令和元年度川崎市都市ブランド推進事業 自分の住むまち“川崎”への「その愛は本物か?」オープンデータを使って地域の魅力を発信する 川崎シビックパワーバトル2019 開催

令和元年12月15日(日)13:00~15:00 / アトレ川崎4階「コモレビテラス」 http://cpb.openkawasaki.org/

 2019年12月15日(日)、アトレ川崎4階「コモレビテラス」において、プレゼン形式でバトル(まちを自慢)しあう地域の魅力発信を目的としたイベント「川崎シビックパワーバトル2019」が、「川崎市都市ブランド推進事業」(※)として開催されます。
 「シビックパワーバトル」は、主にオープンデータ(※)を活用し、客観的なデータをもとに、今まで埋もれていた、または知らなかった自分の住む「まちの魅力」を発掘し、プレゼン形式でバトル(まちを自慢)しあう地域の魅力発信を目的としたイベントです。
 昨年度初めて開催した「川崎シビックパワーバトル2018」では、川崎の北部と南部の2チームに分かれ、南部は病院の多さや小売店の多さなどから暮らしやすさを、北部は都内への交通網やNPO法人数の多さなどから新しい働き方のできるまちとしてアピールしました。
 今回の「川崎シビックパワーバトル2019」は、12名のメンバーを「子どもの暮らし」「コミュニティと居場所」「高齢者の暮らし」といったテーマごとに3つのチームに分け、地域で課題を感じている人を抽象化したペルソナ(想定人物)を設定し、オープンデータ(※)等を活用しながら課題の解決やまちの魅力を発表していきます。
 客観的なデータをもとに「まちの魅力」を発見するだけでなく、自分の住むまちにより興味を持っていただけることを期待して実施いたします。
 

※2018年開催時の様子※2018年開催時の様子














実施概要
名  称  川崎シビックパワーバトル2019
開催日時  令和元年12月15日(日)13:00~15:00
開催場所  アトレ川崎4階「コモレビテラス」(JR川崎駅北改札上)
発表内容(予定)  
 ①小学生の子どものいる夫婦をペルソナとし、子育てをする上での「安全」「医療」「遊び」をテーマに発表
 ②市内に引っ越してきた出産後間もない母親をペルソナとし、「コミュニティ」や「居場所」をテーマに発表
 ③市内に長年住む高齢の夫婦をペルソナとし、「高齢者の暮らし」について発表

観  覧 者  100名程度(観覧無料)
投  票  当日観覧者の投票により勝者を決定
主  催  オープン川崎/Code for Kawasaki http://openkawasaki.org/
共  催  アーバンデータチャレンジ2018実行委員会、シンジョーまちなカレッジ
協  力  シビックパワーアライアンス実行委員会

(※)川崎市都市ブランド推進事業…個人や民間事業者、団体等と連携し、「川崎市の都市イメージ向上」や「市民の川崎への愛着・誇りの醸成」を図る事業です。市から選定された事業は、市の助成金や広報等の支援が受けられます。    
(※)オープンデータ…行政や企業が公開する統計データや文献などを指し、インターネットなどを通じて誰でも自由に入手し、利用・再配布できるデータの総称。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 川崎市 >
  3. 令和元年度川崎市都市ブランド推進事業 自分の住むまち“川崎”への「その愛は本物か?」オープンデータを使って地域の魅力を発信する 川崎シビックパワーバトル2019 開催