Blue Prism、2019年度Artificial Intelligence (AI) Breakthrough Awardを受賞

2019年度のAI Breakthrough Awardsプログラムで2年連続「Best Robotic Process Automation (RPA) Company」の称号を受ける

Blue Prismは、2年連続でAI BreakthroughのRPA部門において最優秀企業賞を受賞したことを発表しました。AI Breakthroughは、世界の人工知能市場をリードする企業やテクノロジー、製品を評価する、マーケティングインテリジェンスの主導的機関です。
*当報道資料は、2019年6月26日(現地時間)に、英国ロンドン/米国テキサス州オースティンにおいて発表されたプレスリリースの抄訳です。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先いたします。予めご了承下さい。
 


【2019年7月18日】世界で最も成功を収めるデジタルワークフォースのプロバイダーであるBlue Prism (*1)(〔AIM: PRSM 〕、本社:英国ロンドン、CEO:アレスター・バスゲート、日本法人Blue Prism株式会社、本社:東京都港区、社長:長谷 太志)は、本日、Blue Prismが2年連続でAI Breakthrough (*2) のRPA部門において最優秀企業賞(Best Robotic Process Automation (RPA) Company)を受賞したことを発表しました。AI Breakthroughは、世界の人工知能(AI)市場をリードする企業やテクノロジー、製品を評価する、マーケティングインテリジェンスの主導的機関です。
*1) https://www.blueprism.com/investors
*2) http://aibreakthroughawards.com/

Blue Prismは、昨年の栄誉に満足することなく、その後もインテリジェントオートメーションの進化を推進してきました。AI専門の研究所を設立し、AI機能を組み込んだ製品ロードマップを発表するなど、ここ最近もR&D能力の拡張 (*3) を表明しています。Blue Prismのconnected-RPA(コネクテッドRPA)ビジョン (*4) を推進するBlue Prism研究所には、様々なAI分野の博士号レベルの科学研究者およびエンジニアが結集しています。ワールドクラスのこの専門家集団が、AI機能を組み込んだBlue Prism製品の開発を推進しています。
*3) https://www.blueprism.com/news/blue-prism-expands-r-d-capabilities-adding-dedicated-ai-labs-and-outlines-roadmap-for-embedded-ai-capabilities
*4) https://www.blueprism.com/news/blue-prism-drives-new-era-of-collaborative-innovation-and-intelligent-automation-with-connected-rpa

自己学習と継続的改善ができ、またミッションクリティカルなプロセスを安全に自動化できるデジタルワークフォースをユーザーに提供できるのは、これらの継続的な努力が基になっています。このように進化した自動化を導入することで、従業員は単純作業から解放され、イノベーションを創出し、共有することができるようになります。

Blue Prismのグローバルパートナー戦略&パートナープログラム シニアバイスプレジデントであるリンダ・ドッツ(Linda Dotts)は次のように述べています。
「Blue Prismでは、自動化により変革を起こせることを信じています。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)のパイオニアとして、またリーダーとしてのBlue Prismの使命は、協働する人間の同僚から学ぶことができ、インテリジェントで適応力のあるデジタルワーカーを提供し、複雑なタスクやプロセスを誰もが自動化できるようにし、個々の問題を企業家的思考で解決できるよう、変革を後押しすることです。Blue Prismは、コンピュータビジョンから自然言語処理や強化学習に至る幅広い分野の優秀な人材をチームに迎え入れ、パートナーと共にRPA市場を牽引していきます。2年連続で、2019年度もAI Breakthrough Awardを受賞できたことを心から誇らしく思います」

AI Breakthrough Awardsの使命は、AIプラットフォーム、ディープラーニング、スマートロボティクス、ビジネスインテリジェンス(BI)、自然言語処理(NLP)、業界固有のAIアプリケーションをはじめとする、幅広いAIおよび機械学習に関連する分野における優れた企業を評価し、その革新性、たゆまぬ努力、成功を認知することです。本年度のプログラムには、世界15ヶ国以上から2,500を超える応募がありました。

AI Breakthroughのマネージングディレクターを務めるジェイムズ・ジョンソン(James Johnson)氏は次のように述べています。
「専門家によるアドバイスを提供し、デリバリーパートナーと緊密に連携するBlue Prismは、顧客が、上位のビジネスの意思決定者からの期待値や、自動化の導入を進める中で発生しうる、知識やスキルのギャップを正しくコントロールするための支援を行っています。Blue Prismのconnected-RPAビジョンは、高度なデジタルワークフォースを提供することにより、起業家精神を持った従業員が革新的なサービスを創造することを手助けし、彼らの創造性と革新性をより一層発揮できるようにする、大きな可能性を秘めています。その革新的精神、業界のリーダーとしての地位と成功を称え、今年もBlue PrismをRPA部門の最優秀企業として認知できることは大きな喜びです。Blue Prismチームの皆さん、2年連続のAI Breakthrough Awards受賞おめでとうございます」

■AI Breakthroughについて
世界的なテクノロジーの革新性とリーダーシップを認知するためのマーケットインテリジェンスおよびプラットフォームの提供で世界をリードするTech Breakthrough (*5) の一翼を担うAI Breakthrough Awardsプログラムは、優れた人工知能の技術、サービス、企業および製品を称えることを目的としたプログラムです。AI Breakthrough Awardsは、AIプラットフォーム、ロボティクス、ビジネスインテリジェンス、AIハードウェア、NLP、ビジョン、生体認証などの分野におけるAI企業および製品の業績を表彰します。詳細は、AIBreakthroughAwards.com (*6) をご覧ください。
*5) https://techbreakthroughawards.com/
*6) https://aibreakthroughawards.com/

■Blue Prismについて
新規参入企業が市場を変革させることも珍しくないこのデジタル時代に生き残り、成功できるのは、状況に応じて的確かつ迅速に対応し、革新を進める企業だけです。ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を世界に先駆けて開発してきたBlue Prismは、信頼できる安全なインテリジェントオートメーションとしてフォーチュン500に名を連ねる企業や公共機関に採用されてきました。そして今、Blue Prismは、企業のデジタルイノベーターが更なるイノベーションの力を得られるようDigital Exchange(DX)アプリストアがサポートするconnected-RPA(コネクテッドRPA)を提供します。

Blue Prismのconnected-RPAはミッションクリティカルな業務の自動化を可能にし、従業員をよりクリエイティブで意義のある仕事に専念できるようにします。現在、1,300社を超える企業のお客様がBlue Prismのデジタルワークフォースを活用しており、その結果、数億もの時間をビジネスに還元しつつ、何十億もの処理の自動化が実現されています。

Blue Prism(AIM:PRSM)の詳細は、www.blueprism.com/japan をご覧ください。また、Twitter@blue_prismやLinkedInでBlue Prismをフォローしてください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Blue Prism >
  3. Blue Prism、2019年度Artificial Intelligence (AI) Breakthrough Awardを受賞