オートアライアンスが「働き方改革」の一環として、テレワークス実証実験を開始。子育て世代からシニア世代まで、様々なライフステージに合った柔軟な働き方の実現を目指す。

今後、企業が持続的な成長を実現するためには、少子高齢化などの進行によって国内における労働力の確保が大きな課題となることが予想される中、オートアライアンスでは、政府が推進する「働き方改革」の切り札でもある「テレワーク」の実証実験を開始いたしました。

「テレワーク」の日本国内での導入は、中堅中小企業では1割にも満たないという現状であり、子育て世代からシニア世代まで、一人ひとりのライフステージに合わせた多様な働き方の提供は、企業の競争力の源泉になるだけでなく、地方創生にもつながる重要な取り組みであるとオートアライアンスではとらえている。

テレワーク成功の鍵は労務管理にあるとも言われているが、オートアライアンスでは、グループ会社であるカスタマークラウド株式会社(本社:福岡県福岡市 / 以下、カスタマークラウド)の開発・提供するシステムや様々なクラウドサービスを活用することで生産性を高める取り組みを行っており、今回の実証実験を通して蓄積したノウハウをグループ各社に展開していくことも視野に入れている。

また、オートアライアンス/株式会社フタバに導入しているコワーキングスペース「Work Lounge Lab 熊本流通団地」などとの連携、社内サテライトオフィス(スポットオフィス)の設置の導入なども検討することで、多様性を確保しながら、生産性の高い職場環境作りを目指している。

「Work Lounge Lab 熊本流通団地」について
http://autoalliance.jp/update/1371/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オートアライアンス / Auto Alliance >
  3. オートアライアンスが「働き方改革」の一環として、テレワークス実証実験を開始。子育て世代からシニア世代まで、様々なライフステージに合った柔軟な働き方の実現を目指す。