シンガポール航空、チャンギ国際空港第3ターミナルのシルバークリスラウンジとクリスフライヤーゴールドラウンジを刷新

シンガポール航空(本社:シンガポール、CEO:ゴー・チュンポン)は、チャンギ国際空港第3ターミナルにあるシンガポール航空の新しい旗艦ラウンジ、シルバークリスラウンジおよびクリスフライヤーゴールドラウンジのリニューアルオープンを発表しました。これは、今後予想される国際旅行需要の高まりに伴い、顧客体験の強化を通し当社のハブであるチャンギ国際空港の更なる飛躍を目的とし、5,000万シンガポールドルをかけ、デザインをリフレッシュするとともに施設をアップグレードしスペースも拡張したものです。

シンガポール航空(本社:シンガポール、CEO:ゴー・チュンポン)は、チャンギ国際空港第3ターミナルにあるシンガポール航空の新しい旗艦ラウンジ、シルバークリスラウンジおよびクリスフライヤーゴールドラウンジのリニューアルオープンを発表しました。これは、今後予想される国際旅行需要の高まりに伴い、顧客体験の強化を通し当社のハブであるチャンギ国際空港の更なる飛躍を目的とし、5,000万シンガポールドルをかけ、デザインをリフレッシュするとともに施設をアップグレードしスペースも拡張したものです。

今回のリニューアルで、シルバークリスラウンジ内のザ・プライベート・ルーム、ファーストクラスエリア、ビジネスクラスエリア、クリスフライヤーゴールドラウンジは、延床面積が6,100平米となり、収容人数は約1,150名、座席とスペースが30%増加しました。

多様な旅行者の快適性と利便性を高め、進化し続けるニーズに対応し、考え抜かれて設計されたこの新しいラウンジにて、お客様は世界に誇るサービスや魅力的なお食事、お飲み物を24時間いつでもお楽しみいただけます。

シンガポール航空CEOのゴー・チュンポンは、次のように述べています。
「新しい両ラウンジのデザインは、多くのお客様の声とリサーチによって形となりました。お客様には快適で安らげる新ラウンジで、シンガポール航空ならではのおもてなしを体験し、リフレッシュして旅に出かけていただけると確信しています。この度のリニューアルは、シンガポール航空がプレミアム・ブランドとして成長していくという決意のあらわれです。またチャンギ国際空港の顔となる航空会社としての当社の地位を強化し、世界有数の航空ハブとしてのシンガポールの将来に対する当社の自信を反映しています」

ラウンジのリニューアルは、シンガポールに拠点を置く著名なホスピタリティ・デザイン会社、ハーシュ・ベドナー・アソシエイツ(Hirsch Bedner Associates)と共同で行い、時代を超えたエレガンスを体現しながら、最新の設備とモダンなアメニティを取り入れた現代的な創りとなっています。フライト前、ラウンジに入った瞬間から、シンガポール航空のプレミアムなサービスを楽しみながらお寛ぎいただけます。

ザ・プライベート・ルーム

ザ・プライベート・ルームは、シルバークリスラウンジ内で最も上質な空間です。お客様をお迎えするラウンジのロビーには、天井のラリック(LALIQUE)社製のライト・ドームをはじめ、上質でエレガントなデザインをラウンジ内の至る所でお楽しみいただけます。ザ・プライベート・ルームでは、スイートおよびファーストクラスのお客様を最大78名様まで収容でき、ブース席やデイルームなど、仕事や休憩に適した設備が整っています。また、コース料理やお飲み物もお楽しみいただけます。

シルバークリスラウンジ ファーストクラスエリア

ソリティアPPSクラブ会員のお客様も、スイートおよびファーストクラスのお客様同様に、シルバークリスラウンジ内のファーストクラスエリアを利用することができます。ファーストクラスエリアでは、リクライニングチェアやテンピュール社のスプリーム・ファーム・マットレス付き「Zero-G®」ベッドなどが備わった、プライバシーにも配慮された新しいデイルームもあります。ライブ・クッキング・ステーションではその場で調理した、バクテー、パスタ、朝食用の卵料理など、いつも人気のメニューを多数お楽しみいただけます。人気のバーには、シンガポール航空のシグネチャーであるバティックの花、アクアティック・ジンジャーをイメージしたラリック社製のクリスタルの花が飾られています。朝はバリスタが作る新鮮なコーヒー、夜はシグネチャーカクテルなど、飲み物のセレクションもさらに充実しました。

シルバークリスラウンジ ビジネスクラスエリア

20%拡張したシルバークリスラウンジのビジネスクラスエリアは、4つの異なるエリアがあり、ビジネスクラスをご利用のお客様ならびにPPSクラブ会員のお客様にご利用いただけます。休息をとるための静かな休憩エリア、豊富なセルフサービスビュッフェを備えたメインダイニングホールエリア、ソファシートやプロダクティビティ・ポッド(個別の作業用スペース)を備えたリビングルームエリア、外出先でも軽食を楽しめるオープンコンセプトのコートヤード・スタイルエリアなど、さまざまなエリアがあります。一人旅でも、仲間や大切な人との旅でも、お好きなように仕事をしたり、お食事や休息をとって頂ける快適な空間を提供いたします。朝はバリスタが、夜はバーテンダーがサービスを提供する新しいフルサービス形式のバーでは、離着陸する航空機を眺めながら、お好みの一杯を楽しむことができます。

クリスフライヤーゴールドラウンジ

クリスフライヤーゴールドラウンジは従来2倍以上の広さになり、開放的で現代的なデザインになりました。空港滑走路の広大な景色を同ラウンジからご覧いただけます。お客様の声にお応えして、ダイニングエリアやオープンコンセプトのワークスペースを拡大し、専用の化粧室やシャワー設備も完備しました。ラクサ、シンガポールでは定番の朝食であるチークエ(chwee kueh)、蒸したての点心などの人気メニューをはじめ、様々な食事や飲み物をお楽しみいただけます。

シルバークリスラウンジ内のザ・プライベート・ルームおよびファーストクラスエリアは、2022年5月31日のシンガポール時間18時からお客様をお迎えする予定です。なお、シルバークリスラウンジ内のビジネスクラスエリアおよびクリスフライヤーゴールドラウンジはすでに営業を始めています。

高解像度の画像や動画は下記URLよりダウンロードをお願いします。
https://bit.ly/3lUfqGk


シンガポール航空について
シンガポール航空グループは、マラヤンエアウェイズ・リミテッドを前身に1947年に設立しました。その後、マレーシアエアウェイズ・リミテッド、さらにマレーシア・シンガポール航空(MSA)に社名を変更。1972年には、MSAがシンガポール航空とマレーシア航空に分離しました。当初は保有機10機で18か国22都市に運航をしていましたが、現在は世界的なインターナショナルエアライングループに成長しました。シンガポール航空は、そのブランドの果たすべき役割として3つの柱である「Service Excellence」、「Product Leadership」、「Network Connectivity」の向上に継続的に取り組んでいます。

シンガポール航空は「スターアライアンス」に加盟しています。シンガポール航空公式ウェブサイト: singaporeair.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンガポール航空 >
  3. シンガポール航空、チャンギ国際空港第3ターミナルのシルバークリスラウンジとクリスフライヤーゴールドラウンジを刷新