多種多様な11件、中小企業等のDX化モデルケースを採択!

モデルケースの情報発信を通じて、広く福岡市内中小企業等のDX化を促進します。

福岡市は、公益財団法人九州先端科学技術研究所とともに、コロナ禍において、福岡市内中小企業等がデジタル技術を用いて経営基盤強化、ニューノーマルな社会に対応した事業再構築を進めるための支援を実施しております。
この度、モデルケースとなりうる取組みを公募し、採択事業が決定しました。
今後は、具体的な取組みの情報発信を通じて、広く福岡市内中小企業等のデジタルトランスフォーメーション化の促進を図ります。

 


採択事業は下記をご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d48792-20210802-ff8591389778abf49e5370158cfb3c85.pdf

今後は、採択事業のDX化の取組に際し、公益財団法人九州先端科学技術研究所が伴走支援を行います。
またモデル事業者として、具体的な取組み内容やその進捗、課題であったことや取組み効果について、情報発信イベントの中で発表して参ります。

<今後のスケジュール>
 令和3年10〜11月頃 中間報告会
 令和4年2月頃    成果報告会

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 福岡市役所 >
  3. 多種多様な11件、中小企業等のDX化モデルケースを採択!