アールイズ・ウエディング 1年8ヶ月ぶりのハワイウエディング

やっぱりハワイウエディングは最幸でした。2人の大きな愛と強い決意が夢を叶えた。心待ちにした”しあわせの扉”がついにオープン!!

海外・国内(沖縄)リゾートウエディングブランド「アールイズ・ウエディング」を展開する株式会社グッドラック・コーポレーション(本社:東京都目黒区 代表取締役:堀田和宣)は、2021年11月に1年8ヶ月ぶりにハワイでの結婚式を再開いたしました。グランドオープン&リニューアルオープンをしたチャペルにて、待望の結婚式を実施いたしましたので、リアルカップル2組様のウエディングレポートをお届けします。

ザ・ダイヤモンドヘッドチャペルザ・ダイヤモンドヘッドチャペル

厚生労働省が発表した2020年の婚姻組数が戦後最少の約53万組となったことを受け、コロナ禍の2020年に婚姻を延期・取りやめたカップルの理由を探った「リクルートブライダル総研」(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001285.000011414.html)によると、”結婚式ができないから”と回答したカップルが約3割いました。多くのカップルにとって、結婚式が思い通りにならないのならば、婚姻自体も延期するという決断をするほど、結婚式が大切なものと再認識しました。

ご新郎様・ご新婦様の夢や想いを叶えるために、アールイズ・ウエディングでは安心してハワイウエディングが楽しめるよう、最善の体制でカップルを迎え入れる準備をしてまいりました。この時代だからこそ、“愛する人”たちと叶えられる、海外リゾートウエディングwithコロナを考え抜いてアップグレードしたアールイズ・ウエディングで「しあわせ」をかたちにしませんか。
 
  • 2021年11月19日(金)挙式  ザ・ダイヤモンドヘッドチャペル(シェラトン・ワイキキ内)

 

 

 

当初、2020年5月グランドオープンの予定だった「ザ・ダイヤモンドヘッドチャペル」。コロナ禍により、オープンの時を待ち続け、ついに記念すべき1組目の結婚式の扉を開くことができました。ハワイウエディングへの想い、準備~結婚式まで挙式をされたおふたりへお話しを聞かせていただきました。

―ハワイウエディングをしようと決断したきっかけは
結婚式を挙げてから妊活をしたいと思っていて、いつ結婚式ができるかわからないことが辛い時期がありました。11月に出来なかったら国内に変更しようと考えていましたが、ハワイウエディングが再開され、行けるようになってよかったです。
もともと結婚式はリゾートウエディングみたいな感じがいいよねと話していて、2人ともハワイに行ったことがなかったので、ハネムーンがてら一緒にできたらいいなと思っていて、そこはブレることがなかったです。

―準備をしていく中で大変だったことは
結婚式の準備や衣裳選びはアールイズ・ウエディングへ定期的に伺い、サポートをしてもらいましたが、旅行手配(渡航のための申請や書面)の準備に時間がかかりました。
自分たちで飛行機の手配をしていたので、運休(2回)の影響でチケットの取り直しやお申込み窓口の変更、減便による帰国日の調整などが大変でしたが、ここまできたら何かしらいける方法はあると思って強気でいました。
準備に関しては、実際に行った方々が行き方や書類の書き方などを「YouTube」へあげてくれていたので、参考にしていました。

―ハワイウエディングはいかがでしたか
ハワイならではのカフー先生に儀式をしてもらい、貴重な経験ができたのがすごくよかったです。
スタッフのみなさまが優しくて温かかったです。特にカメラマンがおもしろくて、さすがプロだなと思いました。終始笑いをこらえるのが大変でした(笑)。メイクさんやコーディネーターさんからは、ビーチ撮影へ向かうリムジンの移動のときなどに、結婚式のことだけでなく、レストランの予約の仕方やお店を紹介してくれて、みんなで手伝ってくれました。
 
  • 2021年11月3日(水)挙式 ザ・モアナチャペル(モアナ サーフライダー ウェスティンリゾート&スパ内)


ハワイの人気会場のひとつ「ザ・モアナチャペル」は、2020年4月より再開の時を待ちわび、2021年・秋リニューアルオープンをいたしました。高校生のときから、ハワイのモアナサーフライダーで結婚式をすることが夢だったご新婦様とその夢を叶えるために奮闘したご新郎様にお話しを聞かせていただきました。

―11月に結婚式をやると決めた理由は
11月3日はふたりにとって大切な記念日で、もともと2020年11月3日挙式の予定でした。コロナの影響で、2021年4月に延期をしたのち、1年後の2021年11月3日に変更しました。
2回の日程変更は私たちがどうにかできることではなく、変更せざるを得なかったけれど、ハワイウエディングの再開を聞き、初めて自分たちに決定権があり、選べることがうれしかったです。

―国内への変更ではなく、ハワイにこだわった理由は
両親も楽しみにしていたので早く国内で見せた方がいいのかなと思い、国内式場の話も聞きにいきました。
ハワイウエディングが夢だったので、前向きに探すことはできなく、ご新郎様より「顔が全然たのしくなさそう、それだったら辞めたほうがいい。」といわれました。一番たのしく結婚式の準備を進められるのが、アールイズ・ウエディングでした。

―結婚式をしていかがでしたか
結婚式の前日「やっとここまで来れた、ほっとした」というのがありました。家族の安心・安全も考えたり、コロナの感染予防など、結婚式とは別の不安がたくさんあったので安心しました。
結婚式の当日は、お支度からたくさんのスタッフさんに囲まれて賑やかに準備を進められて楽しくて、時間も忘れるくらいでした。天気にも恵まれて、チャペルの扉が開いた瞬間の青空と緑のコントラストがすごくきれいでした。
 
