リーグ戦再開時より、JX通信社が提供するコンテンツ自動生成システム導入のお知らせ

横浜FCでは、株式会社JX通信社のニュースエンジン「XWire」を活用した、試合に関連する画像・動 画・文章コンテンツをリアルタイムに自動生成するシステムを横浜FC公式 Twitterアカウント(@yokohama_fc)に導入いたしました。


スターティングメンバーの選手紹介や、試合中のゴールや選手交代、試合後のスタッツ紹介などのリッチなコンテンツを瞬時に自動生成し、試合の臨場感そのままに情報発信をすることが可能になります。

 

本システムは、2020シーズン開幕のアウェイヴィッセル神戸戦で試験導入をしておりましたが、7月4日(土)から再開する2020明治安田生命J1リーグ第2節vs北海道コンサドーレ札幌戦より、横浜FC公式Twitter「@yokohama_fc」にて正式に導入いたし ます。

サポーターの皆さまと共にSNSを通じてリモートマッチからスタートするJリーグを盛り上げていきたいと考えておりますの で、ぜひ横浜FC公式アカウントをフォローしていただきコンテンツをお楽しみください。

投稿は #yokohamafc #横浜FC でリアルタイムに更新する予定です。

■横浜FC 公式Twitter
https://twitter.com/yokohama_fc (@yokohama_fc)

 ■JX通信社について


JX通信社は、報道分野に特化したテックベンチャーです。 SNS情報をAIが収集・配信する企業向けサービス「FASTALERT」、速報ニュースアプリ「NewsDigest」な どのサービスを提供しています。

Webサイト: https://jxpress.net/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社横浜フリエスポーツクラブ >
  3. リーグ戦再開時より、JX通信社が提供するコンテンツ自動生成システム導入のお知らせ