「メットライフドームエリアの改修計画」の竣工式を本日実施~音楽グループ「ケツメイシ」とタイアップしたスペシャルムービーも本日から公開~

3年間の改修工事が完了

 株式会社西武ライオンズ(本社:埼玉県所沢市、代表取締役社長:居郷 肇)では、2017年11月15日(水)に発表いたしました「メットライフドームエリアの改修計画」に基づき、2017 年12 月より各施設の改修工事を進めておりましたが、この度、すべての施設の工事が完了し、本日メットライフドームにて竣工式を執り行いました。

 

神事の様子神事の様子

 

 

 

 

西武ライオンズ取締役オーナー後藤高志(右) 埼玉西武ライオンズ監督辻発彦(左)西武ライオンズ取締役オーナー後藤高志(右) 埼玉西武ライオンズ監督辻発彦(左)

 

 

 

メットライフドーム メインゲートメットライフドーム メインゲート

 竣工式には、当社取締役オーナーの後藤 高志のほか、代表取締役社長の居郷 肇、埼玉西武ライオンズ監督の辻󠄀 発彦、施工主である鹿島建設株式会社代表取締役社長の押味 至一様など約50人が出席し、メットライフドームの末永い繁栄を祈願して玉串を捧げました。

 今後は、改修・新設いたしました各施設でお客さまをお迎えする準備を整え、今月16日

 

(火)のメットライフドームでのオープン戦初日から座席の稼働が始まるほか、公式戦開幕日の26日(金)にはすべての施設がオープンする予定です(※)。
 また本日、当球団のオフィシャルサイト内「ENJOY!ALL! メットライフドームエリア グランドオープン特設サイト(https://grandopen.seibulions.jp/)」にて、音楽グループ「ケツメイシ」とタイアップしたスペシャルムービーを公開いたしました。グランドオープンを記念して特別に書き下ろしたケツメイシの新曲「イェイ イェイ イェイ」に乗せて、生まれ変わったメットライフドームエリアの数々の施設をご紹介しています。
 詳細は以下のとおりです。
(※新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、一部当面の間営業を見合わせる施設がございます。)

【株式会社西武ライオンズ 取締役オーナー 後藤 高志コメント】
 事故や遅延なく、予定通り「メットライフドームエリアの改修計画」の完了を迎えることができたことを、大変うれしく思っております。
 メットライフドームエリアの改修計画には、「ボールパーク化」「チームの育成/強化」という2つの目的がありました。さまざまなエンターテインメント性の高いものを用意させていただいたことで、年齢、性別を問わずあらゆる世代の方に埼玉西武ライオンズの試合、そしてコンサートなどのイベントを心からエンジョイしていただけると思います。「チームの育成/強化」については、既に完成しておりますライオンズ トレーニングセンター、若獅子寮、さらにはCAR3219フィールドを整備したことで、若手のプレーヤーの育成、強化に存分に活かされることを期待しております。
 コロナ下の中で、行動変容、価値変容、などを言われる時代ですが、プロ野球の開幕により、多くのファンの皆さま、国民の方に希望、元気、勇気、笑いをお届けして、日本を元気づける大きな力になっていきたいと考えております。西武グループの理念である「地域・社会の発展、環境の保全に貢献する」、「安全・安心、そして快適なサービスをご提供する」という理念に基づいて、このメットライフドームエリアをしっかりと運営していきたいと思います。

【埼玉西武ライオンズ監督 辻󠄀 発彦コメント】
 グランドオープンを迎える年に、監督として指揮をとれることを大変うれしく思っております。この改修工事を経て、本当に新しい座席も増えた中で、先ほど「アメリカン・エキスプレス プレミアム™ ラウンジ」に足を運び拝見しましたが、ゆったりとした環境で野球を楽しめる素晴らしい場所だと思います。選手たちと同じ目線で野球を楽しめる、近くで選手と触れ合える、そんな素晴らしい場所を、メットライフドームの大きな目玉のひとつとして皆さまに楽しんでいただきたいです。
 そして、メットライフドームの新たな歴史の幕開けとなるこの2021シーズン、日本一という大きな目標に向かって戦ってまいります。

【メットライフドームエリアの改修計画について】
 株式会社西武ライオンズは、「ボールパーク化」と「チームと育成の強化」の2つを軸に、チームの本拠地であるメットライフドームの改修工事を進めてまいりました。自然豊かな周辺環境と半ドームという特性を活かすことで、開放感に満ち溢れ、四季折々の風情が楽しめるボールパークを目指し、屋根の外側の広がりを有効に活用して大型フードエリアやこども広場などを整備しました。
 また、ライオンズ トレーニングセンター(室内練習場)、若獅子寮、CAR3219フィールド(西武第二球場)など選手の育成環境面についても施設を刷新し、選手たちにとって野球に集中できる環境が整いました。
 メットライフドームに訪れたファンの皆さまが野球観戦以外にもお楽しみいただける「ボールパーク化」に加え、選手の練習・育成環境の刷新を行ったことにより、「ファンにとっても選手にとってもより満足できる施設」へと変貌いたしました。

総投資額:約180億円  工事期間:2017年12月~2021年3月
(※改修内容の詳細や写真素材は、最下部のメディア限定公開欄に記載のURLをご参照ください。)

【スペシャルムービーについて】
 「ENJOY!ALL! メットライフドームエリア グランドオープン特設サイト」にて、音楽グループ「ケツメイシ」とタイアップしたスペシャルムービー「ENJOY!ALL! メットライフドームエリア グランドオープンムービー」を本日公開しました。2018年にケツメイシがメットライフドームにて初めてとなるドームでのコンサートを開催したことなどから、今回のコラボレーションが実現しました。スペシャルムービーでは、メットライフドームエリアのグランドオープンを記念して特別に書き下ろしたケツメイシの新曲「イェイ イェイ イェイ」に乗せて、改修した数々の施設をご紹介しています。

ケツメイシケツメイシ

動画URL:https://youtu.be/KAf92JgYZYQ
曲名:イェイ イェイ イェイ

<ケツメイシ プロフィール>
1996年頃に現メンバーRYO、RYOJI、大蔵、DJ KOHNOで結成。
1999年12月に初インディーズ曲「こっちおいで」を発売。
2005年2月に発表した「さくら」で初のシングルチャート1位を獲得。同曲を含むアルバム『ケツノポリス4』は国民的ヒットを記録し、ケツメイシの人気を不動のものにした。2021年の今年、デビュー20周年を迎え、ベストアルバムを3月に発売。人生の機微にふれる歌詞に定評があり、ラブソングをはじめ様々なジャンルで日常の喜怒哀楽を巧みに切り取る。

<ケツメイシ(大蔵さん) コメント>
 2021年の今年、新しい日常の中で私達は、またみんなで集まって全力で楽しむことができる日が訪れることを信じて、この新曲を作りました。
 過去にもライブや始球式等様々なイベントでご一緒させて頂いた埼玉西武ライオンズさんのホームである、メットライフドームエリアという場所が、野球も野球以外でも、みんなが集まって全力で楽しめるかけがえのない場所となりますように・・・。

【お客さまのお問合せ先】
埼玉西武ライオンズインフォメーションセンター TEL.(0570)01-1950(平日10時~18時)



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社西武ライオンズ >
  3. 「メットライフドームエリアの改修計画」の竣工式を本日実施~音楽グループ「ケツメイシ」とタイアップしたスペシャルムービーも本日から公開~