「 TAITRA台湾貿易センター 」 と 連携協定締結(国内金融機関との初連携!!)

神奈川県下における中小企業の海外ニーズに対する支援を推進

「横浜信用金庫」×「台湾貿易センター」
海外企業とのビジネスマッチングがオンラインで実現
「Yokohama Big Advance」に海外企業が参加し、「海外Big Advance」がついにスタート!
協力:公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)国際ビジネス支援担当
横浜信用金庫(横浜市中区 理事長 大前 茂 以下、「当金庫」という。)は、台湾貿易センター東京事務所(東京都千代田区 所長 陳 英顯 以下、「台湾貿易センター」という。)と連携協定を締結しました。これによりBig Advance(以下、「BA」という。)に加入している約4万社に及ぶ中小企業と台湾の企業とのビジネスマッチングをオンラインWEBサービスで実現します。

台湾貿易センター東京事務所 所長 陳 英顯(右)
横浜信用金庫ソリューション支援部 部長 泉地 晃宏(左)

BAに加入している中小企業が、台湾貿易センターが掲載している台湾企業の個別ニーズに商談を申込み、商談が申し込まれると台湾貿易センターが台湾企業に、依頼元企業の情報を伝え、実際の商談につなげていくスキームです。
台湾貿易センターがサポートすることにより、国内の中小企業が海外企業とのマッチングの際に抱える言語や契約、物流など海外進出に関するハードルを下げることに繋がります。今後はセミナーの開催などを通して幅広く本サービスを周知していきます。
当金庫が2018年4月に「Yokohama Big Advance」(以下、「YBA」という。)をリリースしてから、すでに国内60(当金庫含む)の金融機関がBAに参加しています。国内企業をつなぐ金融機関連携プラットフォームとして、年間3千件を超える商談を生み出していますが、そこに台湾企業が加わることで手軽に海外企業と商談できる仕組みが構築されました。
【背景】
YBAのパートナー企業として連携していた公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)の協力により今回の連携協定に結びつきました。台湾貿易センターが金融機関と連携するのは国内初となります。なお海外企業と常時商談できるオンラインサイトを信用金庫が運営するのは珍しいものです。
【仕組み】
YBA内のビジネスマッチング機能で検索、もしくは海外BAのバナーをクリックすると台湾貿易センター内ページに遷移します。現在5社の台湾企業が掲載されており、商談申し込みが可能となっています。

・商談申込フロー図

【Yokohama Big Advanceの概要】
名称 Yokohama Big Advance (YBA)
事業内容 中小企業をトータルサポートするWEBプラットフォームサービスとして、当金庫と株式会社ココペリが共同開発したもので、当金庫では「Yokohama Big Advance」として2018年4月に全国で初めて取扱いを開始しました。「金融サービス革命で地域を幸せに」をコンセプトに、中小企業の成長を全面的にサポートする新たな価値を提供しています。


【台湾貿易センターの概要】

名称 台湾貿易センター 東京事務所
所在地 東京都千代田区麹町1-10 澤田麹町ビル3階
代表者 東京事務所所長 陳 英顯
事業内容 台湾政府と業界団体の支援により設立された日本のジェトロに相当する非営利公的貿易振興機構で、日本企業と台湾企業とのビジネスマッチング、投資及び技術協力提携などをサポートしています。


【公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)国際ビジネス支援担当の概要】

名称 公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)
所在地 横浜市中区日本大通11番地 横浜情報文化センター7階
代表者 理事長 菅井 忠彦
事業内容 横浜市中小企業支援センターとして、横浜市内中小企業等の海外ビジネス展開を促進するため、海外提携機関等と連携し、海外現地情報提供や販路開拓支援、ビジネスマッチングなどを行っています。


 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜信用金庫 >
  3. 「 TAITRA台湾貿易センター 」 と 連携協定締結(国内金融機関との初連携!!)