オンライン学習プラットフォームSchooが、事業拡大によるオフィス移転でsubsclifeのサブスク家具を導入

令和のオフィスづくりは、subsclifeで。

株式会社subsclife(渋谷区、代表:町野 健、以下subsclife)は、オンライン学習プラットフォーム『Schoo(スクー)』を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下:Schoo)の事業拡大によるオフィス移転でsubsclifeの提供する月額制のサブスク家具を導入いただいたことをお知らせいたします。


【導入担当者のコメント】
株式会社Schoo デザイン部門 デザイナー 竹下 想氏

オフィスを移転するにあたり2つの課題がありました。
1つ目は、事業拡大のための順次増員が見込まれること。
2つ目は、導入コストを抑えつつブランドイメージをどのように反映していくかということ。
2つの条件を満たす方法を探していたところsubsclifeのサービスを見つけました。
デザインの面とコストの面で条件を満たす魅力的な提案をいだだけたことが決め手となりました。


【空間コーディネートのポイント】
今回は執務室、会議室、コミュニケーションスペースの家具のコーディネートご提案をしました。
ご予算内で、満足いく空間のテイスト、最適な家具を選ぶことに尽力いたしました。
会議室やコミュニケーションスペースは、「会話」「コミュニケーション」を重視した空間を要望いただきましたため、ゆったりくつろげる大きめのソファや、会話や創造を広げる書籍を魅力的にディスプレイできるシェルフを選定。会議室は、商談の目的以外に、社内の1on1の場所としても活用するとのことで、「フレキシブル」な会議室をテーマにスタッキングできるチェアを提案いたしました。すでに利用していたオフィス家具や、企業のブランド、雰囲気を考慮してコーディネートいたしました。新しい空間が、社員のコミュニケーションの促進につながり、さらなる事業成長に少しでも貢献できましたら嬉しいです。

Interior Coordinator:Hannah S CHIHARU
Sales Consultant:Emma J MAMIKO
 

【Schooについて】
オンライン生放送学習コミュニティ『Schoo(スクー)』を運営。2012年のサービス開始以降毎日生放送授業を配信。授業ジャンルは、すぐに使えるビジネススキル・プログラミング・経済・デザイン・思考法・文章術や働き方・お金・健康まで幅広く制作。過去の放送は録画授業とし約4,700本公開中。生放送は無料、録画授業は見放題プラン「新プレミアムサービス(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)」がある。個人会員数は40万人を突破(2019年12月末時点)。ビジネスプランは学習動画を元にした研修カリキュラムの提供やレポート提出、利用者の学習時間・学習傾向から興味のある分野を分析でき、導入企業は累計1,000社(2020年1月末時点)。「世の中から卒業をなくす」をミッションに掲げ、オンラインで学校を再発明すべく地方自治体や大学・教育機関との連携を強めている。
http://corp.schoo.jp/


 

【subsclife(サブスクライフ)について】
「家の中を、世界一、豊かな国へ。」をビジョンに掲げ、暮らしにサブスクという新しい選択肢を提供しています。subsclifeは、subscription(定期購買)+life(暮らし)の造語で、月額制で必要な時に、必要な分だけ、暮らしに必要なモノを利用できるサービスです。初期費用を大幅に軽減し、新品でデザイン性の高い家具・家電を利用できて、気に入ったら買い取ることも可能です。レンタルは使い続けると定価を超えますが、私たちsubsclifeは、使い続けても商品価格を超えない月額料金設定です。さらに、利用時の傷等の保証付きで安心してご利用いただけます。価値あるモノとそれを支える方々を大切にし、サブスクで提供することで、より消費者に提供しやすい仕組みを実現してまいります。


【会社概要】
会社名 :株式会社subsclife
代表取締役 :町野 健
事業内容 :暮らし、家具のサブスクリプション型サービス(月額制レンタルサービス)の企画・開発
設立日 :2016年11月9日
URL :https://subsclife.com/




 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社subsclife >
  3. オンライン学習プラットフォームSchooが、事業拡大によるオフィス移転でsubsclifeのサブスク家具を導入