん (4)
東京都①  東京わくわくエンジョイ (4)
東京都②  世田谷インクルーシブ (初)
神奈川県  いいじゃん!横浜 (3)
長野県     しなのパープルズ (4) 
静岡県     ふじっぴー静岡 (4)
鳥取県     あいサポートとっとり (初)
熊本県     くまもとランナーズ (初)
大分県     太陽の家 むぎの会 (初)
カンボジア Golden Angkor (初)
 
  • パラ駅伝 in TOKYO とは
さまざまな障がいのあるランナーや健常のランナー9名(伴走ランナー1名含む)がチームをつくり、
タスキをつないでゴールを目指す駅伝。2015年11月の第1回以来、2017年3月、2018年3月と過去3回の大会を実施。障がいの有無にかかわらず、選手、観客、ボランティアすべての人が一体となるこのユニークな駅伝では、会場となる駒沢オリンピック公園陸上競技場及びジョギングコースで、ランナーたちによる数々の熱戦や様々なドラマが繰り広げられてきた。
 
  • 注目チーム (抜粋)

【栃木県】 ベリーグッド とちぎ
2017年・2018年大会で2連覇中の強豪チーム。史上初の3連覇への注目が集まる。過去2回の優勝を経験している、車いすランナー(大森亜紀子さん)と肢体不自由ランナー(浅野俊也さん)が、チームを牽引する。

 
 

【東京都】 世田谷インクルーシブ
昨年度、東京都代表 『東京わくわくエンジョイ』 チームの健常ランナーとして疾走した、サッカー元日本代表 北澤豪さんが監督に就任。自身の経験を踏まえ、熱血指導で上位を狙う。


 

 【カンボジア】 Golden Angkor
昨年度のラオスに替わり、今年の海外枠はカンボジアから『Golden Angkor』チームが参加。チーム名は、世界遺産アンコールワットがサンセットの時間に美しく金色に輝くことから名づけられた。健常ランナーの区間では、リオデジャネイロオリンピック カンボジア代表 猫ひろしさんが登場。


-------------------------------------
その他のチーム情報

https://www.parasapo.tokyo/paraekiden/team_course/ 
-------------------------------------
  • ​注目選手 (抜粋)


【神奈川県】 いいじゃん!横浜  [ 2区:聴覚障がいランナー ]
野間 肇 (のま はじめ) 選手 (79歳)
今大会最高齢の79歳。
『いいじゃん!横浜』チーム内で行われる、79歳から9歳(車いすランナー[女] 石井 仁菜 さん)へのタスキリレーに注目。

 

 【東京都】 東京わくわくエンジョイ  [ 2区:聴覚障がいランナー ]
東海林 直広 (しょうじ なおひろ) 選手 (26歳)
デフサッカー日本代表/デフフットサル日本代表のキャプテン。
2018年5月に開催された アジア太平洋ろう者サッカー選手権大会では、アジア優秀選手賞に選ばれる。
現在は、2019年11月 デフフットサルワールドカップでの優勝を目指して邁進中。

 

 【東京都】 東京わくわくエンジョイ  [ 3区:車いすランナー (女) ]
高室 侑舞 (たかむろ ゆま) 選手 (12歳)
車いすテニスの選手でパラリンピックを目指しているお姉さんの姿を見て、車いすテニスを始める。
お姉さんは、昨年同チームで参加した冴綺(さき)さん。大会を越えて、姉から妹へタスキが渡る。
 
 

【カンボジア】 Golden Angkor  [ 4区:健常ランナー (男) ]
猫 ひろし (ねこ ひろし) 選手 (41歳)
2016年 リオデジャネイロオリンピックにマラソン男子カンボジア代表として出場

 


 

【神奈川県】 いいじゃん!横浜  [ 6区:肢体不自由ランナー(立位) ]
加藤 有希 (かとう ゆき) 選手(45歳)
陸上短距離で、パラリンピックに三度出場歴のある実力者。
出場大会 : 2004年 アテネパラリンピック / 2008年 北京パラリンピック / 2012年 ロンドンパラリンピック
 

 

【群馬県】 ぐんまちゃんランナーズ   [ 8区:車いすランナー(男) ]
川合 雄大 (かわい ゆうだい) 選手 (14歳)
車いすテニスで活躍中。2020年の東京大会以降のパラリンピック出場を狙っている。
車いすテニス2017年のジュニアランキング1位。


 
 

【岩手県】 岩手ハネマルスターズ  [ 8区:車いすランナー(男) ]
小山田 将人 (おやまだ まさと) 選手 (18歳)
車いすバスケットボール U-23日本代表候補選手





-------------------------------------
その他の注目選手情報

https://www.parasapo.tokyo/paraekiden/runners/
------------------------------------

