豊田通商とパートナー契約を締結完了 量子コンピュータクラウド「Fixstars Amplify」でMaaSへ

マルチコアCPU/GPU/FPGAを用いた高速化技術のグローバルリーダーである株式会社フィックスターズ(東証1部:3687、代表取締役社長 CEO:三木 聡)は、豊田通商株式会社(東証1部8015、代表取締役社長:貸谷 伊知郎、以下:豊田通商)と量子コンピューティングクラウド「Fixstars Amplify」のパートナー契約を締結しました。豊田通商がMaaS(Mobility as a Service)の拡充を、Amplifyで加速して参ります。

 

 

Fixstars Amplifyは、「量子アニーリングマシン」や「イジングマシン」と呼ばれる専用マシンを使ったシステム開発・運用を実現する

Fixstars Amplify(https://amplify.fixstars.com/)は、「組合せ最適化問題」と呼ばれる問題に特化した量子コンピューティングクラウドサービスです。クラウド上の量子コンピュータなどを使ったシステム開発や運用を実現できます。

組合せ最適化問題は金融業界のポートフォリオ最適化や輸送業界の配送計画最適化、エッセンシャルワーカーの高速なシフト調整など、様々な産業応用ができます。深い業界の知見に基づいた活用が期待されています。

豊田通商は、モビリティに対する幅広いサービスの開発と提供に取り組んでいます。量子コンピューティングによる組合せ最適化は渋滞緩和や緊急車両の優先的な経路最適化などで研究成果が報告されており、Fixstars Amplifyを使ったサービスの開発・改善を目指します。

フィックスターズによる技術力と豊田通商による業界知見を掛け合わせ、両社でMaaS領域の量子コンピューティング応用を加速してまいります。

フィックスターズではこれからも組合せ最適化に特化した量子コンピュータクラウドの実応用を加速するため、Fixstars Amplifyを使ったサービス開発・運用のパートナー開拓を推進して参ります。
 

株式会社フィックスターズについて
フィックスターズは、"Speed up your Business" をコーポレートメッセージとして掲げるテクノロジーカンパニーです。マルチコアプロセッサを効率的に利用するためのソフトウェアの並列化および最適化と、省電力かつ高速IOを実現する新メモリ技術を活用したアプリケーションの高速化を通じて、医療、製造、金融、エンターテインメントなど、様々な分野のお客様のビジネスを加速し、グリーンITを実現しています。
https://www.fixstars.com/ja/
 

豊田通商株式会社について
豊田通商は1948年にトヨタグループの商社として設立されました。完成車輸出や自動車生産支援を軸に事業を拡大。7つの営業本部(金属、グローバル部品・ロジスティクス、自動車、機械・エネルギー・プラントプロジェクト、化学品・エレクトロニクス、食料・生活産業、アフリカ)を有し、未来における利便性の高い社会(Mobility事業)、持続可能な社会(Resources & Environment事業)、快適ですこやかな社会(Life & Community事業)の3つの事業領域において豊かな社会づくりに貢献すべく世界約120カ国で、グループ社員約64,000名が事業に従事しています。
https://www.toyota-tsusho.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フィックスターズ >
  3. 豊田通商とパートナー契約を締結完了 量子コンピュータクラウド「Fixstars Amplify」でMaaSへ