【祝1周年!】見えにくい社会課題「働きたい」を解決する在宅就業支援事業OKOSHI!

お取引先様拡大中!文字起こしサービス1周年を記念して、各業界からいただいたコメントを紹介します!
「見えない壁だって、越えられる。」をコンセプトに活動する特定非営利活動法人モンキーマジック(以下「NPO法人モンキーマジック」、代表理事 小林幸一郎)は、在宅就業支援事業・文字起こしサービス「OKOSHI(おこし)」の一周年を迎えました。

OKOSHIロゴOKOSHIロゴ

■お取引先様(一部)からのコメント
<慶應義塾大学 体育研究所 教授 野口和行様>
様々な障害や疾患、または経済的な問題や家庭の問題などにより様々な配慮や支援が必要となる人々を対象にした、キャンプやアウトドアでの楽しみ方を広める活動(スペシャルニーズ・キャンプ・ネットワーク:SNCN)をしています。これまで2回のフォーラムを実施し、様々な立場の方と交流、情報交換を行ってきました。その内容の文字起こしをOKOSHIにお願いしました。私たちがこれまで語ってきた「言葉」を、OKOSHIに「文字」に起こしていただき、私たちが発信することで、お互いの価値を高め合うことができたと思います。就業の機会、余暇の充実、生きがいの創造、様々なニーズを持つ人たちのQuality of Lifeを高める活動を、ともに手を携えて取り組んでいけたらと思っています。

<丸紅従業員組合様>
迅速にご対応頂きどうもありがとうございました。事業のさらなる発展を期待しております。

<株式会社リバネス様(教育、研究、創業支援)>
動画やレコーダーの音声などを、資料も見ながら丁寧に文字起こしいただくので、報告書やWebページ紹介の際にとても役立ちます。

<PR会社様>
当社のクライアントが取材されたニュース番組の特集を記録するため依頼しました。ちょうど業務が立て込んでいた時期だったのですが、スピーディーに読みやすいフォーマットに仕上げていただき助かりました。
 

文字起こし活用メリット文字起こし活用メリット


■OKOSHI事業責任者コメント
<NPO法人モンキーマジック 副代表理事 水谷理>
今後さらに事業を拡げられる二年目を迎えられたと感じています。一年目は内側の体制づくりへのウェイトが高かったぶん、事業の土台がしっかりとできました。
たとえば現在、各地域の在宅就業タイピストとの連絡は主にチャットを利用して連絡体制の効率化を測り、間接作業時間は品質向上にあてています。お預かりした音声データのノイズ低減やエコー除去を行い、聞き取りやすい音声データで作業を進めるため、お取引先様へは安定した品質で納品をしています。

「障壁の有無問わず、同じ条件で稼ごう」をミッションに掲げているOKOSHIを、お取引先様には社会課題解決のプラットフォームとして応援いただいておりますが、まずなによりも品質を評価いただきご発注いただけていることを嬉しく思います。

今後は新規受注の営業に力を注ぎます。現在、契約先拡大に向けて、事業説明の機会を頂戴しております。ご興味持っていただけるご担当者様、いつでもご連絡ください。

■OKOSHIにつて
障害の有無を問わず、様々なマイノリティ(社会的少数者)の抱える「稼ぎたい・働きたい」という見えにくい社会課題を、リモートワーク(在宅ワーク)を支援することで解決する在宅就業支援事業です。

NPO法人モンキーマジックは、2005年よりフリークライミングを通じて、視覚障害者をはじめとする人々の可能性を大きく広げることを目的とし、活動しているNPO法人です。本事業は、運動機会やレクリエーションの提供を行ってきた法人が、「働く」という経済活動での社会参加を促す新事業として、2018年7月にスタートいたしました。

文字起こしサービス「OKOSHI」
https://okoshi.monkeymagic.or.jp/

実績・契約先(一部)実績・契約先(一部)


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人モンキーマジック >
  3. 【祝1周年!】見えにくい社会課題「働きたい」を解決する在宅就業支援事業OKOSHI!