Plug and Play Japan、新拠点「Plug and Play Kyoto」を開設

京都を世界有数のスタートアップ・エコシステム拠点に「ハードテック / ヘルスケア」分野のプログラムを2019年末より開始予定

Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、2019年7月22日に、日本で2つ目となる拠点を京都府京都市に開設することを発表いたします。

Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを、大手企業と共に支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターです。
毎年50を超えるアクセレーションプログラムを実施し、300社以上の企業へイノベーション推進のソリューションを提供、また2006年の創立から2,000社を超えるスタートアップのアクセラレーション(成長支援)を行ってきました。

※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業・出資などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム。

日本法人は2017年7月に設立され、現在まで3回のプログラムを実施、合計133社の国内外のスタートアップをプログラムに採択、国内大手企業である企業パートナーと共に支援していきました。2019年6月7日時点で、企業パートナーは30社となりました。
今回、日本で2つ目となる新しい拠点を、下記のファウンディング(創設)パートナーと共に京都に開設いたします。


京都は、長い歴史の中で産業、文化、学術などの資産が蓄積され、伝統産業が多い一方で、進取の精神にも富み、高度な加工技術をベースにしたグローバル製造業や付加価値の高い電子部品などの産業が発達してきました。様々な時代の変化の中で、革新を続けてきたからこそ、世界でも類をみない歴史をもつ企業が生まれ、日本で最も伝統産業の集積比率が高く、ものづくりに魅力がある街となっています。一方で、全国有数の大学が数多く立地し、京都府・京都市のスタートアップ支援に対する取り組みも進んでいるため、優秀な起業家や良質なスタートアップが生まれる素地が整っていることが大きな魅力となっています。

Plug and Play Kyotoの1つ目のプログラムは、京都の強みである、ものづくりとライフサイエンスを基軸とした「ハードテック / ヘルスケア」をテーマとし、京都府、京都市、経済四団体等の支援機関が集結する京都経済センター(2019年3月設立)のオープンイノベーションカフェ「KOIN」、四条烏丸に設立予定のengawa KYOTO、産業支援に実績がある京都リサーチパークで実施いたします。なお、Plug and Play Kyotoのオフィスは、engawa KYOTOに設置いたします。
京都が古くからスタートアップの都として、産官学が産業支援に連携して取り組んできたように、本プログラムにおいても、京都府、京都市、京都知恵産業創造の森、京都リサーチパーク等のサポーターを得てプログラムを運営します。
 

 

 

京都を世界有数のスタートアップ・エコシステムの場にすることがPlug and Playのミッションです。
Plug and Play のプログラムでは、採択される約半数が海外のスタートアップになります。世界14ヶ国30拠点(2019年6月7日時点)に広がるネットワークを活かして、世界でも類をみない歴史をもつ企業が生まれた京都で、プログラムを運営することを通じて、次の時代を創る事業を創出すべく、様々な国内外のスタートアップと大企業との共創を支援し、グローバルに開かれたスタートアップ・エコシステムづくりを目指してまいります。

第一回のアクセラレーションプログラムへのスタートアップの募集は、7月24日(水)に開始し、9月24日(火)に締め切る予定です。また、島津製作所、京セラ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、電通に続く企業パートナーも随時募集しています。


■ファウンディング・パートナーのコメント

株式会社島津製作所 常務執行役員 基盤技術研究所長 北岡 光夫様

当社は「科学技術で社会に貢献する」の社是の下に、様々なお客様に製品・技術をご提供してまいりました。近年は、培ってきた分析技術を医療分野、特に疾患の早期発見につなげる「アドバンストヘルスケア」に力を入れており、ここでは人に寄り添う技術・サービスが重要になると考えています。新たな事業をドライブする力としてこのたびスタートする「Plug and Play Kyoto」でのオープンイノベーションには大きな期待を抱いています。

京セラ株式会社 執行役員上席 研究開発本部長 稲垣 正祥様

Plug and Play京都拠点の開設、おめでとうございます。京都は「創業100年でやっと一人前」と言われる程、長年事業を営む老舗が多い土地ですが、一方で若い起業家を育成しようという気風も、伝統的に受け継がれている面があります。京セラの創業時にも、他社様より出資を得て、更にその社屋を借りて創業し、支援者の中には、自宅を抵当に入れてまで銀行から資金を借り入れ、若干27歳の稲盛を支援する方もいました。今風に言えば「エンジェル」そのものです。近江商人にも「三方良し」の考え方があります。自社の成長のみならず「利他」の精神で、意欲ある起業家の支援、革新的な新産業の創出に貢献し、エコシステム全体の繁栄の一端を担えればと思います。

