ビットキーのスマートロック「bitlock シリーズ」が伊藤忠商事の保有する賃貸マンションに導入決定

伊藤忠商事の保有及び竣工予定の賃貸マンションへの順次導入を目指す

デジタルキープラットフォーム開発の株式会社ビットキー(所在地:東京都中央区、代表取締役:江尻祐樹・福澤匡規・寳槻昌則、https://bitkey.co.jp/、以下ビットキー)は、伊藤忠商事株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木 善久、https://www.itochu.co.jp/ja/index.html、以下伊藤忠商事)が保有する中野区の賃貸マンション「レジディア中野Ⅱ」に、セキュリティ向上、物件価値向上を目的として、エントランスドアのオートロックをスマートフォンで解錠できる「bitlock GATE(ビットロック ゲート)」、入居者の玄関のドアの鍵をスマートフォンで解錠できるスマートロック「bitloick LITE(ビットロック ライト)」およびbitlockの管理システム「bitlock MANAGER」が採用されたことをお知らせします。今後は、伊藤忠商事の保有及び竣工予定の賃貸マンションへの順次展開を目指していきます。


■「bitlock GATE(ビットロック ゲート)」とは

ビットキーが開発したオートロック付マンションのエントランスドア用のスマートロックです。スマートフォンアプリやbitbutton(ビットボタン)から扉の鍵を簡単に開閉可能です。居住者が不在の場合でも、居住者が予め許可することで、配達員や、家事代行スタッフなどが「人・時間・回数」などの制限付きデジタルキーを用い、スマホでオートロックのエントランスを開けることができます。
 


■「bitlock LITE(ビットロック ライト)」とは
 ビットキーが開発するスマートロックです。スマートフォンや専用のリモコンキー「bitbutton(ビットボタン)」から扉の鍵を開閉ができる機能に加えて、ビットキーが開発した「人・時間・空間を柔軟に指定できる鍵=bitkey(ビットキー)」の機能により、非常に汎用性が高いながらも、安全な鍵の開閉を可能にしました。また、「手ぶら解錠」機能も備えており、スマホをカバンに入れておくだけで鍵の開閉が可能です。

■「bitlock Manager(ビットロック マネージャー)」とは
 bitlock MANAGERは、bitlockシリーズを効率的に管理するためのシステムです。デジタルキーの発行や削除、利用権限の設定等を行うことができ、物理的な鍵の管理・受け渡し業務が効率化されます。また、入居の期間しか使えないカギの発行や、退去の際のカギの自動削除、業者や内見希望者の空き部屋への入退室履歴の取得など、物件管理の業務を踏まえた機能を備えています。

【会社概要】
社名  :株式会社ビットキー
所在地 :東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン14F
代表者 :代表取締役CEO 江尻祐樹
     代表取締役COO 福澤匡規
     代表取締役CCO 寳槻昌則
創業  :2018年8月1日
資本金 :5,217,475,700円(2020年6月5日現在 資本準備金を含む)
事業概要:次世代ID/Key bitkeyの企画・開発・運用
     bitkeyを利用したスマートロックの開発・製造・販売・運用
     bitkeyを利用したサービスプラットフォームの企画・開発・運用
     *「ビットキー」「bitkey」(大文字小文字含む)は当社の登録商標です
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ビットキー >
  3. ビットキーのスマートロック「bitlock シリーズ」が伊藤忠商事の保有する賃貸マンションに導入決定