  • プレ花&卒花公式アンバサダー【アールイズ花嫁】募集中※2021年12月14日(火)23:59応募締切
アールイズ・ウエディングでは、私たちと一緒にリゾートウエディングの魅力を発信してくださるプレ花嫁&卒花の皆様を募集しております。選ばれた方には、挙式準備~当日レポートなど投稿&リポストやインスタLIVEへの出演も予定しております。詳しくは、Instagram:@arluiswedding #アールイズウエディングよりご覧ください。



≪2021年秋・NEWオープン情報≫
GRAND OPEN:ザ・ダイヤモンドヘッドチャペル (シェラトン・ワイキキ内)
2020年大改装した”シェラトン・ワイキキ”の最上階31階にグランドオープン。ワイキキの海とダイヤモンドヘッドを一望する絶景の『ザ・ダイヤモンドヘッドチャペル』。ハワイらしい時間を楽しめるOHANA TIMEでは、トロリーライドやビーチフォト、ハワイらしいワークショップをご用意しました。さらに挙式をサポートするスタッフはハワイでトップレベルのプロフェッショナル集団にお任せください。

GRAND OPEN& RENEWAL OPEN:ザ・モアナチャペル (モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ”内)
創業120周年を迎える”モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ”内『ザ・モアナチャペル』がホテルの伝統を受け継ぎ”モアナ・ホワイト”が織りなす白亜の高貴なチャペルへ生まれ変わります。さらに、ワイキキの海に最も近い贅沢なガーデンウエディングも選べるようになり、待望のハワイウエディングが叶えられます。

「結婚式」の時間だけではなく「旅」も楽しめるリゾートウエディング。待ちに待った、憧れのハワイ”ワイキキ”で愛する人たちと過ごす、この上ない喜びと感動を体感ください。

<アールイズ・ウエディング概要>
・HP:https://www.arluis.com/
・Instagram:https://www.instagram.com/arluiswedding/ @arluiswedding #アールイズウエディング
※結婚式に関するご相談はリゾートウエディング相談カウンターご来店はじめ、オンラインも完備

<会社概要>
会社名 :株式会社グッドラック・コーポレーション
設立 :2003年10月
所在地:〒153‐0061 東京都目黒区中目黒1-1-71 KN代官山1階
代表者 :代表取締役社長 堀田和宣
事業内容:海外・国内リゾートウエディングの企画・運営

『世界中を幸せに』を企業理念に、海外・国内リゾートにおける結婚式の企画・運営事業を展開。
「風までも、思い出になるウエディング」をコンセプトに、ハワイ・グアムの海外挙式・沖縄リゾート挙式を手掛けるウエディングブランド「アールイズ・ウエディング」、オリジナルドレスブランド「ウィズ ア ホワイト」、映像・写真に特化した「グローバルピクチャーズ」の3つの事業に加え、2019年8月よりリゾートウエディングとは切り離せない、旅行をサポートするサービス「アールイズ・トラベル」を開始。ウエディングプランナーに加えトラベルプランナーと相談カウンター内で打ち合わせ可能になり、リゾート地への出発から到着、現地でのウエディング&パーティ、その後のハネムーンまでのトータルサービスをお客様へご提供しております。

※2018年5月22日第1種旅行業(観光庁長官登録旅行業第 2069 号)取得。

新しいアールイズ・ウエディングへ。
このたび、わたしたちはプレミアホテルグループを展開するケン不動産リース株式会社に2020年10月グループ入りしました。同社とは13年前にシェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート内のホワイトアロウチャペルに始まり、現在ではグアムのわたしたちの全てのチャペルがプレミアムホテルグループのホテル内にあります。

同社にはこれからもたくさんのプロジェクトがあります。パートナーシップを今まで以上に強化することにより、これからの新しい時代にふさわしいウエディングが創造できることにとてもわくわくしています。

創業のとき、「こんな結婚式ができたらいいな」と、リゾートウエディングに可能性を感じていたウエディングプランナーの気持ちを大切に、新しいアールイズ・ウエディングを創り出していきます。

株式会社グッドラック・コーポレーション
アールイズ・ウエディング
代表取締役社長  堀田 和宣


●アールイズ・ウエディングが展開するチャペル
 [沖縄]
・ザ・ギノザリゾート 美らの教会
・瀬良垣島教会(ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄内)
・白の教会(ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ内)
・奏の教会(シギラセブンマイルズリゾート内)
・葵の教会(シギラセブンマイルズリゾート内)
 
[ハワイ]
・ザ・ダイヤモンドヘッドチャペル(シェラトン・ワイキキ内 2021年オープン)
・ザ・モアナチャペル(モアナ サーフライダー ウェスティン リゾート&スパ内)
・ザ・マカナチャペル(シェラトン・ワイキキ内)
・キャルバリー・バイ・ザ・シー教会

[グアム]
・シェラトン・ラグーナ ホワイトアロウチャペル(シェラトン・ラグーナ・グアム・リゾート内)
・ジュエル・バイ・ザ・シー アット ハイアット リージェンシー グアム(ハイアット リージェンシー グアム内)
・クリスタルチャペル(ホテル・ニッコー・グアム内)
・プレミアスカイウエディング(ザ・ツバキタワー内)

 <ケン不動産リース株式会社>
会社名:ケン不動産リース株式会社
設立:1977年4月
所在地:〒106-0031 東京都港区西麻布1-2-7
代表者:代表取締役社長 佐藤 繁
事業内容:都内におけるマンション・オフィスビルなどの賃貸物件運営・管理・国内外でのホテル事業

 ​●ケン不動産リース株式会社が展開するブランドおよびホテル一覧

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グッドラック・コーポレーション >
  3. アールイズ・ウエディング 1年8ヶ月ぶりのハワイウエディング