コールマン、Made in U.S.Aの限定版ランタン「シーズンズランタン2020」を12月中旬より発売〜売り上げの一部を公益財団法人「そらぷちキッズキャンプ」に寄付〜

コールマン ジャパン株式会社は、リミテッドエディション(限定版)のランタン「シーズンズランタン2020」を、12月中旬より発売します。本製品は、1970年代初頭トレードスタンプを集めた人のみが手に入れることのできた特注モデルのランタンカラーを復刻しています。当時、アウトドアがレジャーとして広く定着し、ファミリーキャンプのみならず、様々なキャンプスタイルで楽しみを広げていくなかで、まさにプレミアム・ランタンとなりました。一目でそれとわかるレトロなマスタードカラーが特徴的なランタンです。

 

★★★シーズンズランタン2020の製品特徴★★★
特徴① ランタンモデルはシーズンズランタン定番の「200B」
特徴② 190キャンドルパワー(約130W相当)の明るさ
特徴③ オリジナルのキャリーケースは限定カラー、
            貝殻のように開閉するクラムシェル型

「シーズンズランタン2020」の店頭販売価格の3%を、公益財団法人そらぷちキッズキャンプの活動支援として寄付します。
 

<Coleman History>
創業者のW.C.コールマンが米国カンザス州ウィチタにて「機能しなければ支払い不要」を合言葉にランプのレンタル業からスタート。1914年に開発した屋外用全天候型ガソリン・ランタン(アーク・ランタン)は、“真夜中の太陽”と賞されアメリカの地方生活を一変させました。第一次世界大戦中にランタンが米国政府の重要物資に指定されたことを期に、1920年代には組織的な販売網を持つようになり、ランタンの生産量も拡大。世界に優れた技術と高い生産能力を認められました。世界大戦後は、世の中の移り変わりとともにアウトドアレジャー分野に進出、そして1960年代後半にはキャンプ用品全般に商品ラインを広げ、総合アウトドアメーカーとしての地位を確立させました。

シーズンズランタンとは?
シーズンズランタンは、コールマン ジャパンが日本国内で独自に企画し、米国本社の工場で製造されるリミテッドエディション(限定版)のランタンです。2005年から販売されています。実用的なランタンとしてだけではなく、コレクションアイテムとしても楽しめる人気の製品です。


詳細は以下のURLよりリリース本文をご覧ください。
http://www.coleman.co.jp/company/pressroom/pressrelease/2019/2019-Coleman-SeasonsLantern2020.pdf

【コールマン ジャパン株式会社について】
総合アウトドアレクリエーションのリーディングカンパニーとして、コールマン®、セビラー®、パドルジャンパー®、エアロベッド®およびキャンピングガス®の各種製品の企画・製造、輸入および国内販売を行っています。設立:1976年5月
代表取締役社長:中里 豊
従業員数:220名(2019年2月現在)
住所:〒108-0023 東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル
 
■コールマン ジャパン http://www.coleman.co.jp/
- YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/ColemanJAPANtv
- ツイッター(@Coleman_Japan) https://twitter.com/coleman_japan
- フェイスブック https://www.facebook.com/ColemanJapan/
- インスタグラム https://instagram.com/coleman_japan/ 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニューウェルブランズ・ジャパン合同会社 コールマン事業部 >
  3. コールマン、Made in U.S.Aの限定版ランタン「シーズンズランタン2020」を12月中旬より発売〜売り上げの一部を公益財団法人「そらぷちキッズキャンプ」に寄付〜