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 執行役専務 堀 直樹様

Plug and Play Kyotoの拠点開設、誠におめでとうございます。京都から世界へ、世界から京都へ、多くの魅力あるスタートアップ企業が行き来するゲートウェイとしての役割をPlug and Play Kyotoには期待しています。MUFGは今年5月に、今後成長が見込まれる分野で事業を営む皆様をご支援する新組織・成長産業支援室を立ち上げました。スタートアップ企業・オープンイノベーションに取り組まれる企業の皆様方と共に成長することを目指すと共に、総合金融グループとして京都が育むスタートアップエコシステムの発展にも貢献して参る所存です。

株式会社電通 執行役員 関西支社長 八木 隆史様

この度はPlug and Playの日本における2拠点目のファウンディングパートナーとして参画できることを光栄に思います。グローバル化、AI化など様々な波が押し寄せる今、オリジナリティこそが競争力の源泉です。日本を代表する多くの企業が生まれた関西には、日本オリジンの着想や発想が溢れています。起業家精神が根底に流れる関西エリアの潜在力を武器とし、若いビジネスが世界に羽ばたいていけるよう、Plug and Play、参画するスタートアップおよび会員企業の皆様方と力を合わせていく所存であります。

■サポーターのコメント

京都府 知事 西脇 隆俊様

「Plug and Play Kyoto」の開設を心からお慶び申し上げます。京都府は、経済センターを核に関係機関と連携し、「オール京都」で貴社を応援します。ともに、世界から人材や企業が集う「スタートアップの都 京都」の実現を目指しましょう。

京都市 市長 門川 大作様

「京都経済百年の計」である京都経済センターが竣工した記念すべき年に、Plug and Playの新拠点をここ京都にお迎えできますことを、大変嬉しく思います。御社が京都の地域企業や大学と共に推進されるオープンイノベーションにより、多くのベンチャー企業が世界に羽ばたかれるよう、共々に力を尽くしてまいりましょう。

一般社団法人京都知恵産業創造の森 理事長 立石 義雄様

オープンイノベーションカフェ「KOIN」は交流と融合により、新たな価値を創造する場であり、「KOIN」を運営する(一社)京都知恵産業創造の森も、Plug and Play社のエコシステムに賛同し、協力してまいります。

京都リサーチパーク 代表取締役社長 小川 信也様

ご一緒に検討させて頂いていた京都開催が決まり大変嬉しく思っています。今年30周年を迎えるKRP地区も、イノベーションを志す世界中の方々に、より魅力的な交流の舞台を提供することで、京都からの新事業創出に貢献してまいります。

■Plug and Play Kyoto 概要
開設日:2019年7月22日(月)
所在地:〒600-8412 京都府京都市下京区二帖半敷町647 engawa KYOTO 2F

■engawa KYOTOについて
名称:engawa KYOTO
URL:https://www.engawakyoto.com/
開設日:2019年7月22日 (月)
所在地:〒600-8412 京都府京都市下京区二帖半敷町647
事業内容:事業共創拠点(コワーキング、シェアオフィス、ビジネス支援の各種プログラム)

■京都リサーチパークについて
開設日:1989年10月1日
所在地:〒600-8813京都府京都市下京区中堂寺南町134

Plug and Play Japanのアクセラレーションプログラムについて
2018年11月〜2019年3月期に東京にて実施したアクセラレーションプログラム 「Batch 2」では、 4業界(IoT、Fintech、Insurtech、Mobility)において、公式パートナーである国内大手企業22社と共に、国内外併せて59社のスタートアップを支援しました。成果発表会であるEXPO(一般的にDemo Dayと呼ばれるもの)では、2日間を通して53社のスタートアップが3ヶ月間の成果を発表、1,533名が参加しました。現在はSummer/Fall 2019 Batchを5業界 (IoT、Fintech、Insurtech、Mobility、Brand & Retail)において、2019年6月3日より9月までの約3ヶ月間、東京にて実施しています。

Plug and Play の実績について
昨年2018年はプログラムを通じて、米国本社では560社以上の、グローバルでは1,100社を超えるスタートアップを支援し、投資は222社の投資を実施しました。現在は Guardant Health、Honey、Soundhound、Zoosk 等を含めた 750 社のアクティブな ポートフォリオ企業を所有しています。
エグジットの成功例としては、Dropbox (時価総額110 億ドルでの IPO)、PayPal(Ebay により買収)、Vudu(Walmart により買収)、Danger と Powerset(Microsoft により買収)、Lending Club (時価総額90 億ドルでの IPO)、直近ではGuardant Health(時価総額16億ドルでのIPO)などがあります。


会社概要
名称    Plug and Play Japan株式会社
所在地   〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F代表者   
代表取締役社長  ヴィンセント・フィリップ
URL    http://japan.plugandplaytechcenter.com/
設立年月日 2017年7月14日

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Plug and Play Japan株式会社 >
  3. Plug and Play Japan、新拠点「Plug and Play Kyoto」を開設