ラボラトリーロボットの市場規模は2030年に4億9400万ドルに達すると予想される

ASTUTE ANALYTICAが2022年1月27日に発表した最新レポートによると、2021年の生物実験ロボット分野の市場シェアは34.5%と最も高いと推定されています。

ラボラトリーロボットの世界市場は、2030年までに4億9400万米ドルに達し、予測期間中に6.9%のCAGRで成長すると予測されています。

 

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://www.astuteanalytica.com/request-sample/laboratory-robotics-market

ラボラトリーロボットの世界市場の収益成長は、製薬業界における研究開発投資の急増と、さまざまな産業分野でのプロセスオートメーションに対する需要の高まりに起因しています。ラボオートメーションは、チューブのラベル付けやサンプルの検証などの反復作業にラボ機器を使用することを容易にし、また手作業による身体的負担を低減・制限し、ラボのコストとスペースを節約することが可能になります

COVID-19の影響

研究所では、合理的なコストで品質と生産性を高めるために、ロボットやオートメーションが広く採用されています。製薬会社やバイオテクノロジー会社などのヘルスケア部門は、COVID-19の大流行時に、創薬やワクチン接種のための診断や研究活動を加速させるためにラボ用ロボットを要求しています。さらに、ウイルスの蔓延以来、政府は製薬会社やバイオテクノロジー企業に対し、専門家の間でCOVID-19の感染が広がるのを避けるため、人間の代わりにロボットを選ぶよう強制している。このように、現在進行中のパンデミックは、世界中でラボラトリーロボットの需要と供給をさらに増加させています。

市場細分化
ラボラトリーロボットの世界市場は、タイプ、製品、地域に基づいて区分されています。

タイプ別

  • ローコスト実験用ロボット
  • バイオロジカルラボラトリーロボット
  • 製薬用ラボラトリーロボティクス
  • 分子生物学研究所
  • その他
​アプリケーション別
  • 創薬
  • 臨床診断
  • 微生物学ソリューション
  • ゲノミクス・ソリューション
  • プロテオミクス・ソリューション
​エンドユーザー別
  • クリニカルラボラトリー
  • 研究機関
  • バイオテクノロジー・製薬会社
  • 病院・診断所
  • 研究・学術機関
  • 法医学研究所
  • 環境試験所
  • 食品・飲料業界
​2021年の市場シェアは、生物実験用ロボット分野が34.5%と最も高いと推定されます。市場成長の主な要因は、様々なアプリケーションでロボティクスが広く採用されていることである。製薬会社は、新規化学物質の合成や既存の化学物質の医薬品の価値をテストするために、生物学的または化学的サンプルを移動させるためにロボットを採用しています。

2021年の世界ラボラトリーロボット市場では、創薬部門が38.2%の主要シェアを占めています。医薬品の研究開発(R&D)への投資や支出の増加と、医療費削減のための医療従事者への圧力の高まりが、このセグメントの成長を促進すると予想されます。しかし、プロテオミクスソリューションセグメントは、予測期間中に最も速いCAGR 7.9%で成長すると予測される。

地域別分析
地域別では、北米、欧州、アジア太平洋地域、中東・アフリカ、南米に区分されます。

2021年の世界ラボラトリーロボット市場において、北米は売上高で38.7%の主要シェアを占めています。北米は、技術的進歩や市場リーダーによる投資の増加により、ラボラトリーロボット市場の支配的な地域となっています。

競合他社の分析 
ラボラトリーロボットの世界市場で事業を展開している主な企業は、Aurora Biomed Inc、Tecan Group、Thermo Fisher Scientific、Siemens AG、安川電機株式会社、PerkinElmer Inc、Chemspeed Technologies AG、Hamilton Companyなどです。

続きを読む:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/laboratory-robotics-market

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Astute Analytica >
  3. ラボラトリーロボットの市場規模は2030年に4億9400万ドルに達すると予想される