【COVID-19関連データ】人混みを回避!5連休前に移動者数増加

iPhone向けライフログアプリ「SilentLog(サイレントログ)」を提供する、レイ・フロンティア株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:田村建士 以下、レイ・フロンティア)は、COVID-19感染防止を目的ととした、人流データの分析を実施したことをご報告いたします。
※本プレスリリースはレイ・フロンティアが運営する「Rei Frontier Tech Blog」の転載となります。
Rei Frontier Tech Blog:
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/08/141637

弊社では 大型連休中の特定警戒都道府県における県またぎの移動先を定点で観測しておりました。今回は対象期間中の集計データをご紹介します。
なお、データは移動した結果を集計したもので、中には物流関係者など生活を支えてくださっている方の移動も含まれている可能性があります。

 【エリア】
~特定警戒都道府県下記13エリア~
北海道、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡
【日付】
2020年4月27日(月) ~ 2020年5月5日(火)
【調査元】
弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

 ■各都道府県の県またぎの移動先上位5、移動者数推移
(2020年4月27日~2020年5月5日)
※こちらのデータは4月27日(データに用いた最も古い日付)の人数を特定の数値で割った値を基準とした相対値です。プライバシーを配慮し匿名処理とさせて頂きます。

 ~コメント~
最も移動が多かった区間は神奈川県から東京都。
また、全国的に4月30日に移動者数が増加傾向でした。通常であれば祝日が続く5月2日以降に移動が増加しそうですが、新型コロナ対策として平日に移動し人混みを避けたのかもしれません。
※調査対象期間中、4月27日(月)、4月28日(火)、4月30日(木)、5月1日(金)は平日

【北海道】
移動先上位5位
1:大阪府
2:愛知県
3:東京都
4:岩手県
5:茨城県、京都府
大阪府の堺市南区、愛知県の名古屋市熱田区への移動が目立ちました。

 

 

4月27日から30日にかけて徐々に増加、一旦減少しましたが5月5日に再び増加しました。

【茨城県】
移動先上位5位
1:千葉県
2:東京都
3:栃木県
4:埼玉県
5:福島県
千葉県の柏市への移動が目立ちました。

 

4月30日に最も上昇し後半にかけて減少しました。

【埼玉県】
移動先上位5位
1:東京都
2:千葉県
3:群馬県
4:神奈川県
5:茨城県
東京都の千代田区、新宿区への移動が目立ちました。

 

4月30日に最も上昇し、後半にかけて減少しました。

【千葉県】
移動先上位5位
1:東京都
2:埼玉県
3:茨城県
4:神奈川県
5:栃木県
東京都の千代田区への移動が目立ちました。

4月30日に最も上昇し、後半にかけて減少しました。

【東京都】
移動先上位5位
1:神奈川県
2:埼玉県
3:千葉県
4:茨城県
5:静岡県
神奈川県の川崎市川崎区への移動が目立ちました。

ほぼ横ばいで4月30日~5月3日はやや増加傾向でした。

【神奈川県】
移動先上位5位
1:東京都
2:千葉県
3:埼玉県
4:静岡県
5:栃木県
東京都の大田区、新宿区、千代田区への移動が目立ちました。

4月30日に増加しましたが5月5日にかけて減少しました。

【石川県】
移動先上位5位
1:富山県
2:神奈川県
3:京都府
4:福井県
5:大阪府
富山県の富山市への移動が目立ちました。

4月30日~5月2日にかけて大幅に減少しましたが一旦増加、5日5日再び減少しました。

【岐阜県】
移動先上位5位
1:愛知県
2:滋賀県
3:静岡県
4:鹿児島県
5:京都府
岐阜県では愛知県の江南市への移動が目立ちました。

4月30日から5月3日にかけて大幅減少、5月4日から徐々に増加傾向でした。

【愛知県】
移動先上位5位
1:岐阜県
2:静岡県
3:三重県
4:大阪府
5:東京都
愛知県では岐阜県の羽島市、各務原市への移動が目立ちました。

4月30日、5月4日~5月5日に増加傾向でした。

【京都府】
移動先上位5位
1:大阪府
2:滋賀県
3:奈良県
4:兵庫県
5:福井県
滋賀県の大津市、奈良県の奈良市への移動が目立ちました。

4月27日~5月2日に増加傾向でした。

【大阪府】
移動先上位5位
1:兵庫県
2:京都府
3:奈良県
4:東京都
5:愛知県
兵庫県の尼崎市への移動が目立ちました。

前半に移動者数が多く4月30日以降徐々に減少していました。

【兵庫県】
移動先上位5位
1:大阪府
2:京都府
3:愛知県
4:奈良県
5:東京都
大阪府の大阪市中央区、大阪市北区への移動が目立ちました。

前半に移動者数が多く、4月30日から大幅に減少しました。

【福岡県】
移動先上位5位
1:佐賀県
2:大分県
3:熊本県
4:山口県
5:東京都
佐賀県の佐賀市への移動が目立ちました。

4月30日、5日2日に増加傾向でした。

■関東エリアの外出先滞在時間分布図
(2020年4月27日~2020年5月5日)
※外出先滞在時間は「自宅以外の場所に5分以上滞在」した場合にカウントしています。
※色が濃い程、滞在時間が長時間です

拡大図

東京都で外出先滞在時間が長い傾向だったのは神奈川県から東京都千代田区への移動。外出先滞在時間が短い傾向だったのは千葉県から東京都西多摩郡日の出町への移動でした。

【特定警戒都道府県の移動定点観測-過去のデータ一覧】

■2020年4月28日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/04/30/124312
■2020年4月29日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/01/150125
■2020年4月30日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/02/152300
■2020年5月1日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/03/145907
■2020年5月2日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/04/175056
■2020年5月3日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/05/144930
■2020年5月4日データ
https://tech-blog.rei-frontier.jp/entry/2020/05/06/171008

新型コロナにおいてまだ油断できない状況です。多くの医療従事者、関係者の方が奮闘してくださっています。私達に出来る事、StayHomeで感染防止を図っていきましょう。宜しくお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「Rei Frontier Tech Blog」では定期的に独自の人流分析データを公開しております。
https://tech-blog.rei-frontier.jp/

■SilentLog(サイレントログ)公式サイト
https://silentlog.com

■企業概要
◆レイ・フロンティア式会社
・本社:東京都台東区台東2-26-8 KSビル301
・代表取締役:田村 建士
・事業内容:
人工知能による位置情報分析プラットフォーム「SilentLog Analytics」の開発・運営
1)弊社が保有するデータの統計結果、AI分析推測結果の提供
2)行動データの収集手段(SDK)と、分析基盤一式および定期レポートの提供
3)位置情報分析技術による、既存のGPSデータの可視化と行動分析支援の提供
4)弊社アプリ(SilentLog等)を活用した行動分析、および実証実験支援の提供
5)行動データを活用した新規サービス、事業開発

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
レイ・フロンティア株式会社 広報担当
E-mail:info@rei-frontier.jp
Web:https://www.rei-frontier.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レイ・フロンティア株式会社 >
  3. 【COVID-19関連データ】人混みを回避!5連休前に移動者数増加