TikTokが2019年クリエイター育成プログラムの開始を発表

1,000人のクリエイターを募集、フォロワー10,000人達成まで育成・サポートを行う

本日、ショートフォームのモバイル向けビデオに最適なプラットフォームを提供しているTikTokは、2018年の振り返りと共に、日本でのさらなる成長と発展を遂げるための2019年の事業計画について発表しました。

◆2018年の振り返り

ByteDance株式会社 グローバルビジネスデベロップメント本部長 井藤 理人

TikTokは世界中からアイデアが集まるプラットフォームとなり、国境を超えて様々なコンテンツを生み出してきました。2018年第四半期の時点でTikTokに投稿されている60%以上は、多様なジャンルにカテゴライズされ、トップ5のカテゴリーはVlog、絵画や陶器、ショートコント、ペットや動物、グルメです。さらに、急成長しているトップ10のカテゴリーには、ファッション、スポーツ、歌唱、料理、仕事術やDIY、メイク、旅行、チュートリアル、楽器パフォーマンス、そしてフィットネスがあり、これらのカテゴリーから、ヒットし人気が出た動画がTikTok上でうまれたと発表しました。誰もがクリエイターになるチャンスがあり、多くの人々にとって意味のある動画を共有することができる、幅広いカテゴリーに適したプラットフォームであることを証明しました。

TikTokは、ユーザーが自分のビデオを通して自分の情熱と創造的な表現を共有し、コミュニティを構築することを奨励しています。各地域の文化やトレンドに関連したコンテンツを作成するための、強力なローカライズ戦略とオペレーションチームを持っており、2018年には日本では280以上のハッシュタグチャレンジを行いました。

また、オリジナリティとクリエイティブな表現を奨励しており、「こっちを見て」「全力顔」「投げキッス運動」「言いなり選手権」といった、TikTokのクリエイターによって作られたオリジナルのサウンドトラックや音楽をプロモーションすることに成功。さらに、日本で2回のオンラインコンテスト("TikTokerバトル"、"TikTokオーディション")を開催し、10万人を超えるユーザーがチャレンジに参加し、167,500本の動画が作成されました。

 


◆2019年TikTokクリエイター育成プログラムについて

ByteDance株式会社 副社長 西田 真樹

TikTokはクリエイターに対し、コンテンツのパフォーマンスに関するインサイト、プロモーション、成長の機会などの、クリエイティブのプロセスを通じてリソースを提供いたします。分析と技術によるサポートやクリエイター同士の交流、新機能の先行体験、ブランドプロモーションへの参加といった機会提供を通して、クリエイターの成長をサポートします。

2019年には、TikTokは5億円に相当するリソースを利用し、クリエイターのショートビデオ製作及びブランドプロモーションをサポートします。ファッション、コスメ、グルメ、ゲーム、旅行、二次元など20カテゴリーのクリエイターを1,000人公募し、フォロワー10,000人達成まで育成・サポートします。

TikTokはプログラムに参加するクリエイターに専属のビデオ製作及びテクニカルサポートを提供し、インタネット、テレビ、オフラインOOHなど全方位の露出機会を与えます。また、人気クリエイターに対しては、チャレンジの事前体験や新機能のテスト、ブランドプロモーションに参加する機会なども提供します。

 
◆今後のプロジェクト
・「TikTokクリエイターズラボ」(2月16日):日本で最初のオフラインのクリエイターイベントを開催し、500人以上のTikTokクリエイター及びネットインフルエンサーを招待

・「TikTokオーディション2019」(3月): ショートビデオのオーディションを開催
 

◆TikTokについて
TikTokは世界中にショートフォームのモバイル向けビデオに最適なプラットフォームを提供しています。我々のミッションは、スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、日常生活における大切な瞬間をとらえ、表現できるようにすることにあります。TikTokは誰もがクリエイターになることを可能にし、自分が撮ったビデオを通じてクリエイティブな表現と情熱をシェアできるよう手助けします。TikTokは北京、ベルリン、ジャカルタ、ロンドン、ロサンゼルス、モスクワ、ムンバイ、サンパウロ、ソウル、上海、シンガポール、東京に拠点を置いています。2018年初めにTikTokは世界で最も多くダウンロードされたアプリの1つになりました。TikTokのアプリは全世界でiOS と Androidのいずれの端末でも利用できます。TikTokについての詳細はtiktok.comをご覧ください。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bytedance株式会社 >
  3. TikTokが2019年クリエイター育成プログラムの開始を発表