令和元年東日本台風より1年。阿武隈急行、全線再開を記念し、阿武急の魅力を感じられる、体験型謎解きイベント「阿武Q暗号列車」を11/7より開催。

阿武隈急行を愛する、福島県出身のミュージシャン古川太一さん(KONCOS/LEARNERS)がイラストを提供

情報解禁:即日


関係者各位

いつもお世話になっております。
この度、株式会社バッドニュース(東京都渋谷区 代表:千葉和利)は、宮城県からの委託事業として、阿武隈急行全線運行再開を記念し、2020年11月7日(土)〜2021年2月7日(日)まで、阿武隈急行線の列車に乗って風光明媚な景色を楽しみながら、沿線の魅力を再発見する体験型謎解きゲームイベント「阿武隈急行×ナゾトキアドベンチャー 阿武Q暗号列車 〜暗号がつなぐ希望の線路(レール)」を開催致します。

福島駅(福島県福島市)と槻木駅(宮城県柴田町)を結ぶ阿武隈急行線は、令和元年東日本台風で、甚大な被害を受け、運休を余儀なくされました。そして一年に及ぶ懸命な復旧作業により、本日10月31日から丸森〜富野間の運行本数を減らして再開となりました。
この全線運行再開を記念して、阿武隈急行沿線を舞台に、参加者がストーリーの主人公となって目の前に立ちはだかる謎を解いて物語を進めゲームクリアを目指す体験型謎解きゲームイベントを開催。宮城・福島・エクストラステージ3つの舞台をご用意し、各ステージクリア者に抽選で、阿武隈急行沿線名産詰め合わせプレゼントを実施いたします。同時に、阿武急の魅力を再発見する、#阿武急わたしの撮っておき写真 コンテストも開催致します。
また、メインビジュアルの阿武急沿線のスポット・名産のイラストを、福島県生まれのミュージシャン古川太一さん(KONCOS/LEARNERS)が担当。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【阿武Q暗号列車 開催に寄せて】
阿武隈急行 代表取締役社長 菅原久吉よりメッセージ
阿武隈急行は,地域の皆様に支えられ、お陰様で令和元年東日本台風から1年となる10月31日に全線再開通することができました。
阿武隈急行沿線地域には、風光明媚な景色が広がるとともに,見所やグルメもたくさんあります。『阿武Q暗号列車』で謎解きを楽しみながら、地域を周遊していただき、この機会に、阿武隈急行、そして地域の魅力を存分に体感してください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

阿武隈急行株式会社
代表取締役社長 菅原 久吉
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■福島県出身のミュージシャン古川太一さんが、阿武隈急行沿線のスポット・名産のイラストを担当
今回のメインビジュアル内の、阿武隈急行沿線のスポット・名産品を、阿武隈急行を愛する福島県出身のミュージシャン古川太一(KONCOS/LEARNERS)が担当。阿武隈急行1日フリー乗車券(平日)のデザインも行う。今後、イラストを使ったグッズ化も予定している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
古川太一よりメッセージ
鉄道は幼い頃から大好きで、福島に住んでいる時も何度も東北本線や磐越西線、磐越東線に会津鉄道、
そして阿武隈急行などなど、休みの度に乗りに行きました。今回、イラストで阿武隈急行に関わることができてとても光栄です。
また冬になったら乗りに行かないと。
古川太一(Anoraks/KONCOS/LEARNERS)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

古川太一古川太一

阿武隈急行沿線イラスト阿武隈急行沿線イラスト

 

1日フリー乗車券(平日) 枚数限定1日フリー乗車券(平日) 枚数限定


■宮城ステージ、福島ステージの2ルートに加え、エクストラステージの3ステージが立ちはだかる
今回は、宮城ステージ(槻木駅〜あぶくま駅)、福島ステージ(福島駅〜兜駅)の2つのコースがあり、さらに、この2つのコースともにクリアした者だけが、挑戦できる「エクストラステージ」が皆様を待ち受けます。
*1時間に運行する電車の本数が限られておりますので、時刻表を確認しながらお楽しみ下さい。特に、丸森・あぶくま・兜・富野駅間は本数が少なく、県境を越えますと戻りの電車が無くなることもありますので、必ず往復の時刻表を十分に確認の上、ご参加願います。

