ルームウエアと兼用できるエプロンが好調です

着たままがラク!“イエナカのお供”に

京王百貨店(本社:東京都新宿区、社長:駒田一郎)新宿店6階エプロン売場では、エプロン・割烹着の売上が好調です。同売場は、従来の前掛けタイプのエプロン・割烹着から“近所への買い物”にそのまま着られるものまで、都内百貨店でも最大級の約200型のエプロンがそろいます。イエナカ時間の増加により、家で料理や掃除をする機会が増えたことに加え、気温が下がり始めた10月以降にはルームウエア代わりに防寒対策として着用する需要もあり、約10%増と伸長しています(集計期間:10月1日~11月15日)。
  • エプロンとしてもルームウエアとしてもOK! 「かぶりタイプ」のエプロンが増えています
後ろで紐を結ぶ従来型のエプロンに加えて、新定番になりつつある「かぶりタイプ」のエプロン。近所への買い物やゴミ出し等にそのまま出かけられ、部屋着としても兼用できることから人気が高まっています。「洋服で取り入れるのには勇気がいるけれど、エプロンなら」と、猫などの動物をあしらった柄や明るい色使いのデザインが選ばれています。

(写真左)アツコマタノ「フリースエプロン」6,050円 (写真中央)「ジャガードエプロン」6,600円 (写真右)ハウスウェアスタジオ「チェック柄エプロン」5,500円(写真左)アツコマタノ「フリースエプロン」6,050円 (写真中央)「ジャガードエプロン」6,600円 (写真右)ハウスウェアスタジオ「チェック柄エプロン」5,500円

  • “レトロ可愛い”割烹着が、若い世代にも人気です
“昔ながら”のイメージが強い割烹着ですが、「よだれや食べこぼしを気にせず赤ちゃんを抱っこできる」と、小さな子どもを持つママ世代にも支持されるアイテム。コロナ禍では、こまめに洗濯しやすい部屋着・作業着としても人気です。無地のほか、リバティ生地を使用したものや北欧風の柄など色鮮やかなデザインが豊富にそろいます。

(写真左)リッシー「リバティプリント割烹着」7,150円 (写真右)リッシー「前ボタン式割烹着」7,150円(写真左)リッシー「リバティプリント割烹着」7,150円 (写真右)リッシー「前ボタン式割烹着」7,150円

 

  • <番外編> “本格ルームウエア”にも注目

イエナカ時間の増加で、快適さを追求する傾向が高まっているルームウエア。軽くて柔らかな肌触りに保温性・通気性といった機能性を備えたウチノ「マシュマロガーゼ」シリーズなど、着心地にこだわったアイテムは1~2万円前後の単価ながら注目を集めています。

(写真右)ウチノ「マシュマロガーゼ ボタンあきワンピース」12,100円(写真右)ウチノ「マシュマロガーゼ ボタンあきワンピース」12,100円

 

※表示価格はすべて税込

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 京王百貨店 >
  3. ルームウエアと兼用できるエプロンが好調です