【 パラ駅伝 in TOKYO 2019開催概要 】
日  時 : 2019 年 3 月 24 日(日)  開場:11時 競技開始:12時半~終了15時 (予定)
会  場 : 駒沢オリンピック公園陸上競技場 および ジョギングコース
主  催 : 公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター
協  賛 : [ゴールドパートナー]  株式会社JTB
  [オフィシャルパートナー]  アシックスジャパン株式会社/JXTGエネルギー株式会社/
                                       凸版印刷株式会社/日本航空株式会社/野村ホールディングス株式会社
後  援 : 厚生労働省、スポーツ庁、東京都、世田谷区、日本障がい者スポーツ協会、
  東京都障害者スポーツ協会、東京都スポーツ文化事業団、東京都公園協会、日本パラ陸上競技連盟、
  日本知的障がい者陸上競技連盟、日本聴覚障害者陸上競技協会、日本ブラインドマラソン協会、
  日本車いすバスケットボール連盟、全国社会福祉協議会、日本身体障害者団体連合会、
  全日本ろうあ連盟、世田谷区スポーツ振興財団、笹川スポーツ財団、
  2020 年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟、
  障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟、ライオンズクラブ国際協会330-A地区
運営協力 : 公益財団法人東京陸上競技協会
駅伝距離 : 1区間(各区間共通 2.342km)×8区間 合計:18.736km
走 者      : 1チーム 8区間9名 (男女混合)
  第 1 区 : 視覚障がいランナー及び伴走者
  第 2 区 : 聴覚障がいランナー
  第 3 区 : 車いすランナー(女)
  第 4 区 : 健常ランナー(男)
  第 5 区 : 知的障がいランナー
  第 6 区 : 肢体不自由ランナー(立位)
  第 7 区 : 健常ランナー(女)
  第 8 区 : 車いすランナー(男)
参加チーム : 18チーム
  北海道:1チーム
  岩手県:1チーム
  宮城県:1チーム
  福島県:1チーム
  茨城県:1チーム
  栃木県:1チーム
  群馬県:1チーム
  埼玉県:1チーム
  千葉県:1チーム
  東京都:2チーム
  神奈川県:1チーム
  長野県:1チーム
  静岡県:1チーム
  鳥取県:1チーム
  熊本県:1チーム
  大分県:1チーム
  カンボジア:1チーム
備考: 各参加チーム/選手の情報、観覧チケット情報及び取材案内については、改めてお知らせいたします。
     なお、実施内容は変更となる場合がございますので、予めご了承ください。

-------------------------------------
【パラ駅伝に関するお問い合わせ先】
パラ駅伝大会事務局 Tel:03-5166-0298 / Mail: ekiden@parasapo.tokyo
-------------------------------------
 
  • オラが地元のチームを応援!「パラ駅伝 in TOKYO 2019 ご当地物産祭」 駒沢オリンピック公園中央広場にて開催決定

※ 「パラ駅伝 in TOKYO 2018 ご当地物産祭」の様子

駒沢オリンピック公園陸上競技場横の中央広場にて、昨年大会で好評を博した「パラ駅伝 in TOKYO 2019 ご当地物産祭」を、今年も開催いたします。広場には、北は北海道、南は大分、海外はカンボジアまで、「パラ駅伝 in TOKYO 2019」に出場する各チームのご当地グルメ・物産品が集結。ちょっとした旅行気分で、様々な地域の魅力をお楽しみいただけます。また、会場内では、「パラ駅伝」 のパートナー企業のブースも出展予定。
「パラ駅伝」のチケットをお持ちでない方もご参加いただけますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【 パラ駅伝 in TOKYO 2019 ご当地物産祭 開催概要 】
日時 : 2019年3月24日(日)10時~16時 (予定)
会場 : 駒沢オリンピック公園 中央広場 (東京都世田谷区駒沢公園)
入場料: 無料  ※ 「パラ駅伝」の陸上競技場内での観戦には、チケットが必要となります。
備考 : 実施内容は変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
パラ駅伝をご観覧の方は、チケットの半券をお持ちいただければ
 陸上競技場と中央広場の行き来(入退場)が可能です。
当日は、メディア取材およびパラサポ公式の映像・写真の撮影を行うことがあります。
 撮影した映像・写真は、各メディア媒体およびパラサポWEBサイト、
 印刷物等に掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

 PICK UP

各地のソウルフードを食べつくせ!グルメコーナー
パラ駅伝出場チームの地元、16都道県とカンボジアから、それぞれのソウルフードが集結。
「オラが地元のチームを応援!」。各地のグルメでお腹を満たして、選手たちを全力で応援してください。
(出展予定)
北海道・岩手県・宮城県・福島県・茨城県・栃木県
群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・長野県
静岡県・鳥取県・熊本県・大分県・カンボジア

※ 昨年は、芋煮(新潟県)、富士宮やきそば(静岡県)、牛タン焼き(宮城県)などが行列に。
※ メニューなど最新情報は、パラ駅伝公式SNSおよびパラ駅伝公式サイトにてご確認ください。
 

oenブースコーナー #oen2020
東京2020パラリンピック競技大会へ向け、皆さんの気持ちをメッセージにしてフラッグに書いていただくコーナー。パラ駅伝オリジナルフレームで写真が撮れるフォトブースも設置予定。

-------------------------------------
イベント情報は、パラ駅伝公式サイト、パラサポ公式サイト、公式SNSでも発信してまいります。
■ パラ駅伝公式HP  : https://www.parasapo.tokyo/paraekiden/
■ パラサポ公式HP  : https://www.parasapo.tokyo/
■ パラ駅伝・ParaFes公式SNS  :【twitter】 https://twitter.com/parasapo_event
                 【Instagram】 https://www.instagram.com/parasapo_event/
■ パラサポ公式Facebook :https://www.facebook.com/parasapo/
-------------------------------------

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター >
  3. 「パラ駅伝in TOKYO 2019」~健常者と障がい者ランナーがタスキをつなぐ、パラスポーツの一大イベント~ 全国各地より17チーム、海外はカンボジアより1チームが揃い踏み