各ステージのクリア者に抽選で、阿武隈急行沿線の特産物詰め合わせをプレゼント!
宮城ステージ、福島ステージ、エクストラステージの各ステージのクリア者でアンケート解答者を対象に、抽選で阿武隈急行沿線名産詰め合わせをプレゼント。当選者の発表は、賞品の発送を持って代えさせていただきます。
全ステージクリア賞:1万円相当5名様、5千円相当10名様
宮城ステージクリア賞:3千円相当 45名様
福島ステージクリア賞:3千円相当 40名様

阿武隈急行沿線特産詰め合わせ (イメージとなります)阿武隈急行沿線特産詰め合わせ (イメージとなります)


#阿武急わたしの撮っておき写真 コンテスト開催!
阿武Q暗号列車に参加して、阿武隈急行の魅力を再発見しよう。阿武隈急行の車窓から見える蔵王山、田園風景、阿武隈川や、沿線で出逢った美味しいご飯やさん、真っ直ぐに伸びる線路、おもしろ・びっくりスポットなどと、一緒に阿武Q暗号列車の謎解きブックを一緒に撮影した、あなたが選ぶ「撮」っておきの1枚を選んで、#阿武急わたしの撮っておき写真 を付けてSNS(Twitter、Instagram、Facebook)に投稿するだけ! #阿武急わたしの撮っておき写真賞は、事務局にて投稿写真の中から20名様を選び、DMにてご連絡させていただきます。

#阿武急わたしの撮っておき写真賞
阿武急クッキー+阿武隈急行オリジナルグッズ 20名様

■イベント概要
[開催期間] 2020年11月7日(土)〜2021年2月7日(日) 
[開催場所] 阿武隈急行沿線
[参加費] 無料 *移動に関わる費用はご自身の負担となります。
便利な1日フリー乗車券(平日700円/子供350円、休日300円)をご利用下さい。

※フリー乗車券は、枚数限定販売の為、無くなり次第終了となります。
1日フリー乗車券販売駅:阿武隈急行線 有人駅(角田駅・丸森駅・梁川駅・保原駅・福島駅)にてフリー乗車券を販売しておりますが、
JR槻木駅ではフリー乗車券はご購入いただけませんので予めご了承願います。

 

[謎解きブック配布場所]
仙台市観光情報センター(JR仙台駅2Fびゅうプラザ内)、JR槻木駅、角田駅、丸森駅、梁川駅、保原駅、福島駅
柴田町: 船岡生涯学習センター・槻木生涯学習センター・船迫生涯学習センター・柴田町図書館・柴田町「太陽の村」
柴田町観光物産交流館「さくらの里」・柴田町まちづくり推進センター・JR東北本線船岡駅
角田市: 道の駅かくだ・市民センター・スペースタワー・コスモハウス
丸森町: 丸森町観光案内所・不動尊公園キャンプ場・あぶくま荘・阿武隈ライン舟下り発着場・齋理屋敷
伊達市: まちの駅やながわ
福島市: 福島駅(西口観光案内所・東口観光案内所)・福島情報ステーション(コラッセふくしま)

■ストーリー
阿武隈急行には不思議な噂がある。

その噂とは、暗号列車と呼ばれる幻の列車だ。
時刻表に載っていないその列車は、いつ、どこで、どうやって乗れるのか誰も知らない。
ただ、この暗号列車に乗ることができれば、
これまで見ていた阿武隈急行の駅や景色が様々な暗号や謎へと変わり、
さらにその暗号を全て解くことで、
誰も見たことのない希望のレールに辿り着けるという。
 
興味本位で阿武隈急行へとやって来たキミは、
幻の暗号列車に乗り阿武隈急行の暗号や謎を目にすることができるだろうか?
そして、全ての暗号を解いた先にある希望のレールとは一体・・・

■イベントに関するお問い合わせ: 宮城県総合交通対策課 TEL: 022-211-2436(平日 8:30〜17:15)
阿武Q暗号列車 HP http://www.nazoad.com/abuq
■クレジット: [主催]宮城県 [協力]阿武隈急行株式会社、阿武隈急行沿線開発推進協議会 [企画制作]ナゾトキアドベンチャー

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社バッドニュース >
  3. 令和元年東日本台風より1年。阿武隈急行、全線再開を記念し、阿武急の魅力を感じられる、体験型謎解きイベント「阿武Q暗号列車」を11/7より開催。