僕と私と株式会社、100万回再生連発の“恋したくなる”タップル公式TikTok「おさ活」をプロデュース!

開設約3ヶ月で総再生回数3,500万回突破!

Z世代向けの企画・マーケティングを行う『僕と私と株式会社』(本社:東京都渋谷区、CEO:今瀧 健登)は、株式会社タップル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:飯塚勇太)が運営するTikTokアカウント「幼馴染と共同生活中【おさ活】(https://www.tiktok.com/@osakatsu_tapple​)を企画・プロデュースいたしました。
  • 「恋愛総量を上げる」をテーマにブランド訴求

「恋をしなくなった」と言われるZ世代。BIGLOBEによる「Z世代の意識調査(https://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2022/02/220217-1)」によると、全国の18~25歳の5割以上は「恋愛は面倒くさい」と思っているのだとか。

そこで、僕と私とでは、マッチングアプリ・タップルからの依頼を受けて、「恋愛総量を上げる」をテーマに、見た人が思わず「恋がしたい!」と思うようなブランド訴求を提案。社員全員がZ世代である自社で制作チームを組み、企画・撮影に臨みました。
その結果、開始すぐに再生数100万回の動画を連発。開始3ヶ月で総再生回数は3,500万回を突破し、総フォロワー数は8.88万人に。

総務省が令和3年6月に発表した、「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書(https://www.soumu.go.jp/main_content/000765258.pdf)」によると、全年代でのTikTokの利用率は14.5%。一方で、10代の利用率は57.7%と、約6割の若者が利用しているSNSでもあります。

タップルは、20代の若者の2人に1人が利用経験のあるマッチングアプリ。そのターゲットであるZ世代に向けて、Z世代である僕と私とがコンテンツ制作を担えたことが大きな成功要因だと考えております。
  • Z世代に向けた“恋をしたくなる”ショートドラマを企画

誰もが一度は憧れる、気になる幼馴染との共同生活。「アイスひと口ちょうだいって言ってみた」「手を10年ぶりに繋いでみた」など、まるで少女漫画のような甘酸っぱいシチュエーションに恋愛指数は急上昇。

付き合うの? 付き合わないの? というかもう付き合ってるのでは!? そんなギリギリのボーダーラインにキュンとすること間違いなし。そんなふたりの共同生活をぜひ応援してください!
  • マッチングアプリ「タップル」について

「タップル」はグルメや映画、スポーツなどの共通の趣味をきっかけに恋の相手を探せる国内最大規模のマッチングアプリです。2014年5月のサービス開始から、会員数1,400万人突破、マッチング成立数は累計5億組を突破し、恋活中の20代の男女を中心に利用されています。プロフィールに掲載できる「趣味タグ」や1,000種以上の豊富な「デートプラン」、24時間以内にデートのお相手を探せる「おでかけ機能」など、やりたいことや行ってみたい場所をきっかけにたくさんの出会いを生み出せるような機能を提供しています。

恋活・婚活マッチングアプリ「タップル

■会社概要
株式会社タップル
代表者:代表取締役社長 飯塚勇太
所在地:東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
事業内容:スマートフォン向けアプリケーションの開発・運用
設立日:2013年12月
  • 僕と私と株式会社について

僕と私と株式会社は、Z世代を代表する企画・マーケティング会社です。食べられるお茶"咲茶”や、メンズネイル特化のサロン"KANGOL NAIL”、カルチャー・アミューズメント施設"Section L Pop-up”など、Z世代ならではの多くの企画を咲かせています。

メンバーの9割がZ世代であることを活かし、今を生きるリアルな若者の視点を取り入れたPR設計からブランドプロデュース、SNS運用までをワンストップで担当いたします。また、リモート制度やサウナ採用、地方へのワーケーションなどを取り入れた新しい働き方も実践中。「メンバー全員の社長化」を目指し、社内からも多くの企業が生まれています。

■ 会社概要
代表取締役:今瀧 健登
所在地:東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 3階
事業内容:Z世代に関する企画・マーケティング事業、ブランド事業
HP:https://boku-to-watashi-and.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 僕と私と >
  3. 僕と私と株式会社、100万回再生連発の“恋したくなる”タップル公式TikTok「おさ活」をプロデュース!